千代田区秋葉原の矯正歯科・末広町矯正歯科のコラム

平日 11:00〜19:00(土日は18:00まで)
月・木・祝休

03-5834-3690 初診予約はこちら LINE無料相談はこちら
マウスピース矯正

インビザライン矯正をした芸能人って?メリットや症例も紹介!

3回目 インビザライン 芸能人 マウスピース矯正

矯正治療にはある程度の期間が必要です。そのため「歯並びをきれいにしたい」と思っても、矯正器具が気になってなかなか一歩を踏み出せないという人は多いようです。

ブラケット矯正(ワイヤー矯正)でも現在では白や透明など目立たないブラケットやワイヤーを使って矯正治療ができますが、やはりどうしても抵抗感のある人もいます。

そんな人にも選ばれているのが、アメリカ生まれの「インビザライン」です。透明のマウスピースを使って矯正治療を行うインビザラインは目立たず、取り外しもできるため、テレビや雑誌などメディアで活躍している芸能人・有名人にも選ばれています。

この記事では、インビザラインを受けた・インビザラインをしているといわれる芸能人や、インビザラインの実際の症例をご紹介します。

インビザラインに興味がある方、インビザラインを受けてみたいけど迷っているという方はぜひ記事を参考にしてみてください。

インビザラインを受けた芸能人

ここからは、インビザライン矯正治療を受けたといわれている芸能人をご紹介します。

中野美奈子さん

フリーアナウンサーの中野美奈子さんは過去に自身のブログで、シンガポールにてインビザライン矯正を始めたことを投稿しています。(『Singapore でインビザライン初体験|MINAKO NAKANO – OFFICIAL BLOG –』)

中野美奈子さんはもともと大学生のときにブラケット矯正を行ったものの、リテーナーをしっかり装着し続けなかったことで下の歯が戻ってきてしまったそう。そこで、インビザラインを行うことにしたといいます。

中野美奈子さんのブログ投稿には、ご自身が体験して感じたインビザラインのメリット・デメリットも書かれており、「インビザラインを受けようかな?」と考えている人には参考になる内容です。

道端ジェシカさん

有名なモデルとして知られる道端ジェシカさんも、インビザラインで矯正治療を受けたといわれています。

道端ジェシカさんは著書の『JESSICA’S SECRET』でもマウスピース矯正やホワイトニングについて紹介しており、インビザラインが多くの人に知られるきっかけになったともいわれています。

マウスピースを使用して矯正するインビザラインでは、矯正治療中にホワイトニングも併用可能なので、歯を白くしたいという方は同時に治療を受けるのもおすすめです。

堀田茜さん

元CanCamの専属モデルとして知られる堀田茜さんもインビザラインで歯並びを整えたことをInstagramで報告しています。

堀田茜さんは「とても楽だし快適で、歯が動くのが早い」と感想を述べており、周囲にもインビザラインで矯正をしている子が多いと話しています。

飯田香織さん

元モーニング娘。の飯田香織さんは、40代に向けてインビザライン矯正を始めたことをブログで報告しています。(『40代に向けて始めたこと♪♪歯列矯正☆ | 飯田圭織オフィシャルブログ「飯田圭織のいいかおり~」Powered by Ameba』)

「仕事のときは取り外しができるため影響が出ない。ノンストレスで進められるので私には合っている」など、インビザライン矯正の感想を投稿しています。

小林星蘭さん

この投稿をInstagramで見る

小林星蘭(@k_seiran_ta)がシェアした投稿

子役時代から活躍する女優の小林星蘭さんは、自身のInstagramやブログ(『矯正との出会い、2本の歯との別れ | 小林星蘭オフィシャルブログ「星もつもれば蘭となる」Powered by Ameba』)でインビザラインによるマウスピース矯正を行ったことを報告しています。

以前もマウスピース矯正を行ったことがあるものの、そのときは事情があって治療を中断してしまったそうです。

新たにインビザライン治療を行うにあたってレントゲンを撮ったところ、奥歯に引っかかり生えていなかった歯が判明。

そのため、歯を2本抜歯してから矯正治療を始めたそうです。

藤井風

シンガーソングライターの藤井風さんは「第72回 NHK 紅白歌合戦(2021年12月31日放送)」のサプライズ演出で話題になりましたが、後日配信の『HAPPY NEW YEAR 2022 – ねそべり紅白』の中で、インビザラインのマウスピース矯正装置を付けたまま出演したことを明かしています。

もともと藤井風さんは、歌うときには取り外しができるようにインビザラインを選んだとのこと。しかし、紅白歌合戦の本番ということで緊張し過ぎた結果、マウスピースを外すのを忘れてしまったそうです。

賀来賢人さん

俳優の賀来賢人さんは、インビザラインで歯の矯正治療を行ったことをラジオで明かしています。

会長:ただね、僕も、歯の矯正ってワイヤーみたいなやつだと思ってたんですけど、僕がやったのは透明なやつなの。インビザラインってわかります?マウスピースみたいな。
で、僕実はね、昨日で矯正が終了したんですよ。

おこめさん:あ!おめでとうございます。

会長:ありがとうございます。それでね、半年くらい!
半年、毎日マウスピースをつけて、ちょっとずつ病院で歯の隙間を開けて調整して…ってやってたんで、「こんな感じで良くなのかな?」って思ってたんですけど、気づいたらキレイになってるんですよ。すごいですよ、今の矯正技術っていうのは。

おこめさん:そうなんですね。それは、外出る時は付けずに、お家にいるときに付けるっていう感じなんですか?

会長:それがね、透明だからさ、全く気付かれないの。「ホントにそれ付けてるんですか?」って言われるくらい。いいですよ。

出典:2021年3月24日(水)の賀来賢人 SUZUKI “KENTO’S CLUB”

インビザラインはマウスピースを装着しているだけなので、ブラケット矯正に比べると「歯の矯正をしている」という感覚が感じにくいかもしれませんが、歯はしっかり動いています。

それでいて透明のマウスピースは目立ちにくいので、矯正中の見た目が気になる方にもおすすめです。

アンガールズ 田中卓志さん

お笑いコンビアンガールズの田中卓志さんも、インビザラインで歯の矯正を行ったことをゲスト出演したラジオで明かしています。

田中:出っ歯だったんだけど、まだまだずっと出ていて。『50歳になってもこのままいって、最終的に歯が地面と水平になる』って言われたの。

出典:『三四郎、アンガールズ田中が歯列矯正した理由に驚愕「最終的に歯が地面と水平になる」 – ニッポン放送 NEWS ONLINE

インビザライン矯正を始めた当時、田中卓志さんは43歳。もともと歯が前に突出していたものの、年々歯が少しずつ前に出てしまっていたそうです。今後さらに悪化すると考えられたため、インビザラインによる矯正治療を決めたといいます。

EXIT 兼近大樹さん&りんたろー。さん

お笑いコンビEXITの兼近大樹さんとりんたろー。さんは、同じ歯科医院でインビザラインの治療を受けたそうです。兼近大樹さんの場合、約1年間かけて矯正治療を行ったとのこと。

YouTubeの動画『【日本最先端⁉︎】ダイレクトベニア治療でかねちーの歯並び劇的ビフォーアフターブッかま‼︎』では兼近大樹さんが受けたインビザライン治療やダイレクトベニア治療について紹介されています。

トム・クルーズさん、ジャスティン・ビーバーさん

俳優のトム・クルーズさんや世界的なアーティストのジャスティン・ビーバーさんも、インビザラインなどの治療によって歯並びを矯正したといわれています。

俳優やアーティスト、モデルといった職業の場合、映画やドラマ、MVや写真の撮影時には口元が気になるもの。また、映画の役柄や内容、シーンによってはどうしても矯正器具を外す必要が出てきますが、インビザラインなら必要なときに取り外しができるため、治療を続けやすかったのではないでしょうか。

その他のハリウッドスターや著名人、芸能人にもインビザラインユーザーは多いようです。

インビザラインで矯正治療をするメリット

ここからは、インビザラインによる矯正治療のメリットをご紹介します。

透明のマウスピースで目立たず矯正治療ができる

インビザラインで使用する「アライナー」と呼ばれるマウスピース型矯正装置は透明のため、装着していても目立たないことが特徴です。

そのため矯正治療中も人に気づかれにくく、「ブラケット矯正はワイヤーやブラケットが気になる……」という方にもおすすめです。

芸能人の場合、バラエティ番組やトーク番組などにインビザラインを装着したまま出演している人もいるようです。

自分で取り外しが可能

ブラケット矯正で使用するワイヤーやブラケットといった矯正装置は患者さん自身での取り外しはできませんが、インビザラインで使用するマウスピースは、自分で取り外しが可能です。

食事のときはもちろん、大切な写真を撮影するときなどにもマウスピースを外すことができます。

ただし、インビザラインはマウスピースの装着時間を守らないと予定通りに歯が動かなくなってしまうため、装着時間は必ず守ることが大切です。

矯正装置を気にせずに食事を楽しめる

インビザライン矯正の場合、矯正装置を気にせずに食事を楽しめることもメリットです。

ワイヤーやブラケットを使用するブラケット矯正の場合、矯正装置と歯の間に食べ物が詰まったり挟まったりすることがよくあり、食事内容によっては不快感を感じることも。

ほうれん草やえのき、白菜など繊維質の食べ物はワイヤーに引っかかりやすく、スナック菓子は歯に詰まって取れにくいことがあります。

食べかすが口の中に残ると見た目が気になるだけでなく、虫歯や歯周病の原因になります。

インビザラインの場合、食事の際は必ずマウスピースを取り外すため、矯正治療中でも食事を楽しみやすいでしょう。

歯磨きがしやすい

インビザライン矯正の場合、歯磨きがしやすいこともメリットです。マウスピースが取り外し可能であるため、普段と変わらずに毎日の歯のお手入れが可能です。

ブラケット矯正の場合、矯正装置を付けたままとなるため、歯磨きの難易度が上がります。磨き残しが多くなれば、虫歯や歯周病の原因となることも。

歯磨きがしやすいインビザラインであれば、お口の中を清潔な状態に保ちやすいでしょう。

一定期間で交換するため清潔な状態で使い続けられる

インビザラインでは、何枚かのマウスピースを交換しながら矯正治療を行っていきます。

治療期間や使用するマウスピースの枚数は人によっても異なりますが、1週間〜2週間ほどで新しいマウスピースに交換するため、常に清潔な状態で使い続けられることもメリットです。

マウスピースはお手入れも簡単で、歯磨きのタイミングで何も付けない歯ブラシで磨くだけでOK。よりしっかり虫歯や歯周病予防、口臭ケアがしたい人は専用の洗浄剤につけるのもおすすめです。

通院回数が少ないため忙しい人でも安心

インビザライン矯正は、通院回数が少ないこともメリットです。

インビザラインでは、あらかじめ計画した治療計画に基づいて計画的・段階的に歯を移動させていきますが、マウスピースの交換は患者さんご自身で行っていただきます。

歯科クリニックでの定期的なチェックは1〜2ヶ月に1度くらいでよく、通院回数が少ないため忙しい方も負担なく通い続けられるでしょう。

ブラケット矯正に比べて痛みや違和感が抑えられる

インビザラインでは細かく歯を動かしていくため、ブラケット矯正に比べて痛みを抑えられることもメリットです。

また、インビザラインで使用する矯正装置は薄くなめらかであるため、口の中に当たりにくくなっています。

そのため、ブラケット矯正で起こりがちな「矯正装置や舌や頬に当たって口内炎ができて痛い」というトラブルも少ない傾向にあります。

治療開始前に治療計画を確認できる

インビザラインでは、最初に「iTero(アイテロ)」と呼ばれる口腔内スキャナーによって口腔内を撮影し、このデータをもとにした「クリンチェック」と呼ばれるプログラムでどのように歯を動かしていくかのシミュレーションを行います。

このシミュレーションでは治療開始〜治療完了までの歯の動きを3Dで確認できるため、患者さんは目指すゴールを目で見て確認した上で、治療を始められます。

  • 治療費用
  • 治療期間
  • 治療開始〜治療完了までの歯の動き
  • 必要なマウスピース枚数

上記のような情報をシミュレーションで確認してから治療に入れるため、「安心して矯正できる」「矯正治療中のモチベーションを保ちやすい」などもメリットです。

金属アレルギーの心配がない

インビザライン矯正で使用するマウスピースは、プラスチック製のため金属アレルギーを引き起こす心配がありません。

金属アレルギーの方や、金属アレルギーにならないか心配という方も安心して治療ができます。

マウスピース矯正装置の中でも実績が豊富

マウスピース矯正装置は数多くありますが、インビザライン矯正はその中でも技術的に優れ、非常に多くの症例があります。

インビザラインは1999年、アメリカのアライン・テクノロジー社が提供をはじめました。それから多くの人がインビザラインによる矯正治療を受け、2021年時点で世界100カ国以上で1000万人以上の症例数があります。

インビザライン矯正の下の前歯の治療症例(36歳女性)

4回目 インビザライン 芸能人

ここからは、当院でインビザライン矯正を受けたASUMI様(@asumi_naa)の症例をご紹介いたします。

歯の矯正自体は3回目というASUMI様は下の歯が少し重なっているのが気になるということで、下の前歯のみの部分矯正をインビザラインで行いました。

治療目的

まずは、治療目的について伺いました。

Q:今回、インビザラインでの矯正治療を受けようと思ったきっかけを教えていただけますか?

歯の矯正自体は3回目で小学生の頃からやっているのですが、今回は若干重なっている歯など気になっていた下の歯のみの治療をすることにしました。

治療開始前後の感想

矯正治療では、カウンセリングが大切です。疑問や悩みがあれば、初診相談やカウンセリングの際になんでも尋ねてみましょう。

Q:相談時、初診時の様子や感想について教えてください。

こちらのクリニックは東京メトロ末広町駅出口をで目の前の立地にありアクセスがとても良かったです。院内は内装がおしゃれで清潔感もありとても綺麗でした。

先生とカウンセリングのもと、約3〜6ヶ月の治療をマウスピースを使ってしていくことにしました。

カウンセリングでは歯並びの悩みをしっかり聞いてくれて自分に合う的確な治療を提案してくれるので知識がなくてもわかりやすかったです。

初回に歯のスキャニングをしたりして最終的にどうなっていくかを1枚1枚写真で確認して最終目標地点をきめました。

そのあとは歯のクリーニングなどをし、治療に入る準備をしたらマウスピースが出来上がるのを待ちました。

2回目 インビザライン 芸能人

治療についてのご説明中の様子。当院は患者さまのプライバシーを重視し、感染対策を徹底した個室空間で診察や治療を行っています。

Q:マウスピースを受け取ってからはいかがでしたか?

2回目の来院で出来上がったマウスピースを受け取りいよいよ治療開始。治療開始までのスピードが早いのがとても良かったです。

1週間ごとにマウスピースを変えていく治療で、1〜2ヶ月に1回来院して治療経過をみてもらったりする感じで来院ペースも多くなく、仕事が忙しい方でもしやすい治療だなと思いました。

やはり来院が多いと面倒になりがちなので最初は不安でしたが意外とスムーズに進む治療でした。

受けた治療について

今回は、インビザライン矯正で下の前歯のみ治療しました。

Q:今回の治療内容について教えてください。

インビザライン矯正で、下の前歯のみ、非抜歯での矯正治療を行いました。

Q:治療期間はどれくらいかかりましたか?

11月2日から治療を始めて、7月12日に終わりました。

Q:治療費以外のセルフケアではどのくらいの費用がかかりましたか?

治療以外にかかる費用は、マウスピースの洗浄剤を購入するくらいでほとんどかからなかったです。

毎週新しいマウスピースへ変えていくので洗浄の手間や負担もそれほどありませんでした。自宅での手間も軽減されてとてもよいと思いました。

治療中の感想

ここからは、治療中の感想をご紹介します。

Q:インビザラインでの矯正治療はいかがでしたか?

マウスピースは1日最大でも4時間くらいまでしか外さない方がよいのでなるべく日中も寝る時もマウスピースをつける生活になりました。

Q:インビザライン矯正の痛みはどうでしたか?

最初は少し滑舌が悪くなり喋りづらかったり、多少の歯が動くので痛みがあったりしましたがご飯が食べれないほどではなく、すぐにおさまりました。

徐々に慣れていきマウスピースを1週間おきに変えて行っても痛みも気にならなくなっていきました。

喋ったりするのにも支障はなく、マウスピースをつけていることも自分から言わなければバレないほど目立たなかったです。

治療後の感想

予定通りに治療が進めば、インビザラインでの治療は完了です。

Q:インビザライン矯正治療を終えていかがでしたか?

1週間ごとにマウスピースを変えていって途中で来院したりしながら経過をみましたが、治療経過はなにも問題がなく順調にいったので私は13枚のマウスピース(13週)で終えました。

最初のカウンセリングの際にで説明していただきましたが、インビザラインの治療期間は自分の目指す過程や最初の状態によりもっと短かったり長かったりもあるようです。

私は長かったような短かったようなあっという間にここまでこれたかなと思います。

13枚目まで終えるとせっかく動いた歯が動かないようにリテーナーという最終のマウスピースをつけて過ごします。

正直、こんな痛みもない簡単な治療で綺麗に歯が動いてくれるとは思いませんでした。気になっていた重なりもほぼなくなり綺麗な歯並びになってよかったです。

やはり歯並びって見た目的にもすごく大事だし歯並びが悪いと虫歯とかにもなりやすかったりもあるのでこの治療をやって本当に良かったなと思いました。

Q:同じ悩みを持った人へのアドバイスなどがあればお願いします。

なによりも大事なのって長い治療の中で生活への負担やストレスとか時間や通院の負担だと思うのですが、この治療はほとんどストレスも感じず、通院回数が少なく、そして仕事への支障もまったくなかったことがよかったです。

治療後の仕上がりへの満足感も高く、自分が納得するところまで治療を続けられることも良い点です。

もし歯並びに悩みを持ってるけどなかなか治療に踏み込めないという方がいたら一度カウンセリングしてみるのも良いと思うのでオススメします。

治療の経過

ここからは、ASUMI様のインビザライン矯正治療の経過をご紹介します。

当院のインビザライン矯正では、下顎の前歯のみの治療を行いました。

【初診時】

初回 インビザライン 芸能人

初診時の状態のお口の写真です。

正面から見たときは目立たないものの、前歯が重なって生えています。

見た目には問題ない場合でも、重なった歯並びがあると歯ブラシで磨きにくいため、虫歯のリスクを高めてしまいます。矯正によって歯並びを改善すると、清掃性がよくなることもメリットです。

【2回目の治療時】

2回目 インビザライン 芸能人

インビザラインでは、検査時にお口の中の歯型をとります。(初診と検査は同日でも可能です。)

その後、マウスピースを一人ひとりオーダーメイド(カスタムメイド)作製。2回目の治療時にマウスピースをお渡ししますので、そこから装着スタートです。

2回目 インビザライン 芸能人

ASUMI様は下顎の前歯のみの部分矯正でしたので、下顎のみにマウスピースを装着しています。

ポコっと少し膨らんで見える部分には、アタッチメント(歯を適切に移動させる圧力をかけるための突起物。コンポジットレジン製で歯に近い色をしているため目立ちません)がついています。

2回目 インビザライン 芸能人

アタッチメントを装着する部位もシミュレーションで確認可能です。

2回目 インビザライン 芸能人

個人差もありますが、下の歯は笑ったときもあまり見えないため、矯正時も目立たない傾向にあります。

【3回目の治療時】

3回目 インビザライン 芸能人

インビザライン 芸能人

新しいマウスピースに交換して、治療を継続していきます。

【4回目の治療時】

4回目 インビザライン 芸能人

4回目 インビザライン 芸能人

上はマウスピース装着する前、下はマウスピース装着後の写真です。インビザラインのマウスピースは透明のため、装着していても目立ちにくいことが特徴です。

4回目 インビザライン 芸能人

インビザラインのマウスピースは薄いため、お口を閉じていても違和感がありません。

【5回目の治療時】

5回目 インビザライン 芸能人

5回目 インビザライン 芸能人

新しいマウスピースに交換して治療を続けます。ASUMI様の場合、5回目でインビザライン矯正治療は完了です。この後は、リテーナー(保定装置)を使った保定期間に入ります。

治療のビフォーアフター

インビザライン矯正治療を始める前の歯並びと、治療完了後の歯並びのビフォーアフター画像をご紹介します。

左は治療前、右は治療後の状態です。下の前歯の重なりが改善され、歯列のアーチも整いました。

ビフォーアフター インビザライン 芸能人

治療方法 インビザライン矯正では、マウスピースを装着することで徐々に歯を動かしていきます。
治療期間 約8ヶ月
リスク・副作用 インビザライン矯正では、アライナー(マウスピース矯正装置)を正しく装着することが重要です。装着方法が適切な方法ではなかった場合や装着時間が不十分な場合、事前計画通りに歯が動かないことがあります。
費用
(※自由診療となります)
総額363,000円(内訳:インビザライン矯正治療費用330,000円、検査・診断費用33,000円、初診相談費用0円)

※インビザラインは薬機法の承認を得ていません。マウスピース矯正のための装置は日本国内でもさまざまな種類があり、日本で承認を得ている医療機器・矯正装置も存在します。

※インビザラインはアメリカ・アラインテクノロジー社の製品の商標です。当院では、インビザライン・ジャパン社を通じてアラインテクノロジー社のシステムを利用しています。

※アメリカ・アラインテクノロジー社のインビザラインは、世界100カ国以上で1000万人超える(2021年現在)症例数があり、重大な副作用は報告されていません。

インビザラインとは

インビザラインは、歯科先進国であるアメリカ・アラインテクノロジー社が開発した「マウスピース型カスタムメイド矯正装置」です。世界100カ国以上で1000万人超える(2021年現在)患者さまに使用されており、確かな実績があります。

豊富な症例をもとにマイナーチェンジを積み重ね、現在ではより広い幅広い症例にも対応できるようになってきました。

インビザラインの治療期間は、部分矯正の場合で約6ヶ月、全体矯正は約2年〜2年半が目安です。ただし、個人差もあるため歯科クリニックでの精密検査が必要です。

また、インビザラインは1日22時間以上の装着時間を守ることが大切です。正しく装着しないと計画通りに歯が動かないリスクがあります。

【関連記事】

インビザラインの費用

インビザラインは健康保険の適用されない自由診療です。施術費用はクリニックによって異なります。

以下で、当院の成人矯正のインビザライン矯正の費用をご紹介します。(※現在の費用とは異なる場合があります。現在のインビザライン矯正の費用は料金表でご確認ください。)

成人矯正 費用
全体・マウスピース矯正(インビザライン)上下顎 880,000円
全体・マウスピース矯正(インビザライン)片顎 550,000円
部分・マウスピース矯正(インビザライン)上下顎 550,000円
部分・マウスピース矯正(インビザライン)片顎 330,000円

インビザライン矯正なら末広町矯正歯科にご相談ください!

歯科矯正というと、銀色のワイヤーやブラケットを使った「ブラケット矯正(ワイヤー矯正)」をイメージする方も多いかもしれませんが、現在では多くの方が透明のマウスピースを使った矯正治療を受けています。

「歯並びを整えたいけど矯正器具の見た目が気になる」「矯正器具をつけていると歯磨きが大変そう」という方にも、インビザラインはおすすめです。

ただし、インビザラインは全ての症例に対応しているわけではありません。場合によってはブラケット矯正の方が向いているケースもあります。当院では、目立たない白や透明のワイヤーやブラケットを使ったブラケット矯正も可能です。

歯並びを治療すると、歯並びが整うだけでなくお口元の印象がよくなる、横顔がきれいになる、笑顔に自信が持てるようになるなど、たくさんのメリットがあります。

初診相談は無料となっておりますので、ぜひまずはお気軽にお電話(03−5834−3690)、ネット予約、LINEなどからお問い合わせ・ご相談ください。

初診相談無料!
まずはお気軽にご連絡ください

平日 11:00〜19:00(土日は18:00まで)月・木・祝休 03-5834-3690
診療予約はこちら LINE無料相談はこちら