マウスピース矯正 出っ歯

マウスピース矯正で出っ歯は治る?市販品をおすすめしない理由と歯科医院で行うメリットを紹介

出っ歯が気になるけれど、歯科医院で矯正をすると費用が高額になってしまうため踏み出せないという方は多くいます。軽度の出っ歯や、1か所だけ気になるという方は、なおのこと気が引けてしまうでしょう。

前歯の1本だけだからと市販のマウスピース矯正装置を購入して、自分で治そうとした経験のある方もいるのではないでしょうか。

市販のマウスピース矯正装置は、インターネットやドラッグストアなど手軽に購入できるうえ、価格も数千円程度と歯科医院とは比べものにならないほど安価です。しかし歯並びには個人差があり、出っ歯の原因も人それぞれ違うため、歯科医院でマウスピース矯正を受けた方が安心です。

この記事では、出っ歯の詳細と市販品をおすすめしない理由、歯科医院でマウスピース矯正をするメリットをご紹介します。

市販のマウスピース矯正装置を使用するかお悩みの方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

出っ歯(上顎前突)とは

マウスピース矯正 出っ歯

出っ歯とは、専門用語では上顎前突(じょうがくぜんとつ)といい、上の前歯や上顎が前方に出ている歯並びのことです。横から見たときに、上の前歯が下の前歯と比べて極端に前へ出ている状態をいいます。

出っ歯は、外見上とても目立ってしまうため悩んでいる方も多く、コンプレックスになったり大きな心の傷になったりすることもあるのです。

ここでは、出っ歯の主な原因と治す方法についてご紹介します。

出っ歯の主な原因

出っ歯は遺伝が原因の場合もありますが、後天的な理由でなることもあります。以下は、出っ歯の主な原因です。

  • 遺伝によるもともとの骨格
  • 舌を前に出すなどの口周りの癖
  • 固い食べ物を食べない
  • 背中を丸めて食事をする
  • 虫歯がひどい
  • 口呼吸

後天的な出っ歯には、歯の生え方や生活習慣が関係しています。歯は、日常生活の中でさまざまな力を加えられています。その力が上の前歯を前へ押し出すように長期間加わると、出っ歯になってしまうのです。

出っ歯を治す方法

出っ歯を治す方法には、以下のようなものがあります。

歯科医院で治す方法

  • マウスピース矯正
  • ワイヤー・ブラケット矯正
  • インプラント矯正
  • セラミックを被せる
  • 手術で骨格自体を治す

自分で治す方法

  • 市販のマウスピース矯正装置を使用する
  • 口周りの筋力トレーニングを行う
  • 舌の筋力トレーニングを行う

出っ歯の原因は人それぞれ異なります。自分に合った治療法を行わないと、矯正に失敗してしまうこともあるので注意が必要です。

よく出っ歯が気になるからといって、自分で出っ張っている歯を押して治そうとする方がいますが、歯を失ってしまう可能性もあるため絶対にやめましょう。

市販品をおすすめしない理由

マウスピース矯正 出っ歯

近年、海外ではクリニックへ通わず自宅でマウスピース矯正を行えるサービスが誕生し、日本でも販売されています。歯科医院で治療を受けるよりも格安で購入できるため、購入を検討する方も増えているようです。

ここでは、市販品のマウスピース矯正装置をおすすめしない理由についてご紹介します。

自分で歯列矯正をするのは不可能

市販のマウスピース矯正装置は、レンジなどで温めてから口にはめ、中の空気を抜きながら自分の歯にフィットさせていくものがほとんどです。

ピッタリとフィットさせるのは非常に難しいうえに、合っていないマウスピースをつけてしまうと歯に負担をかけてしまう可能性があります。

そもそも歯列矯正とは、歯科医師が患者さんの骨格や歯の噛み合わせ、生活習慣などと患者さんの希望を総合的に判断したうえで、治療方針を決定するものです。

歯列矯正どころか歯科治療の知識をまったく持っていない方が、自分の希望通りの歯並びに矯正するなど、簡単にできるわけがありません。使用しない方がよかったということにもなりかねないので、市販のマウスピース矯正装置を使用するのはおすすめできないのです。

歯科医師しかできない技術が必要

マウスピース矯正をはじめ歯列矯正治療は、歯科医師の正確な診断と治療計画にもとづいて行われるべき医療行為です。

歯列矯正治療を行う際、歯科医師にしかできない以下のようなことが必要となります。

  • レントゲン撮影
  • 歯科医院専用のデジタルスキャンや光学スキャナなどを用いた検査
  • マウスピース矯正メーカーとのやり取り
  • 数十個のマウスピースを歯列の状態に合わせて適したものに取り替えていく
  • 歯科矯正中のリスクに対処する

上記のことをふまえると、マウスピース矯正は経験ある歯科医師の診察と検査、診断をもとに行うべきであることがおわかりいただけるでしょう。

そもそも、出っ歯は患者さんの状態や原因によってマウスピース矯正で治せないケースもあります。マウスピース矯正が可能かどうかの判断は、歯科医師でなければできないことです。

市販のマウスピース矯正装置の購入を検討している方は、安さや手軽さだけで安易に選択しないように注意してください。

歯科医院でマウスピース矯正をするメリット

マウスピース矯正 出っ歯

歯科医院のマウスピース矯正治療は、歯科医師や歯科衛生士などのマウスピース矯正のプロが行います。そのため、患者さん一人ひとりの歯並びに最適な方法で確実に出っ歯を治すことができるのです。

ここでは、歯科医院でマウスピース矯正をするメリットについてご紹介します。

最新技術で精度の高いマウスピースを製作できる

歯科医院で作るマウスピース矯正装置は、歯科医院専用の機材を使用して歯型の製作を行います。

レントゲン撮影やデジタルスキャンなどの最新技術を用いて検査をし、マウスピースを製作してもらえるため、自分の歯にピッタリとフィットする精度の高いオーダーメイドのマウスピースが完成するのです。

マウスピースはメーカー独自に開発されたシステムで、コンピューターを使用してシミュレーションしたものです。通常の場合、数十個程度のマウスピースを製作し、矯正治療の進行具合によって徐々に違うものへ取り替えていきます。

治療経過の確認

歯科医院でマウスピース矯正治療を受ける場合、定期的に治療の経過を確認してもらえます。丁寧な治療経過の観察と歯科医師とのコミュニケーションにより、確実に効果を得られるのです。

ごく稀にマウスピース矯正の治療期間中に、強い痛みが出てしまう方もいます。そのような場合でも、歯科医師に相談するとマウスピースの微調整などを行ってくれるので安心です。

また、マウスピース矯正で歯の移動が終了した後も、後戻りしないように一定期間保定装置をつける必要があります。歯科医院では、保定期間中も患者さんの状態をチェックしながら管理してくれるので、せっかくの治療が無駄になることもありません。

トータルケアを受けられる

歯科医院でマウスピース矯正治療を受ける場合、歯周病治療や虫歯治療、歯磨き指導、噛み合わせの調整など、矯正治療だけでなく口腔内をトータルでケアしてもらえるというメリットがあります。

さらに、歯科医院では矯正治療と同時にホワイトニングを行うことも可能です。一般的に、ホームホワイトニングは歯科医師の指導のもと、薬剤を塗布したマウスピースを装着し、自宅で歯を白くできる方法です。

マウスピース矯正もマウスピースを使用する矯正方法であるため、ホワイトニングをしながら歯並びを整えることが可能となります。

近年、マウスピース矯正装置と同様に、自分でできる市販のホワイトニング剤が出回っていますが、歯科医師の指導のもと行うホワイトニングでしか使用できない薬剤は含まれていません。

歯科医院でマウスピース矯正とホワイトニングを行えば、確実に綺麗な歯並びと歯の白さを手に入れることができるのです。

まとめ

出っ歯の詳細と市販品をおすすめしない理由、歯科医院でマウスピース矯正をするメリットをご紹介しました。

歯にとってもっとも重要な役割である「食べ物を噛む」ことを考えると、噛み合わせや歯列全体のバランスは非常に重要なことですが、それを自分で整えることは不可能です。

市販のマウスピース矯正装置は、手軽に安価ではじめられるというメリットがあります。しかし、審美的な面だけでなく、歯や体全体の健康など今後の人生を長い目で見たときに、市販のマウスピース矯正装置を使用したことで後悔することになるかもしれません。

歯科医院で出っ歯を治せば歯並びはもちろん、横顔がすっきりとした印象になり、非常に美しく見えるようになります。マウスピース矯正で出っ歯を治したいとお考えの方は、市販品を使用せずに歯科医院で治療を受けるようにしましょう。

「末広町矯正歯科」では、矯正治療だけでなく虫歯治療まで行えるワンストップ予約を行い、患者様の大切な時間を無駄にしないように配慮しています。

マウスピース矯正で使用するプラスチック製の装置は使い捨てができるため、常に清潔なものを使用していただけます。不安なことがあれば納得されるまで丁寧にご説明いたしますので、マウスピース矯正を検討している方はぜひ一度「末広町矯正歯科」にご相談ください。

  • HOME
  • お知らせ
  • マウスピース矯正で出っ歯は治る?市販品をおすすめしない理由と歯科医院で行うメリットを紹介