アンカースクリュー 矯正 口ゴボ

アンカースクリューを用いた歯列矯正が口ゴボに有効な理由と治療法

「口元の盛り上がりが気になって、マスクを取りたくない」「口元が鼻先と同じくらい出ているのがコンプレックス」

このように、外から見て口元が盛り上がっている状態を「口ゴボ」という言葉を使って呼ぶことがあります。その原因は、主に「上顎前突」や「上下顎前突」による口元の突出です。

一般的に、口ゴボの原因となる上顎前突や上下顎前突を治すには、歯列矯正を行います。歯列矯正で口元の盛り上がりを整えることで横顔に自信をもち、お悩みを解消できる可能性があります。

口ゴボの歯列矯正には、「アンカースクリュー」を用いた治療が有効なことをご存知ですか?

アンカースクリューとは、歯列矯正用の小さなネジを顎の骨に直接埋め込む治療です。そして、そこを固定源とすることで歯を効率よく動かしたり、動かしたい歯以外の歯が動いてしまうのを防いだりします。

この記事では、口ゴボの詳細、アンカースクリューが有効な理由と治療法についてご紹介します。口ゴボでお悩みの方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

口ゴボとは

アンカースクリュー 矯正 口ゴボ

口ゴボとは、上下の唇が全体的に前に引っ張られていることで、口元が前に突き出しているように見える状態のことです。口元全体が盛り上がって見えるため、コンプレックスに思っている方も多いのではないでしょうか。

口ゴボという言葉は、歯科医師が使う専門用語ではないため、明確な定義というものはありませんが、「上顎前突」や「上下顎前突」がそれに近い状態だと思われます。近年、ネット上で口ゴボという言葉を目にする機会が増えていることから、多くの方がお悩みの歯並びのようです。

ここではまず、口ゴボの原因や主な症状、口ゴボを治すメリットについてご紹介します。

口ゴボの原因

口ゴボの原因には大きく分けて先天性のものと後天性のものの2つに分けられます。

先天性の原因とは、主に遺伝などの生まれつきのものです。日本人は、欧米人と比べて遺伝的に顎が小さい傾向にあります。

一方、後天性の原因には、以下のようなものが挙げられます。

  • 発育段階で顎があまり成長しなかった
  • 発育段階で顎が成長しすぎた
  • 成長期に固い食べ物を食べなかった
  • 口呼吸
  • 幼少期からの口元の悪習癖

口ゴボの方のほとんどは、いわゆる出っ歯(上顎前突)の状態です。ただし、上の前歯だけが前に突出しているケースもあれば、上下の前歯が前に突出しているケース(上下顎前突)もあります。

また、上下の顎の骨自体が前に突出しているケースもあり、これらが単独か組み合わさって起こっています。

口ゴボの主な症状

口ゴボは、口が閉じにくい「口唇閉鎖不全」という状態です。そのため、無理に閉じようとするとオトガイ部に梅干しのようなシワができてしまいます。

また、口元が出っ張っていることから、顎が引っ込んで見える「顎なし」と呼ばれる状態になるなど、見た目に影響が出やすいのも特徴です。

普段口があいていることも多いため、虫歯や口臭の悪化など口の中のトラブルが起こる可能性も高く、お困りの方もいるのではないでしょうか。

さらに、乾燥によって前歯が変色してしまう恐れもあるため、早めに治しておきたい不正咬合(歯並びや咬み合わせが正常でない状態のこと)の一つであることに違いありません。

口ゴボを治すメリット

上述したように、口ゴボは早めに治しておきたい不正咬合です。

顎全体が前に出ていることで口ゴボになっているケースでは、歯並びが悪いように見えないこともあるため、歯列矯正で治ると思っていない方も。

しかし、口ゴボを歯列矯正で治すと、以下のようなメリットがあることを知っておきましょう。

  • 見た目のコンプレックスが解消できる
  • 虫歯や歯周病、口臭の悪化を防げる
  • 歯の変色を防げる
  • 口呼吸による風邪などの疾患にかかりにくくなる
  • 体全体のバランスが整う

口ゴボの原因の一つである口呼吸は、口元だけでなく体全体に悪影響を及ぼす可能性があります。口呼吸は、鼻呼吸と比べてウイルスやホコリなどを除去できない仕組みになっているからです。

歯列矯正で歯並びと咬み合わせを整えることで、口がきちんと閉じられるようになるため、ウイルスが体内に侵入するのを防ぐことができるのです。

また、これは口ゴボに限らず不正咬合全般にいえることですが、咬み合わせの悪さは体全体のバランスを歪め、肩こりや頭痛などの症状を誘発する恐れがあります。口元が整うと体全体のバランスが整い、全身の不調が治るケースもあるため、早めに歯列矯正を行うべきなのです。

アンカースクリューが口ゴボに有効な理由と治療法

アンカースクリュー 矯正 口ゴボ

一般的な歯列矯正では、奥歯を固定源として前歯を移動させます。そのため、奥歯が前歯に引っ張られることで、本来は動かしたくない奥歯まで動いてしまうことも多いです。

アンカースクリューを用いた歯列矯正では、骨に直接埋め込んだアンカースクリューを固定源として前歯を移動させるので、奥歯を移動させることなく動かしたい歯だけを動かせます。

また、従来の歯列矯正で使用されていたような、ヘッドギアなどの装置を使用せずに治療ができるため、患者さんの負担が軽くなるのもアンカースクリューを用いた歯列矯正の特徴です。

口ゴボの歯列矯正では、アンカースクリューが有効だといわれています。ここでは、その理由や口ゴボの治療法などについてご紹介します。

アンカースクリューが口ゴボに有効な理由

従来の歯列矯正では、ガミースマイルや口ゴボの改善には、「セットバック(上顎前方歯槽骨部骨切術)」という外科手術が行われていました。

しかし、現在行われている口ゴボの歯列矯正は、技術の進歩に伴い外科手術を行わなくてもそれと同程度まで口元を後退させることが可能となっています。

口ゴボの治療には、歯列矯正の基本的な知識はもちろん高度な技術を必要としますが、ワイヤー矯正とアンカースクリューを併用して顎を後退させます。この技術を用いることで、患者さんの好みを反映した調整もある程度であればできるようになりました。

また、アンカースクリューを使用すると、奥歯を今ある場所からさらに後ろへ動かすことも可能です。口ゴボの治療では、親知らずの抜歯を行うこともありますが、アンカースクリューを用いる場合は、そのスペースを利用して歯列全体を下げるケースもあります。

アンカースクリューのデメリット

口ゴボの歯列矯正で使用されることの多いアンカースクリュー。患者さんにとって非常にメリットの多い治療法ですが、どんな良い治療法にも必ずデメリットは存在します。

メリットだけでなく、デメリットも知った上で治療を受けるようにしましょう。以下は、アンカースクリューのデメリットをまとめたものです。

  • アンカースクリューを埋入する外科処置が必要
  • アンカースクリューの周辺に炎症が起こる可能性もある
  • 定着せずに脱落してしまう可能性もある

アンカースクリューは、埋入直後は脱落しやすかったり、患者さんの骨の質によっては定着が難しかったりするケースもあります。その場合は再埋入しますが、どうしても定着しない場合は従来の方法で対応することになるでしょう。

アンカースクリューによる口ゴボの治療法

アンカースクリューによる口ゴボの治療法は、以下のような方法で行います。

  • 歯列を後方に下げる
  • 歯の位置を下げる

口ゴボのように口元が前に出ている状態でも、歯並びを従来の歯列矯正で整えながら、アンカースクリューで歯列を後方に下げていくことで、口元の突出感を改善することが可能です。従来の方法では小臼歯の抜歯が必要だったケースでも、抜歯をせずに治療が行える場合もあります。

また、口元の突出感が改善されることで唇が閉じやすくなるため、笑ったときに唇が上に押し上げられなくなり、ガミースマイルも改善されていくでしょう。

さらに、上顎の歯の位置が低いために歯茎が目立っているケースでは、上の歯を歯茎の方向へ引き上げる方法で治療が行われます。

この方法は、歯列矯正の治療の中でも難しい部類に入るものでしたが、アンカースクリューを使用すると効率的に行えるため、今ではそれほど難しいものではなくなっています。

まとめ

口ゴボの詳細、アンカースクリューが有効な理由と治療法についてご紹介しました。

口ゴボは口元の突出が目立つため、見た目がコンプレックスになりやすく、全身の機能にまで問題が出てしまう可能性のある不正咬合です。

アンカースクリューの登場により、これまでは外科手術でないと改善できないといわれていた口ゴボの治療も、歯列矯正だけで行えるようになってきました。

アンカースクリューはネジを歯茎に埋入するため、怖いというイメージをお持ちの方もおられます。しかし、麻酔を施して施術を行うので痛みを感じることはほとんどありません。

口ゴボでお悩みの方は、アンカースクリューを用いた歯列矯正で歯並びを整えてみてはいかがでしょうか。

「末広町矯正歯科」では、明るく清潔な治療環境をご用意して患者様をお待ちしております。土日も診療を行っておりますので、平日は仕事や育児が忙しい方でもゆとりをもって来院していただけます。

口ゴボは精神面に影響の出やすい不正咬合ですので、歯列矯正を検討されている方はぜひ一度「末広町矯正歯科」までご相談ください。

  • HOME
  • お知らせ
  • アンカースクリューを用いた歯列矯正が口ゴボに有効な理由と治療法