矯正メニュー紹介

Menu

マウスピース型矯正装置

取り外せて、見た目・装着感も違和感なく
ワイヤーやブラケットを使わず、透明の薄いマウスピースによって歯並びを整えていく、取外し式の矯正装置です。
透明で目立たない上に、取り外せるため食事や歯みがきの際は装置による制限を受けることが無く、ブラケットを用いた治療と比べてその手軽さ・メリットが多くの支持を得ています。
しかし実際は誰にでも行えるわけではありません。適応症例を見誤らないよう事前の検査・診断をもとに提案させていただきます。

intro-img3
intro-merit

・透明で、目立ちにくい
・取り外し可能なため、食事や歯みがきで制限を受けること無く普段通り行える
・緊急対応が少ないため、予定外の通院を軽減できる可能性があります。

intro-demerit

・適応症例が限定される
・食事の時以外の装着が必要

マウスピース矯正の特長
&メリット

1

feature-img1
薄くて透明、目立たない矯正治療に使うマウスピースは透明度の高いプラスチック製。透明で薄いから「矯正治療中である」ということを周囲に気づかれにくいでしょう。見た目の美しさを損なうことなく歯並びを整えられるのは、マウスピース矯正ならではの特長です。

2

feature-img1
マウスピースは使い捨て。だからいつも清潔マウスピース矯正は歯の動きに合わせて装置を交換しながら進める治療スタイル。プラスチック製の装置は使い捨てができ、一定期間で新品の装置に取り換えられます。
マウスピースは金属を使用しないアレルギーフリー。金属に敏感な方も安心できるでしょう。

3

feature-img1
笑顔に自信、おもいっきり笑える取り外しができるマウスピース矯正は、結婚式や写真撮影などの大切なシーンでは装置を取り外すことも可能です。
大切な場面では装置を外し、イベントが終了したら再び装着してください。

4

feature-img1
食べ物の制限なし!食事を存分に楽しめる取り外しができるマウスピースだから、ワイヤーに食べ物が詰まる心配はありません。ワイヤー矯正では敬遠しがちな固い食べ物も自由に楽しむことができます。
友人や大切な人との外食も気兼ねなく楽しめるでしょう。

5

feature-img1
お口のトラブルを軽減マウスピース矯正は取り外しができるので、毎日の歯みがきタイムはいつも快適。お口の中を隈なくお掃除できてスッキリできます。
常に口腔内を清潔な状態に保てるので、むし歯や歯周病の発生を軽減できるほか、ワイヤー矯正と比べて口内炎のトラブルも少ないです。

6

feature-img1
マウスピースの脱落がなくストレスフリー従来のワイヤーを使った矯正治療で起こりがちなのが、装置の脱落。しかし、マウスピース矯正は、プラスチック製のマウスピースを使用するため、ブラケットが外れたりワイヤーが粘膜に刺さるようなトラブルは発生しません。
なお、マウスピースは歯や歯茎をすっぽりと包みこむ、密着度の高い装置です。自分の意思で取り外さない限り、自然に脱落するような心配もありません。

口腔内スキャナーiTero(アイテロ)を導入しています!

merit1

デジタル3Dでお口の中を正確に再現することで治療精度が飛躍的に向上!

merit2

わずらわしい型取りが不要で装置の作成期間を大幅に短縮!

merit3

マウスピース矯正のインビザラインに唯一対応!

マウスピースによる部分矯正

治療期間が約7ヶ月で完了する14枚のアライナー(マウスピース)を使用して行える程度の症状の方に適しています。
万が一装置が合わなくなってしまった場合は、1回は再製作できる保証があるため、14枚目まで順調に進んだ後に多少の歯並びの不具合が残った場合や、矯正治療の継続が必要となった場合にはこちらの保証を利用することも可能です。
この保証は、上下のどちらかだけでも、上下両方にでも適用することが可能です。

intro-img4
intro-merit

・治療期間が短いから早い
・治療費が安い
・矯正中の痛みが少ない
・矯正装置が目立ちにくい
・抜歯する必要がない
・お手入れが簡単
・緊急対応が少ないため、予定外の通院を軽減できる可能性があります。

intro-demerit

・部分矯正を行えない場合がある
・歯を削ると歯がしみる場合がある
・奥歯の咬み合わせは治らない

ラビアルブラケット
(表側矯正)

豊富な実績を持つ、最もスタンダードな方法
「矯正歯科治療」と聞いて皆様が思い浮かべる、一番スタンダードな矯正治療法がこの「ラビアルブラケット(表側矯正)」ではないでしょうか?歯を動かすためのワイヤーと、ワイヤーを歯に固定するためのブラケットによって構成されており、ほぼすべての症例・症状に対応可能な、最も実績の多い優れた治療法なのです。
「装置が目立つからイヤ」とマイナスイメージをお持ちの方もいらっしゃいますが、当院では目立たない白や透明のワイヤー・ブラケットを取り扱っていますので、装置が目立つことを懸念されている方も安心して受診していただけます。

intro-img1
intro-merit

・ほぼすべての不正咬合に対応できる
・歯を精密に移動させられ、見た目・咬み合わせ共に理想を実現できる
・白や透明なワイヤー、ブラケットなら目立たない
・最も長く、広く普及しているため、引っ越しなどによる転院の場合も新しい矯正医に引き継ぎしやすい

intro-demerit

・取り外しができないため、治療中のケアを注意しないとむし歯リスクが高まる
・金属のワイヤー、ブラケットの場合は装置が目立つ
・歯科医師の技術力によって結果に差が出やすい

リンガルブラケット
(舌側(裏側)矯正)

歯の裏側に装着する、目立たないワイヤー矯正
構造としてはラビアルブラケットと同様ワイヤーとブラケットにより構成されていますが、ラビアルブラケットが表側=唇側に装着するのに対し、リンガルブラケットは裏側=舌側に装着する矯正治療法です。
装置を見せたくないという営業職や接客業の方などにお勧めです。

intro-img2
intro-merit

・他人に気付かれにくい
・歯の裏側に装着するため、歯の表側のエナメル質へのダメージが少ない

intro-demerit

・特殊な装置と技術が必要なため、ラビアルブラケットと比べて高額
・上記により表側と比べて普及率が高くなく、転院の際の引き継ぎが難しい
・慣れるまで話しづらいことがある

  • HOME
  • 矯正メニュー紹介