マウスピース矯正 痛い

マウスピース矯正が痛いときの理由別対処法とやってはいけない3つのこと

「歯並びを綺麗にしたいけれど、痛みが怖い」という方は多いです。矯正治療をはじめたいと思っていても、痛いイメージが強く、なかなか踏み切れない方も多くいます。

そんな方におすすめなのがマウスピース矯正です。

マウスピース矯正は、ワイヤー矯正と比べて痛みや違和感が少ないといわれている矯正治療です。透明のマウスピースを装着して歯並びを整えていきます。従来のワイヤー矯正のように矯正装置が目立たないため、これまで治療に抵抗があった方でも見た目を気にせず歯並びを綺麗にできます。

しかし、いくら痛みが少ないといっても圧力をかけて歯を動かす治療ですので、痛みがまったくないとは言い切れません。では、マウスピース矯正で痛みを感じるのは、どのようなときなのでしょうか。また、その痛みにはどのように対処すべきなのでしょうか。

この記事では、マウスピース矯正が痛いときの理由別対処法とやってはいけない3つのことについてご紹介します。

マウスピース矯正が痛いときの理由別対処法

マウスピース矯正 痛い

マウスピース矯正は、ワイヤー矯正よりも痛みが少ないとされていますが、それでも痛みを感じるケースがあります。マウスピース矯正で痛みが発生するときは明確な理由があるので、逆にその理由がわかっていれば対処するのは簡単ですし、その方法を知っておくのは大切なことです。

ここでは、マウスピース矯正が痛いときの理由別対処法をご紹介します。

マウスピース着脱時の痛みの対処法

マウスピース矯正は、食事や歯磨きの際に着脱することが可能な矯正装置です。そして、もっとも痛みを感じやすいのが、マウスピースの着脱時だといわれています。

この痛みは、とくにはじめてのマウスピースのときに起こりやすいです。その理由は、歯は動きはじめる際に痛みが出ることや、アタッチメントに不慣れで着脱時に引っかかってしまうことが多いからです。

ただ、一度動いてしまえば、その後はあまり痛みを感じなくなります。対処法として正解なのは、3日〜1週間程度様子をみてそれでも痛みがおさまらないようであれば、かかりつけの歯科医院へ相談することです。

アタッチメントについては、一度つけたら矯正が終了するまでは外せませんので、マウスピース着脱用のスプーンの使用をおすすめします。

マウスピース交換時の痛みが消えないときの対処法

マウスピース矯正は、1〜2週間ごとに新しいマウスピースに交換して徐々に歯を動かす矯正方法です。新しいマウスピースの矯正力により、歯が動きフィットしていくまでは、歯が締め付けられるような窮屈感のある痛みが出る場合もあります。

はじめてマウスピースを装着したときのように、数日間は痛みを感じても様子をみるだけで構いません。しかし、あまりに痛みが続くようであれば、かかりつけの歯科医院に相談し、ひとつ前に使用していたマウスピースに戻すなどの対処を行ってください。

そのため、新しいマウスピースに交換したあとも、過去に使用したマウスピースを保管しておいた方がよいでしょう。

マウスピースの縁が当たっているときの対処法

マウスピース矯正装置は、ワイヤー矯正装置と比べて尖っている部分がほとんどありません。そのため、口内炎ができやすい方にもおすすめの矯正方法だといわれています。

しかし、マウスピースの縁の部分が少し尖っている場合もあるため、尖った部分が当たって痛みが出たり、口内炎ができたりすることもあります。

尖っている部分を無理して放置してしまうと、毎回同じところが擦れて痛みがひどくなる可能性もあります。その場合は、自分で紙やすりを使用して削るなどの対処をとりましょう。

自分でできるか不安な方は、かかりつけの歯科医院で対処してくれますので、我慢せずに相談してみましょう。

食事をすると痛いときの対処法

マウスピース矯正は、食事をする際に外してもよいのが特徴です。逆に、装着したまま食事をしてしまうと、マウスピース越しに大きな力が加わることになり、マウスピースが変形したり歯並びに影響が出たりする原因になってしまいます。

マウスピースを外している場合でも、歯を動かしていく過程で動かしている歯にばかり噛む力が加わってしまうと、痛みが生じる原因にもなります。

この痛みは一過性のことも多いので様子を見れば治るケースも多いですが、食事が苦痛になるほどの痛みがある場合には、かかりつけの歯科医院で調整してもらった方がよいでしょう。

また、マウスピース矯正をはじめて間もない頃は、とくに固い食べ物を噛んだときに痛みが出やすいので、慣れるまではやわらかいものを選んで食べるなどの方法で対処しましょう。

虫歯や歯周病ができてしまったときの対処法

マウスピース矯正中に、あまりに長期間痛みが続くようであれば、原因はマウスピースではなく虫歯や歯周病である可能性があります。

マウスピース矯正は、着脱可能で歯磨きのときは普段通りに歯を磨くことができます。しかし、マウスピース自体の清掃を怠ってしまうと、細菌が付着したままの状態で再度歯に装着することになるため、虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまうのです。

また、マウスピースは患者さんの歯にぴったりとフィットするように作られているため、マウスピース内には唾液が行き渡りにくくなっており、唾液の作用を受けにくくなります。

唾液は細菌を洗い流したり、再石灰化を促したりする役割を担っています。ただでさえマウスピースを着用していることで唾液の作用を受けにくくなっているのに、細菌だらけのマウスピースを装着してしまっては、虫歯や歯周病になるのも納得です。

矯正中は、虫歯や歯周病にならないことがもっとも大切です。しかし、万が一マウスピース矯正中に虫歯や歯周病になってしまった場合、マウスピースの種類によってはその時点ですぐに治療できることがあります。

すぐに治療ができない場合は、応急処置のみを行い矯正が終わってからしっかりと虫歯治療を行うので、かかりつけの歯科医院で確認してみましょう。

マウスピース矯正が痛いときにやってはいけない3つのこと

マウスピース矯正 痛い

マウスピース矯正治療で痛みが出た場合は、基本的にかかりつけの歯科医院で相談することになります。しかし、歯科医院が休診の日などで痛みに耐えられず、無意識にやってはいけないことをしてしまっている方もいるかもしれません。

ここでは、マウスピース矯正が痛いときにやってはいけない3つのことについてご紹介します。ついやってしまいがちなことですが、治療の効果が感じにくかったり、痛みが増したりする原因になるので、よく読んで覚えておきましょう。

自分の判断でマウスピースの着用をやめる

マウスピース矯正中に痛みが生じた場合でも、長時間マウスピースを外してはいけません。そもそもマウスピース矯正は、1日に20時間以上着用しないと効果を感じにくくなります。

新しいマウスピースに交換したことで痛みが生じている場合は、歯科医院へ相談に行くまでの間、装着しても痛みを感じないものに変えて後戻りを防いでおくのもひとつの手です。

マウスピース矯正は、なるべく長時間外さないことが絶対条件です。勝手にマウスピースを外さずに、できるだけ早く歯科医院へ相談に行くようにしましょう。

市販の痛み止めを多用する

矯正治療は、矯正装置をつけることでわざと炎症を起こして歯を動かしています。そのため、自分の判断で市販の痛み止めを多用してしまうと、矯正装置の作用が妨げられて歯を動きにくくしてしまいます。

抗炎症作用が強い痛み止めを飲み続けることで、胃腸の負担となってしまう可能性もあるので、痛みを抑えたい方は、かかりつけの歯科医院で歯の移動に影響しない痛み止めを処方してもらうようにしましょう。

自分の判断で余計な刺激を与えない

食事の際に痛みが出た場合は、余計な刺激を与えないようにすることが大切です。

マウスピース矯正中の食事で感じる痛みは、多くの場合時間が経つにつれておさまっていきます。固いものを噛んだり長時間食事をしたりせずに、できるだけ噛まないで済むようなやわらかいものを短時間で食べるなどの対処が必要です。

どうしても痛みで食事ができない場合は、かかりつけの歯科医院にその旨を相談し、痛み止めを処方してもらうなどして乗り切りましょう。

まとめ

マウスピース矯正が痛いときの理由別対処法と、やってはいけない3つのことについてご紹介しました。

マウスピース矯正は、ワイヤー矯正より強い痛みを感じにくい反面、新しいマウスピースに交換する際に圧迫されているような痛みを感じやすい傾向にあります。

しかし、痛みがあるのは治療が順調に進んでいる証拠でもあるので、自分の判断でマウスピースを外したり、市販の痛み止めを多用したりせずに必ずかかりつけの歯科医院で相談するようにしましょう。

「末広町矯正歯科」では、患者様一人ひとりに合った治療計画を立て、できる限りご要望に沿った診療を行うよう心がけています。

「末広町矯正歯科」には、各分野の専門医が在籍しており、虫歯の治療までワンストップで行えますので、予約や通院の手間が最小限で済みます。

マウスピース矯正で痛みが生じることに不安を感じている方は、ぜひ「末広町矯正歯科」までご相談ください。

  • HOME
  • お知らせ
  • マウスピース矯正が痛いときの理由別対処法とやってはいけない3つのこと