出っ歯

出っ歯に矯正を行う必要性は?子供の治療開始時期や装置などについて紹介

出っ歯とは、下の前歯よりも上の前歯が前に突出した状態になっている歯並びのことをいいます。専門的には上顎前突(じょうがくぜんとつ)と呼ばれており、歯並びや咬み合わせが正常出ない状態である不正咬合の一種です。

前歯は食べ物を咬み切る役割を担っていますが、出っ歯の状態だと前歯でうまく咬み切れず、横の歯で咬み切ろうとして徐々に咬み合わせまで悪くなってしまうなど、機能面や健康面への影響も懸念されます。

また、見た目にわかりやすい症状であるため、成長するにつれてコンプレックスにつながるケースも多く、人とのコミュニケーションに支障が出てしまうこともあります。

子供の歯並びが出っ歯であることを心配している親御さんの中には、「なぜ出っ歯になってしまったんだろう」「矯正治療を受けるしかないの?」と不安に感じている方も多いことでしょう。

そこで今回は、子供の出っ歯についての詳細と、矯正治療についてご紹介します。

子供の出っ歯について

出っ歯

子供の出っ歯は、気にされている親御さんも多い反面、意外と気にならずその症状に気づいていないケースもあります。

なぜなら出っ歯は、上の歯がしっかりと見えているためです。極端に上の歯が突出している場合には気づくこともできますが、いわゆる受け口のような違和感がないので、その歯並びが不正咬合であることに気づけないこともあります。

では、子供の出っ歯にはどのような特徴や症状があり、なぜそのような状態になってしまったのでしょうか。

特徴

子供の出っ歯は、意識していないと唇が閉じられなかったり、口元が膨らんでしまったりと、見た目に特徴が出ます。以下は、子供の出っ歯の特徴をまとめたものです。

  • 下の前歯が上の歯に隠れて見えない、もしくは見えにくい
  • 横から見ると、下の歯の先端が上の歯の裏側に触れていない
  • 唇が前に出ているために唇のしまりが悪い
  • 口元が膨らみ、いわゆる口ゴボの状態になる

正しい前歯の状態とは、奥歯を咬み合わせてイーをしたときに、正中線(正面から見て上の前歯と下の前歯の中心線)が一致し、上の前歯は下の前歯を半分ほど隠す状態です。

その一方、出っ歯は前歯が出ていることで上下の歯がうまく咬み合わず唇が押されて閉じにくい状態になります。あわせて、正中線がずれたり、下の前歯が見えないほど上の前歯が覆い隠す状態になっていることもあります。

出っ歯を放置することによる影響

子供の出っ歯を放置すると、以下のような影響が出てしまいます。

虫歯や歯周病、風邪にかかりやすくなる

上述したように、出っ歯だと歯が出ているため唇をしっかり閉じられません。そのため、口呼吸になり口の中が乾燥することで、虫歯や歯周病のリスクを高めてしまいます。

また、口呼吸では、鼻呼吸ほど異物を取り除けないほか、温度や湿度も高められません。通常であれば免疫が働いて除去されるはずの細菌やウイルスにも感染する危険性が高まり、風邪やインフルエンザなどの疾患にもかかりやすくなります。

発音が不明瞭になる

出っ歯だと咬み合わせが悪く、隙間から空気が漏れたり舌の位置が定まらなかったりします。すると、滑舌が悪かったりサ行やタ行が不明瞭になったりしやすく、クリアな発音ができなくなる場合も多いです。

消化器官に負担がかかる

出っ歯だと咬み合わせが悪く、食べ物をうまく咬み砕けません。食べたものが細かくならないまま胃や腸に運ばれてしまうので、消化器官は膨大なエネルギーを使用することになり、胃腸に負担がかかってしまいます。

顎関節症や睡眠時無呼吸症候群のリスクが高まる

出っ歯は上下の顎のバランスが悪い状態です。顎の関節に負担をかけるため、顎関節症になりやすく、重症化しやすくなります。

また、口呼吸になりやすい出っ歯は眠っているときも口が開きっぱなしになるため、舌の位置が下がりやすく、睡眠時無呼吸症候群のリスクも高まるので注意が必要です。

原因

子供の出っ歯には、先天的な要因や普段の習慣、顎の成長が弱いなど、いくつか考えられる原因があります。以下は子供の出っ歯の原因の例です。

普段の習慣や癖

3歳以上の子供で指しゃぶりをしている子供は、指を吸う力によって上の前歯が押し出されてしまうため、出っ歯になりやすいといわれています。目安としては、1日6時間以上です。

他にも、以下のような習慣や癖は出っ歯の原因になる可能性があります。

  • 爪噛み
  • 口の内側から唇を吸う癖
  • 頬杖
  • 口呼吸
  • 舌で前歯を押し出す癖

3歳まではそれほど癖を気にする必要はありませんが、3歳以降は歯並びに影響する可能性があるので、注意しなければいけません。

顎の成長がチグハグ

出っ歯のパターンで子供によくあるのが、上顎の過成長、下顎の劣成長、その両方の3つです。日本人はとくに下顎の成長が弱い人が多いという特徴があります。

遺伝などの先天的な要因

出っ歯は、遺伝などの先天的な要因でなりやすい傾向にあります。そのため、親御さんや親戚に出っ歯の方がいる場合、子供もなる確率が高く、その割合は全体の3割りといわれています。

子供の出っ歯の矯正治療について

出っ歯

子供の出っ歯は、矯正治療を行えば治すことが可能です。一般的に出っ歯の矯正治療は、受け口ほど急ぐ必要はありませんが、子供のうちにしっかりと治しておいた方がよいでしょう。

ここでは、子供の出っ歯の矯正治療についてご紹介します。

子供の出っ歯に矯正治療を行う必要性

子供のうちに矯正治療をはじめておくことは、大人になってから治療を受ける場合に比べてメリットが多いです。以下は、子供の出っ歯に矯正治療を行うメリットです。

  • 軽度から中度の出っ歯であれば、子供のうちに矯正治療を開始することで、将来抜歯をしなくても綺麗に歯が並ぶ可能性も高まる。
  • 骨格に問題がある出っ歯の場合、子供のうちに矯正治療をすることで下顎の成長発育を促進したり、上顎の成長抑制をしたりできる。
  • 大人になってから矯正治療を行うよりも口元の突出感を改善しやすい。
  • 本来抜歯が必要な歯並びでも、子供のうちに治療をしておくことでワイヤー矯正を行う期間を短くできる可能性がある。

歯並びのみの治療であれば、大人になってからの矯正治療で十分綺麗に治ります。しかし、骨格に問題があるケースや将来抜歯が必要になると思われるケースでは、子供の頃から矯正治療を行っておいた方が成長してからの治療が圧倒的に楽になります。

子供の出っ歯治療でもっとも大切なことは、顎の成長をコントロールすることです。これらのことからもわかるように、子供の出っ歯に矯正治療を行う必要性は高いといってよいでしょう。

矯正治療開始時期は?

子供の出っ歯の矯正治療は、顎の成長がストップする前にはじめなければいけません。

一般的に上顎の成長は10歳、下顎はそれよりも遅れて成長がストップします。原因が顎の成長具合によるものなのか、歯自体の傾斜によるものなのかを判断するために、出っ歯の治療は前歯が永久歯に変わりはじめる6歳頃から行うとよいでしょう。

12歳頃を過ぎて放置してしまうと、大きくなってから抜歯を伴う矯正治療が必要になったり、最悪の場合は外科手術が必要になったりする可能性が高まります。遅くとも上顎の成長がストップしてしまう10歳までの間に治療を開始するのがおすすめです。

5歳以下の場合でも、普段の悪い癖を治すのが難しい子供は将来的に骨格に影響を及ぼす可能性があるので、治療を開始する可能性もあります。

子供の出っ歯に使用される矯正装置の例

子供の出っ歯の矯正治療は、歯並びだけが原因なのか、骨格がかかわっているのかで異なります。

歯並びだけが問題の場合は、プレート型の装置や歯に取り付ける固定式のワイヤー矯正などの装置で歯の傾きを治していくのが一般的です。咬み合わせが問題の場合には、マウスピース型の装置を使用することも。

最近では、マウスピース型の装置で骨格と歯並びの両方を同時に治療できるものも登場しており、以前よりも手軽に出っ歯を治療できるようになりました。

また、上顎の過成長などにはヘッドギアを使用したり、下顎の劣成長にはバイオネーターという装置で上顎と下顎のバランスをよくしたりします。

治療を開始する前に精密検査をし、子供の症状に合わせた最適な治療法を選択しなければ、治るまでに長期間かかることもあります。最悪の場合まったく治らないこともあるので、信頼できる歯科医師のもとで治療を受けることが大切です。

まとめ

子供の出っ歯についての詳細と、矯正治療についてご紹介しました。

子供の出っ歯は、単に見た目だけの問題ではなく、心身にさまざまな悪影響を及ぼすことがおわかりいただけたでしょうか。

治療を開始するのに最適な時期は、一般的に6歳頃といわれていますが、人それぞれ最適な治療開始時期も違いますので、いずれにせよ出っ歯が気になった時点で矯正歯科へ相談に行くことをおすすめします。

「末広町矯正歯科」は、日本矯正歯科学会認定医が多数在籍している矯正歯科専門医院です。

患者様一人ひとりに最適な治療を提案するために、歯やお口の状態を細かく検査し、治療計画を立てております。治療に際しては、事前説明を重視しておりますので、親御様がご納得されるまで丁寧にわかりやすく説明します。

大切なお子様の歯並びが気になる親御様は、ぜひ一度「末広町矯正歯科」までご相談ください。

  • HOME
  • お知らせ
  • 出っ歯に矯正を行う必要性は?子供の治療開始時期や装置などについて紹介