埋伏歯 矯正

埋伏歯は矯正できる?歯を歯列内に誘導する牽引が有効なケースや痛みについて解説

近年、歯並びを整える歯列矯正の治療を受ける方が増えています。

最近では、透明のマウスピースを装着するだけの「インビザライン」の登場により、患者さんの負担が軽減したことから、子どもから大人まで年齢を問わず歯列矯正の人気が高まっているのです。

しかし、永久歯が正常な位置に生えず、歯茎の中や骨に埋もれている「埋伏歯」がある状態では、通常の歯列矯正を行うことができないのをご存知ですか?

この場合は、まず埋伏している歯を牽引(けんいん)という処置で引っ張り出してあげる必要があります。

牽引を行えば、埋伏歯を正常に生やすことが可能なケースも多いです。ただし、外科的な処置や時間的な負担も大きいため、治療内容についてよく知った上で最適な方法を選択することをおすすめします。

そこでこの記事では、埋伏歯の詳細と埋伏歯を矯正する牽引についてご紹介します。永久歯がなかなか生えてこないとお悩みの方や、埋伏歯があると指摘された方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

埋伏歯とは

埋伏歯 矯正

埋伏歯とは歯の頭の部分、いわゆる歯冠(しかん)の一部もしくはすべてが、歯茎や顎の骨に埋まったまま萌出しない歯のことです。

歯が生えてこないまま放置してしまうと、その歯が本来生えるべき場所へ両隣の歯が倒れ込んで生えるスペースが足りなくなったり、咬み合わせにまで影響が出たりする恐れも。

では、埋伏歯とは具体的にどのような歯で、どんな治療法があるのでしょうか。ここではまず、埋伏歯の種類や原因、治療法についてご紹介します。

埋伏歯の種類となりやすい歯

埋伏歯は、埋伏している状態によって以下の3種類に分類されます。

  • 完全埋伏歯:歯が完全に歯茎の中に埋まって見えない状態
  • 不完全埋伏歯:歯の一部分が歯茎から萌出している状態
  • 水平埋伏歯:歯が真横に向いて埋まっている状態

埋伏歯は、1~数本埋伏していたり、同時に多数の歯が埋伏していたりと、種類もさまざまです。

埋伏歯の代表的なものといえば、「親知らず」です。多くの方が埋伏歯となる親知らずは、前方に倒れたような状態で歯茎の中に埋もれているケースも多く、歯並びにまで影響を与えてしまう可能性もあります。

また、意外なことに「犬歯」も埋伏歯になりやすい歯の一つです。犬歯が生えてくるスペースが足りないことから、歯列からはみ出していわゆる八重歯になる場合も多いですが、埋伏したまま生えてこない場合もあります。

埋伏歯を放置してしまうと、歯並びや咬み合わせに影響が出てしまうだけでなく、のう胞や周囲の歯茎が炎症を起こす可能性もあるため、早めに歯科医院へ相談することをおすすめします。

歯が生えてこない原因

埋伏歯は、さまざまな原因によって起こると考えられていますが、以下はその代表的なものです。

  • 歯が生えるスペースが足りない
  • 歯が生えてくる方向に問題がある
  • 歯と骨が癒着している
  • 顎が小さい
  • 虫歯などで乳歯を早期に失った
  • 乳歯が抜けずに残っている
  • 外傷

歯が生えるスペースの不足や顎の骨の大きさなど、局所的な要因によって埋伏歯が生じるケースも多いですが、中にはくる病や骨形成不全症候群、甲状腺機能低下症などの全身的な要因によって生じるケースもあります。

歯並びの悪さや歯の本数が足りないことに気づき歯科医院へ行ったり、歯科医院で指摘されたりして発見されることが多いです。

埋伏歯を発見した場合の治療法

埋伏歯の疑いがある場合、まずは視診や触診、レントゲン撮影などを行い、どの部分の歯がどんな方向に埋伏しているのかなどの確認が必要です。

その結果、埋伏歯が「過剰歯」という余分な歯で、他の歯に悪影響を与える可能性のない場合は治療を行わない選択肢もあります。

治療が必要な場合には抜歯を行ったり、埋まっている歯に矯正装置を装着し、歯茎から引っ張り出して綺麗に並べる「牽引」を行ったりします。

また、完全埋伏歯の場合は牽引の前に埋まっている歯を、歯茎を切開して見える状態にする「開窓」という外科的な処置を行うことも。

ただし、どのような治療法が適しているかは埋伏歯の埋まり方や他の歯との兼ね合い、歯根の状態によっても違いますので、必ず抜歯や牽引を行うわけではありません。

いずれにしても、歯科医院できちんと処置を行えば、歯を失うなどの最悪の事態は避けられるでしょう。

埋伏歯を矯正する牽引について

埋伏歯 矯正

歯は本来、自分の力で歯根を伸ばしながら歯茎の外へ生えてきます。しかし埋伏歯は、なんらかの原因によって歯が歯茎や顎の骨の中に埋まったままになってしまった状態です。

埋伏している歯の状態にもよりますが、埋伏歯が疑われる場合は早めに矯正歯科専門医院へ相談し、埋まっている歯がきちんと生えてこられるようにすることをおすすめします。

ここでは、埋伏歯を矯正する牽引についてご紹介します。

牽引も矯正歯科専門医院の診療範囲

矯正歯科専門医院というと、すでに生えている歯の並び方を整えるところというイメージが強いです。しかし実は、埋まっている歯を引っ張り出す牽引も矯正歯科専門医院の診療範囲であり、専門分野でもあります。

埋伏歯が非常に深い部分に埋まっていると、矯正歯科専門医院の治療だけでは歯の誘導が困難なケースもあり、口腔外科との連携が必要になることもありますが、埋伏歯の状態が良好であれば歯を移植して正常な位置に植えかえられる可能性もあります。

歯を歯列内に誘導する牽引が有効なケース

乳歯が抜けて時間が経つのに、永久歯が生えてこないと不安になるものです。

レントゲンで確認し歯根が完成していない場合は、もうしばらく待っていれば永久歯が生えてくるという予測ができます。しかし、歯根が完成してしまった場合には、ほとんど生える力が残っていません。

この場合は待っていても生えてこないため、埋まっている歯を歯茎から引っ張り出す牽引が有効です。

ただ、外傷や慢性的な炎症によって歯と骨がくっついてしまっている場合などは、歯が自然と生えないだけでなく、牽引で引っ張っても歯の根っこがうまく引っ張り出せない場合は抜歯をすることになるでしょう。

牽引の処置は痛い?

一般的な歯列矯正の治療でも、はじめのうちは痛みが生じるケースがほとんどです。それと同様に、牽引の処置でも最初は矯正装置による痛みや不快感が生じる可能性も高いでしょう。

痛みを感じるということは、歯がきちんと動いている証拠でもあります。

最近では、矯正装置の選択や治療法の工夫によって矯正治療の痛みをコントロールできるようになってきています。痛みは数日から1、2週間で慣れることが多く、そのうち気にならなくなるので心配する必要はありません。

牽引の一般的な治療手順

埋伏歯を牽引する治療は、一般的に以下のような手順で行われます。

  1. 施術部位に麻酔を施す
  2. 歯茎をメスで切開して歯冠が見えるようにする
  3. 露出した歯冠に牽引具を装着する
  4. 歯茎を縫合する
  5. 牽引具によって徐々に歯が歯茎よりも外側へ誘導される

牽引では、歯茎の中に埋まっている歯冠を露出させ、フックや矯正器具を装着。両隣の歯に取り付けたワイヤー矯正の位置まで埋伏歯を引っ張ります。

一般的な牽引の治療期間は半年から1年程度です。その間、定期的に器具の調整を行い、歯に大きな負荷がかからないようにします。牽引も歯列矯正の治療法の一つであるため、ある程度の治療期間と患者さんの協力が必要となることも覚えておきましょう。

まとめ

埋伏歯の詳細と埋伏歯を矯正する牽引についてご紹介しました。

埋伏歯は、自力で生えてこないと判断された場合、牽引という矯正治療によって引っ張り出すことができる可能性もあります。

歯列矯正を希望される患者さんは、歯並びのデコボコや出っ歯、受け口などの見た目を気にして来院する方がほとんどです。

埋伏歯は見た目ではわからないケースもあり、レントゲンを撮らないと見つからないこともあります。しかし、発見が遅くなってしまうと牽引して引っ張り出すことすら難しくなってしまうため、歯の本数が足りないと感じている場合や、永久歯がなかなか生えてこない場合は早めに歯科医院を受診するようにしましょう。

「末広町矯正歯科」では、患者様にとってどの治療が最適かを考え、一人ひとりに適した治療計画を立てております。

日本矯正歯科学会の認定医が多数在籍しておりますので、矯正歯科専門医院をはじめて受診される方でも安心して受診していただけるのではないでしょうか。

感染症予防の観点や患者様のプライバシーを守るために、個室での診療を行っておりますのでぜひお気軽に「末広町矯正歯科」までご相談ください。

  • HOME
  • お知らせ
  • 埋伏歯は矯正できる?歯を歯列内に誘導する牽引が有効なケースや痛みについて解説