前歯 すきっ歯

前歯のすきっ歯が気になる!子供の正中離開で注意すべき症例と治療法を紹介

子供が「イー」と口を開けたときに目立ってしまう前歯のすきっ歯。

日本ではあまり好まれない歯並びのようで、「大人になってもすきっ歯のままになってしまうの?」「きちんと治療をすべき?」とお悩みになっている親御さんも少なくありません。

このすきっ歯は永久歯の場合、歯列矯正などの治療によって改善すべき症状です。しかし実は、乳歯しか生えていない乳歯列期や、乳歯と永久歯が混在する混合歯列期においては、必ずしも悪いことではないのです。

とはいえ、子供の前歯の真ん中に隙間があることは、親御さんにとっては不安なことでしょう。

そこでこの記事では、子供のすきっ歯についての情報と、正中離開で注意すべき症例、前歯のすきっ歯の治療方法についてご紹介します。

子供のすきっ歯とは

前歯 すきっ歯

すきっ歯は、専門的には「空隙歯列(くうげきしれつ)」といい、歯と歯の間に隙間がある状態のことです。その要因には先天的なものから後天的なもの、成長過程で生じるものまでさまざまなものがあります。

空隙歯列の中でも、前歯の中央に隙間が空いている歯並びを「正中離開(せいちゅうりかい)」といいますが、この状態が乳歯で起こっているのか、永久歯で起こっているのかでまったく変わってくるのです。

乳歯の子供にもっともよくみられるすきっ歯は成長過程において生じるもので、これを「発育空隙(はついくくうげき)」といいます。

発育空隙とは、乳歯よりサイズの大きな永久歯が生えてくるために必要なスペースで、乳歯が生え揃った後で顎の成長に伴って一時的にできる隙間です。顎の骨の中で永久歯の切歯が大きく成長していき、歯列の幅も拡大することで隙間が生じます。

あくまでも成長過程に起こる生理的な現象なので、永久歯の萌出が完了すると発育空隙は消失していきます。

子供の正中離開で注意すべき症例

前歯 すきっ歯

上述したように、子供のすきっ歯は成長に伴って永久歯が生えるための準備をしているものであり、段々と消失していくためあまり心配いりません。

しかし、中にはすべて永久歯に生え変わり、成長が終わったにもかかわらず治らないすきっ歯もあるので注意が必要です。

ここでは、子供の正中離開で注意すべき症例をいくつかご紹介します。

過剰歯がある

子供の正中離開で注意すべきなのは、なんらかの原因により、前歯の歯と歯の間に「過剰歯」と呼ばれる余分な歯が埋まっているケースです。過剰歯が原因で前歯に隙間が空いてしまったり、永久歯が生えてこなかったりすることもあります。

過剰歯があるかどうかは、レントゲンを撮らなければわからないため、6mm以上の隙間がある場合は、一度歯科医院へ相談に行ってみることをおすすめします。

上唇小帯の位置異常

上唇小帯(じょうしんしょうたい)は、上唇と歯茎をつなぐ、上の前歯の中央部にある「すじ」です。

この上唇小帯が上の前歯と前歯の間にまで伸びて入り込んでいたり、上唇小帯のすじが通常よりも下の方まで付着して上の前歯の間に入り込んでいたりすると、前歯がくっつかず正中離開のままになってしまいます。

矮小歯もしくは欠損歯

生まれつき歯が標準的なサイズより小さい矮小歯や、もともと永久歯が欠損している先天性欠損歯の場合も、スペースができてしまうため、すきっ歯になりやすいです。

歯自体が小さい場合、全体的に歯が小さいタイプと部分的に歯が小さいタイプに分類されます。矮小歯は、1本または2本程度だけ部分的に歯が小さい場合のことです。全体的に歯が小さいタイプも、歯並び全体に隙間ができることになるので、こちらもすきっ歯の原因になります。

一方、先天性欠損歯の場合は、足りない歯の本数分だけ顎の骨のスペースが余ってしまうため、隙間が空いてしまうのです。

前歯の傾斜

下の前歯が上の前歯の裏の歯茎に当たって突き上げている場合や、舌で前歯を押し出す癖がある場合などは、前歯が前に突出して隙間が現れます。

また、下唇を上下の前歯の間に入れて噛む癖がある子供も、前歯の傾斜によってすきっ歯になってしまう可能性が高いです。

これらの悪習慣によってすきっ歯になっている場合は、それを治さなければ永久歯に生え変わった後もすきっ歯は治らないでしょう。

前歯のすきっ歯の治療方法

前歯 すきっ歯

子供の前歯がすきっ歯になっていると、喋るときに歯と歯の隙間から空気が漏れてしまうため、発音が不明瞭になり聞き取りにくいといわれています。また、隙間があることで食べ物が詰まりやすく、虫歯や歯周病、口臭の原因にもなってしまうのです。

学校でお友達にすきっ歯をからかわれる可能性もあり、見た目がコンプレックスになってしまう可能性もあります。

すきっ歯は他の不正咬合とは違い、歯を移動させるためのスペースを確保する必要もなく抜歯の必要もほとんどないので、比較的治療がしやすい歯並びです。

では、子供の前歯がすきっ歯になっている場合、どのような方法で治療を行うのでしょうか。

すきっ歯の治療に最適な時期は?

大人のすきっ歯はできるだけ若いうちに治すことをおすすめしますが、子供の場合はいつが最適なのでしょうか。

子供のすきっ歯の場合、混合歯列期の7歳頃で、上下の前歯4本が永久歯に生え変わったタイミングが最適です。

なぜなら上記でご紹介したように、生え変わり時期に隙間ができるのは普通のことですが、顎の大きさと歯のバランスがチグハグですきっ歯になっている場合は治療をはじめる必要があるからです。

ただし、原因によっては治療を行わず経過観察で済むこともあります。まずはすきっ歯の原因を明らかにするために、レントゲン撮影などの検査を行い、積極的に治療を行うべきケースなのか経過を観察してもよいケースなのかを診断します。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は、歯列矯正の中でもっとも歴史の長い治療方法です。ブラケットという金属の装置を歯につけ、そこにワイヤーを通して歯を移動させることで前歯の隙間を埋めていきます。

以下は、ワイヤー矯正で前歯のすきっ歯を治療するメリットです。

  • 複数の箇所にあるすきっ歯を同時に治療できる
  • 歯の形や大きさを変える必要がない
  • ねじれている歯並びや出っ歯などが原因のすきっ歯も治療できる

ワイヤー矯正は、矯正器具が目立って見た目が悪いことから、装置を付けたがらない子供もいます。一度つけると自分では取り外せないため、慣れるまでは食事や歯磨きなどに不便を感じることもあるかもしれません。

近年、透明や白の装置、歯の裏側に装着する装置の登場により、以前より格段に目立たせずに歯列矯正ができるようになっています。

前歯のみを治療する場合は、気になるところだけを治療できる部分矯正で治療が可能です。こちらも透明や白の装置を利用できますので、さらに目立たせずに治療できます。

マウスピース矯正

近年話題のマウスピース矯正は、プラスチックでできた透明なマウスピースを装着するだけですきっ歯を矯正できる治療方法です。

以下は、マウスピース矯正で前歯のすきっ歯を治療するメリットです。

  • 透明で薄いため目立たない
  • 食事や歯磨きの際には取り外せる
  • スポーツや楽器の演奏なども可能
  • 治療に伴う痛みが少ない
  • 金属アレルギーでも使用可能

最近では、さまざまなメーカーからマウスピース型の矯正装置が登場しています。その中でもっともおすすめできるのは「インビザラインファースト」です。

インビザラインファーストは、混合歯列期の子供に使用できる装置で、どうしても目立ってしまう前歯のすきっ歯も人目を気にせず治療できます。

ただし、1日に20時間以上の装着が必要であり、簡単に取り外せるため親御さんだけでなく子供自身の協力が必要不可欠です。

外科的な処置

上唇小帯の位置異常や歯茎に埋まったままの過剰歯、正常に生えてこなかった埋伏歯などがある場合は、外科的な処置を行って根本的な原因を解消する必要があります。

具体的には以下のような処置が必要です。

  • 上唇小帯の位置異常:上唇小帯をレーザーやメスで切除
  • 過剰歯や埋伏歯:抜歯

外科的な処置を行った後、適切な矯正装置を装着し、歯を正しい位置に並べる治療を行います。

また、幼少期からの癖が原因ですきっ歯になっている場合は、筋機能療法で癖を改善するとともに歯列矯正を行っていきます。この場合も、根本的な原因を解消しなければすきっ歯を改善することはできません。

まとめ

子供のすきっ歯についての情報と、正中離開で注意すべき症例、前歯のすきっ歯の治療方法についてご紹介しました。

すきっ歯は、隣同士の歯と歯の間に隙間が空いている状態です。前歯2本だけの場合もあれば、歯並び全体、もしくは奥歯に隙間が空いている場合など、一人ひとり症状は異なります。

一般的にすきっ歯は乳歯列期の子供などに多く見られ、永久歯が生えてくる前であれば心配することはありません。むしろ、隙間が空いていない方が後々問題になることも多いです。

すきっ歯は大人になってからでも治療しやすい症例ですが、心配であれば前歯が永久歯に生え変わった頃に歯科医院へ相談してみるとよいでしょう。

「末広町矯正歯科」では、お子様に最適な矯正治療をご提案できるように、ワイヤー矯正やマウスピース矯正など、さまざまな治療方法をご用意しております。

日本矯正歯科学会の認定医が、治療が必要なすきっ歯かそうでないかをしっかりと見極めます。

カウンセリングは無料で行っておりますので、お子様の歯並びが気になる親御様は、ぜひ一度「末広町矯正歯科」までご相談ください。

  • HOME
  • お知らせ
  • 前歯のすきっ歯が気になる!子供の正中離開で注意すべき症例と治療法を紹介