顎 広げる

【子供の歯科矯正】顎を広げる5つのメリットと治療方法を紹介

近年、親御さんの歯に対する健康意識の高まりもあり、子供の虫歯が減っています。

しかしその一方で、顎が小さいために永久歯が綺麗に並ばず、歯並びの悪い子供が増えているのをご存知ですか?

それと同時に、子供に歯列矯正を受けさせようとお考えの親御さんも多くなってきていますが、その理由のほとんどは見た目が悪いという理由によるものです。

子供の歯並びは、見た目だけでなく口もと、延いては心身の健康と成長に大きく関わってきます。成長期の段階で早めに歯列矯正を行い、永久歯を綺麗に並べるために顎を広げておくことが重要なのです。

歯列矯正の治療は、子供の頃から行った方が将来かかる費用や、治療によって体にかかる負担も少なくなります。

この記事では、子供の顎を歯列矯正で広げる5つのメリットと、子供の顎を広げる治療方法についてご紹介します。

子供の顎を歯列矯正で広げる5つのメリット

顎 広げる

歯列矯正には、第1期治療と第2期治療という2つの治療時期があります。

第1期治療は、乳歯が生え揃った乳歯期から乳歯と永久歯が混在する混合歯列期までに行う治療です。骨格の矯正を中心に、永久歯が綺麗に並ぶように調整していきます。

一方の第2期治療は、永久歯が生え揃ってから行う治療です。主に永久歯の本格的な歯列矯正を行います。

永久歯が生え揃う頃には、顎の成長がほとんど終わってしまうため、顎を広げることはできなくなります。そのため、第1期治療が可能な段階で、顎を広げておくことが重要なのです。

ここでは、子供の顎を歯列矯正で広げる5つのメリットをご紹介します。

顎が変形する程度を減らせる可能性がある

遺伝などの先天的な要因で顎の発育がアンバランスになってしまったり、咬み合わせがズレてしまっている状態を放置したりすると、顎が変形することもあります。

これは「顎変形症」という不正咬合の一種です。成長して症状が進んでしまうと歯列矯正だけで歯並びを整えられなくなる可能性もあります。

しかし子供の歯列矯正では、これから成長する顎の成長バランスを整え咬み合わせの改善を行えるため、顎の変形を抑えてバランスのとれた咬み合わせに調整することが可能です。

将来、顎の骨を切るような外科手術を受ける可能性も減らせるので、子供の体にかかる負担を減らすことにもつながります。

将来抜歯をせずに歯並びを治せる可能性が高まる

永久歯は一度抜歯してしまうと、再び生えてくることはありません。しかし子供のうちに歯列矯正を行わず、後々治療を行うことになった場合、綺麗に歯を並べるために健康な永久歯を抜くことになる可能性があります。

子供のうちに歯列矯正を行う1番のメリットは、成長期の顎の発育を利用して治療を行えることです。

成長が終わる前に顎の位置や大きさを整えられるので、永久歯が生えてくるスペースを確保しておけるのです。そのため、大人になってから抜歯をせずに歯並びを整えられるケースが多くなります。

後戻りする可能性が低い

歯列矯正で動かした歯は、安定するまでもとの位置に戻ろうとしますが、子供の歯はやわらかいため大人よりも治療後に早く安定してくれます。

また、子供の歯列矯正は一般的な大人の歯列矯正とは異なり、顎の骨を広げて永久歯が並ぶスペースを確保できるのが特徴です。

ベースとなる顎の骨を広げているので、永久歯が自然と正しい位置へ生えてくれます。そのため、せっかく整えた歯が後戻りしてしまう心配はほとんどありません。

しかも、顎の成長をみながらバランスを調整するので、骨格のバランスまで自然と整い横顔まで綺麗に仕上がります。

装置の装着期間を短く済ませられる可能性が高まる

子供の歯列矯正で顎を広げたことにより、満足いく歯並びになれば、永久歯が生え揃ってから第2期治療を受ける必要はありません。そのため、治療期間を短くできたり、治療にかかる費用を安く抑えたりすることが可能です。

しかし残念ながら、第1期治療で顎の骨を広げる治療を行っても、それだけではすべての症状を改善できないケースもあります。

その場合でも、子供の頃に歯列矯正を行っておくことで、第2期治療や本格的な大人の歯列矯正で装置の装着期間を短く済ませられる可能性が高まります。

コンプレックスを解消できる

子供の顎を歯列矯正で整えることは、心身を健全に発達させる環境を整えられることもメリットです。

いわゆる受け口や出っ歯は、歯並びだけでなく顎の骨が原因になっていることも多く、子供の歯並びではとくに注意したい症例です。

笑うときに口元を気にしたり、引っ込み思案になったりする恐れや、学校などでからかわれてしまう原因にもなりかねないので、早いうちに歯列矯正を受けておいた方がよいでしょう。

子供の頃に歯列矯正を行っておくことで、永久歯が生え揃い思春期に入る頃に、歯並びをコンプレックスと感じることがなくなります。

子供の顎を広げる治療方法

顎 広げる

子供の顎を広げる歯列矯正の治療は、永久歯が生え揃う前の混合歯列期までしかできません。早期に治療を行っておくことのメリットは、全身の正しい成長にもつながる非常に大きいものなので、適切な治療時期を逃さないようにしましょう。

とはいえ、子供の顎を広げる治療方法にはどのようなものがあるのか、イメージができないという親御さんもおられることでしょう。

ここでは、そんな親御さんのために子供の顎を広げる代表的な治療方法を3つご紹介します。

顎の幅を広げる床矯正

顎の幅が狭い場合は、顎の成長を利用した「床矯正(しょうきょうせい)」という方法で治療を行います。

以下は、床矯正のメリットです。

  • 自分で取り外せる
  • 虫歯になりにくい
  • 好きなものを食べられる
  • 治療に伴う痛みが少ない
  • お手入れが簡単

床矯正は、プレートやワイヤーでできた拡大装置を広げたい方の顎に装着し、装置の中央にあるネジを回して徐々に顎の幅を広げていきます。

1日に12時間から15時間程度の装着が目安ですが、自分で取り外せるため、日常生活で不便を感じにくいのが特徴です。うまく利用すれば子供と親御さんの両方にとって負担が少ない治療方法となります。

ただし、床矯正を使用した歯列矯正は、適応する症例が限定されることから、この方法のみでの治療には限界があるといってもよいでしょう。

上下の顎の位置を正常に整える顎外固定式装置

顎外固定式装置は、E.O.A(Extra Oral Anchorage)と英語の略称で呼ばれることもある装置です。

この方法では、「チンキャップ」や「ヘッドギア」などの装置を使用して治療を行います。主に就寝時に使用するものですが、1日の着用時間の目標は10~12時間程度なので、家にいるときは食事と歯磨きの時間以外は使用することになるでしょう。

以下は、顎外固定式装置のメリットです。

  • 上下の顎の位置を正常に整える効果が期待できる
  • 自宅のみの装着になるため、学校などでは普段通りに過ごせる
  • 食事や歯磨きの際は取り外せる

チンキャップは主に受け口の治療に使われるもので、下顎の先端にはチンカップをつけ、頭には帽子のようなヘッドキャップを被ります。その間に輪ゴムを引っ掛け、下顎が前方に成長しすぎるのを抑制します。

ヘッドギアは主に出っ歯の治療に使われるものです。いくつか種類があり、患者さんの子供の骨格タイプに応じて選択します。上顎の奥歯に装置を固定しワイヤーをつなぎ、ヘッドキャップに取り付けてゴムの力を利用して引っ張ることで、上顎が成長するのを抑えます。

どちらも多少の痛みを感じるかもしれませんが、大人でも抜歯を伴うケースにおいて使用することがあるものなので、効果を実感できる可能性は高いです。

顎の成長を促進しつつ歯並びを整えるマウスピース矯正

マウスピース矯正は、近年急速に普及している子供の歯列矯正の治療方法です。

従来のマウスピース矯正は、大人しか使用できませんでしたが、「インビザラインファースト」という装置の登場で、子供でも負担の少ない治療ができるようになりました。乳歯と永久歯が混在する時期に使用する治療方法なので、それ以降は大人と同様のインビザラインを使用して治療を行っていきます。

以下は、マウスピース矯正(インビザラインファースト)のメリットです。

  • 顎と歯並びの治療を同時に行える
  • 周囲の人に歯列矯正をしていることが気づかれにくい
  • 取り外せるため、日常生活への負担が少ない
  • スポーツや楽器の演奏も可能
  • 金属アレルギーでも使用が可能

インビザラインファーストは、透明で薄いプラスチック製の装置を装着する治療方法です。目立たずに歯列矯正ができるため、学校などでからかわれることを心配している子供でも安心して装着できます。

そのほかにもインビザラインファーストは、本来であれば2つのステップに分けて行われる顎の成長をサポートする治療と、歯並びの治療をいっぺんに行えるので、結果的に治療期間や費用をかけなくて済む可能性があります。

まとめ

子供の顎を歯列矯正で広げる5つのメリットと、子供の顎を広げる治療方法についてご紹介しました。

子供の歯並びが悪くなってしまう原因には、顎と歯の2つの問題がありますが、顎の治療は成長期までしか行えません。

適切な方法で上下の顎のアンバランスさを補正しておくことで、永久歯へと生え変わったときに長期間治療を行わなくて済む可能性が高まります。メリットも多いので、早めに治療を開始できるようにしましょう。

「末広町矯正歯科」は、日本矯正歯科学会の認定医が多数在籍する矯正歯科専門医院です。大切なお子様の歯並びが美しく整うように、顎を広げる治療から本格的な歯列矯正まで、さまざまな治療方法をご用意しております。

お子様の顎の成長が気がかりな親御様は、ぜひ一度「末広町矯正歯科」までお気軽にご相談ください。

  • HOME
  • お知らせ
  • 【子供の歯科矯正】顎を広げる5つのメリットと治療方法を紹介