千代田区秋葉原の矯正歯科・末広町矯正歯科のコラム

平日 11:00〜19:00(土日は18:00まで)
月・木・祝休

03-5834-3690 初診予約はこちら LINE無料相談はこちら

アンカースクリューを上顎に使用した矯正治療中の食事で起こりやすい問題と注意点

アンカースクリュー 上顎 食事 矯正歯科

矯正治療中に、アンカースクリューという小さなネジを埋め込む施術を受けることがあります。

アンカースクリューは、これまでは困難だった移動方向へ対応できたり、治療期間の短縮ができたりする装置です。直接歯茎の骨に固定して使用するため、患者さん自身で取り外しができません。

上顎に使用するのは、前歯や口元全体が前方に突出しているいわゆる出っ歯の他に、前歯の叢生がひどいケース、正中線が上下で大きくズレているケースなどです。

歯茎が大きく見えてしまうガミースマイルや、上の前歯で下の前歯が隠れるほど深く咬み合ってしまう過蓋咬合などの場合にも、矯正器具と併用してアンカースクリューが使用されます。

患者さんへのメリットも大きいことから、近年の矯正治療ではよく使用されるアンカースクリューですが、上顎に埋入した患者さんの中には食事がしにくいなど生活の中で不便を感じることもあるようです。

そこでこの記事では、アンカースクリューを上顎に使用した矯正治療中の食事で起こりやすい問題点と注意点、食後の歯磨き方法についてご紹介します。

アンカースクリューを上顎に使用した矯正治療中の食事で起こりやすい問題

アンカースクリュー 上顎 食事

矯正治療中は、器具を装着しているためにただでさえ食事がしにくい状態です。そこにアンカースクリューまでプラスされるとなると、さらに食べにくくなってしまうのは想像に難くないでしょう。

では、アンカースクリューを上顎に使用している場合の食事では、具体的にどのような問題が起こりやすいのでしょうか。

繊維質の食べ物が引っかかる

矯正治療中の方はよくご存知の通り、できれば避けたい食べ物の代表といえば、「繊維質の長細いもの」です。

たとえば、エノキやモヤシ、青菜などは矯正器具だけでなく、アンカースクリューにも引っかかりやすい食べ物だといえます。また、ラーメンやパスタなどの細い麺類も、矯正器具やアンカースクリューに絡まりやすいため、食べる際は注意が必要です。

繊維質の食べ物が引っかかってしまった場合、以下のような問題が起こる恐れがあります。

  • アンカースクリューの再埋入が必要になる
  • アンカースクリューの周囲に炎症が起きる

アンカースクリューは、基本的に食べ物が引っかかって突然外れるということはありません。しかし、それによってアンカースクリューがゆるんだり、埋入箇所が引っ張られることで炎症を起こしたりする可能性があります。

アンカースクリューがゆるんでしまうと再度埋入しなければいけませんし、炎症が起こると痛みが生じてさらに食事がしにくくなってしまいます。

再度埋入することになると、歯科医院によっては再度費用がかかる場合もあるため、予定していたよりもコストがかさむことになるでしょう。

粘着性のある食べ物がくっついてしまう

繊維質の食べ物と同様に、ガムやキャラメル、お餅などの粘着性のある食べ物は、くっつきやすいので注意しなければいけません。

その中でも、とくに注意したいのがガムなどの水に溶けない食べ物です。なぜなら、キャラメルやお餅は時間が経てば溶けますが、ガムは溶けずにくっついたままになってしまうからです。

アンカースクリューが上顎の頬側に埋入されている場合は、無理に取ろうとすると最悪の場合ネジが抜けてしまう恐れもあります。

また、水溶性の食べ物でもくっついてしまうと、溶けるまでにある程度の時間がかかります。食後の歯磨きがとても大変になる上、磨き残しによって虫歯や炎症が起こる原因になるので注意しましょう。

アンカースクリューを上顎に使用した矯正治療中の食事の注意点

アンカースクリュー 上顎 食事

アンカースクリューを上顎に使用した矯正治療中の食事も、ある程度慣れてくると不自由なく食べられるようになってきます。

しかしアンカースクリューを埋入した直後の食事は、慣れていないために食べにくかったり、アンカースクリュー自体も安定していなかったりして、トラブルが起こりがちです。

ここでは、アンカースクリューを上顎に使用した矯正中の食事でもとくに気をつけたい、埋入直後の注意点についてご紹介します。

直接アンカースクリューに当たらないように食べる

矯正治療中は、基本的に食事制限はありません。しかし、アンカースクリューを埋入してから安定するまでには1〜2週間程度の時間がかかるため、刺激を与えないように注意しましょう。

また、患者さんの骨の硬さや体質によっては、アンカースクリューが脱落しやすい場合もあります。

慣れるまではなかなか難しいかもしれませんが、食事の際はアンカースクリューに直接当たってしまうような食べ方は避けることをおすすめします。

体質的にアンカースクリューが脱落しやすいと歯科医師が判断した場合は、他の装置に切り替える場合もありますので、グラつきを感じたらかかりつけの歯科医院へ相談しましょう。

食べるものに気をつける

上記でもご紹介したように、繊維質の食べ物や粘着性のある食べ物は、アンカースクリューがグラついたり炎症を起こしたりする原因になります。

埋入直後から安定するまでの間は、歯ブラシなどでアンカースクリュー周辺の清掃を勧めない歯科医院も多く、処方した洗口剤で食後に口をすすぐだけにすることも多いほどデリケートなのです。

アンカースクリューに食べ物が引っかかってしまうと、指や歯ブラシなどで取るしかなく、グラつきや脱落の原因になることもあります。

そのような事態を避けるためにも、アンカースクリューが安定するまでの間は、とくに食べるものに気をつけるようにしましょう。

アンカースクリューを用いた矯正治療中におすすめの食べ物

アンカースクリューを用いた矯正治療中、歯科医師としておすすめできない食べ物はありますが、これは食べないでくださいと禁止されることはありません。

とはいえ、アンカースクリュー埋入後安定するまでの間は直接当たらないように食べること、硬いものや繊維質のものは避けることが大切ですので、おすすめの食べ物を具体的にご紹介します。

以下は、アンカースクリューを用いた矯正治療中におすすめの食べ物の例です。

  • リゾットやおかゆ
  • ポタージュスープ
  • ゼリーやヨーグルト
  • 野菜をやわらかくなるまで十分煮込んだスープ
  • 湯豆腐や冷奴
  • オムレツ
  • マッシュポテト

基本的には、矯正装置で痛みが出ているときと同じような内容の食事が好ましいです。栄養バランスをよく考えてメニューを組み立てるようにします。

アンカースクリューは、埋入してもほとんどの場合痛みはありませんが、まれに舌や頬の粘膜に当たって痛む方もいます。人それぞれ慣れるまでの期間は異なりますが、痛みが出ている間は上記のような食事を摂るようにするとよいでしょう。

アンカースクリュー装着時の食後の歯磨き方法

アンカースクリュー 上顎 食事

アンカースクリュー装着時は、装置周辺に歯垢や食べカスが残らないように磨くことが重要です。

手持ちの歯ブラシでもよいですが、できればやわらかいタイプの歯ブラシを用意することをおすすめします。また、アンカースクリューが埋入している箇所を磨くときは、脱落の恐れもあるため電動歯ブラシを使用しないようにしましょう。

以下は、アンカースクリュー装着時の歯磨きの仕方です。

  1. 歯の表面に対して直角に歯ブラシを当てて細かく動かして磨く
  2. アンカースクリューに対しても同様に直角に歯ブラシを当てて優しく磨く
  3. 歯ブラシを歯の表面に対して斜め45度から当て、矯正装置のくぼみを磨く
  4. タフトブラシまたは歯間ブラシに持ち替える
  5. ワイヤーの真下や装置と歯茎の間などにブラシを当てて丁寧に磨く
  6. アンカースクリューに対しても同様に、ブラシの先を当てて細かく丁寧に動かす

アンカースクリューの周辺を磨く際に大切なことは、強くブラシを当てないことです。ゆるんだり脱落したりすると、再埋入しなくてはいけなくなってしまうため注意しましょう。

まとめ

アンカースクリューを上顎に使用した矯正治療中の食事で起こりやすい問題点と注意点、食後の歯磨き方法についてご紹介しました。

アンカースクリューを上顎に使用する矯正治療は、比較的ポピュラーな方法です。口蓋正中部や頬側の歯槽部が埋入場所としてよく選択されます。口蓋正中部は比較的脱落しにくく食事もしやすいですが、頬側の歯槽部は頬の粘膜が動くため、食事の際にぐらつきやすいといえます。

アンカースクリューが安定するまでの期間は、食事内容や食べ方にもとくに注意して、矯正治療がスムーズに進むようにしましょう。

「末広町矯正歯科」は、患者様一人ひとりとのコミュニケーションを大切にした診療を行っている矯正歯科専門医院です。

矯正治療中に困ったことやトラブルが発生したときには、電話だけでなくLINEでのご相談も可能となっています。矯正治療を検討している方は、ぜひお気軽に「末広町矯正歯科」までご相談ください。