マウスピース矯正 八重歯

マウスピース矯正で八重歯を治すメリットと3つの治療法

日本では、昔からかわいい女性の象徴として扱われることの多かった八重歯。

海外ではどう見られているかご存知ですか?海外では八重歯はただ歯並びが悪いだけと捉えられることがほとんどで、出世にまで影響を及ぼすそうです。とくに欧米ではさまざまな不正咬合の中でも、八重歯はドラキュラやオオカミ男などといわれ、ひときわ嫌われるようです。

日本人は顎が小さく、歯が収まりきらない方も多いため、八重歯になっている方が多くいます。近年のグローバル化により、八重歯を矯正しようと考える方も増えてきているのではないでしょうか。

どんな治療方法を選べるかは、歯の重なり具合や症状によって違ってきますが、今話題のマウスピース矯正でも八重歯を治せます。透明なマウスピースを装着するだけで歯並びを治せるマウスピース矯正は、周囲の人に矯正治療をしていることがバレたくない方や、日常生活にできるだけ支障なく矯正治療をしたい方におすすめの方法です。

この記事では、八重歯の詳細とマウスピース矯正で八重歯を治す3つの治療法についてご紹介します。八重歯の矯正を検討している方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

八重歯について

マウスピース矯正 八重歯

八重歯は一時期つけ八重歯なるアイテムまで出てくるほど流行していました。しかし、犬歯(前歯から数えて3番目の尖っている歯)が歯列からズレて重なっているように生えているためデメリットも多く、歯科医学的にあまり好ましいものではありません。

ここではまず、八重歯についての情報とデメリット、マウスピース矯正で治すメリットをご紹介します。

八重歯はどんな歯並び?

八重歯は乱杭歯(らんぐいば)と呼ばれ、歯並びがガタガタになってしまう叢生(そうせい)という不正咬合のひとつです。

犬歯が歯茎の上の方から外側に向かって生えていたり、他の歯と重なっていたりします。犬歯は尖った形状をしていて長いため、歯列の外側にはみ出してしまうと目立ちます。八重歯があるのとないのとでは、その人の笑顔の印象まで変えてしまうほどです。

八重歯になる原因

八重歯になる原因は人それぞれ異なり、多くの説も存在しています。その中から、八重歯になる代表的な原因をピックアップしました。

  • 顎が小さくて犬歯が生えるスペースが不足している
  • 歯が大きくて並びきれない
  • やわらかいものを食べることが多いと顎の発達に関与する

犬歯は永久歯の中でも生えてくる時期が遅いため、他の歯よりも歯列からはみ出しやすい傾向にあります。日本人は、もともと顎が小さいという特徴があり、骨格的に犬歯の生えるスペースが最初から足りないケースも。

また、現代人は昔と比べてやわらかい食べ物を摂るようになっていることも影響しています。力を入れて噛まなくても食べられるため、顎の発達がうまくいかず、犬歯が生えるスペースが足りなくなってしまうのです。

このほかにも、乳臼歯の虫歯や早期の歯の喪失なども原因のひとつであると考えられています。

八重歯で起こるデメリット

八重歯は本来生えるべきところではない場所に歯がある状態です。そのため、噛み合わせが悪くなり、食べ物をうまく噛めないと感じる方も。

以下は、八重歯で起こる代表的なデメリットです。

  • ぶつかって唇や頬の内側が切れることもある
  • 重なっている部分がよく磨けないため虫歯ができやすい
  • 虫歯を見つけにくい
  • 笑うと唇が引っかかる
  • 見た目がよくない
  • 口を閉じにくい

八重歯があることは見た目への影響もありますが、健康面からみてもよくありません。とくに八重歯が他の歯と重なっている場合は歯磨きもしにくく、さまざまな悪影響があります。早めに治療しておいて間違いないでしょう。

八重歯をマウスピース矯正で治すメリット

八重歯をマウスピース矯正で治すと、見た目だけでなく生活や健康面でもさまざまなメリットがあります。以下は、八重歯をマウスピース矯正で治すメリットです。

  • ワイヤー矯正よりも痛みが少ない
  • 金属アレルギーでも治療できる
  • 周囲の人に矯正しているとわかりにくい
  • 食事内容に制限が少ない
  • 歯磨きがしやすい

八重歯を矯正すると、口元全体の見た目が改善されるため、笑うことに抵抗がなくなります。思い切り笑えるので、周囲の人に明るくポジティブな印象を与えられるでしょう。

また、八重歯で噛み合わせが悪かったことで、噛むときに使う側頭筋に負担がかかっている場合も。この状態が続くと側頭筋が凝り固まり、血行が悪くなって頭痛や肩こりが慢性化する原因にもなります。

八重歯を矯正すると全身のバランスが整うため、咬合改善になるだけでなく体のお悩みまでなくなります。

マウスピース矯正で八重歯を治す3つの治療法

マウスピース矯正 八重歯

八重歯を治すには、矯正治療をしなければいけません。従来の矯正治療では、マウスピースでは八重歯に対応できずワイヤー矯正をしなければいけなかったため、審美性が損なわれたり痛みを伴ったりと不快感が強く、なかなか治療に踏み出せない方も多くいました。

しかし現在ではマウスピースの品質や技術が向上し、八重歯もマウスピース矯正で治療できるようになっています。

では、マウスピース矯正では具体的にどのような方法で八重歯を治療するのでしょうか。ここでは、マウスピース矯正で八重歯を治す3つの治療法についてご紹介します。

抜歯をしてスペースを作る方法

一般的にマウスピース矯正は、抜歯などの外科的処置が必要な矯正には不向きです。しかし、症例やマウスピースブランドによっては抜歯が必要なケースでも、マウスピースで矯正することができます。

以下は、矯正治療において抜歯が必要と判断されるケースの例です。

  • 歯が並ぶスペースが足りない場合
  • 親知らずが生えている場合
  • 口元の突出感が強い場合

一般的に八重歯の矯正では、犬歯は抜かずに他の歯を抜歯するケースが多いです。健康な歯を抜かなければならないため、患者さんにとってデメリットが多いように感じられるかもしれませんが、抜歯をせずに無理に歯を並べようとすると、かえって歯の寿命を短くしてしまう可能性もあるのです。

これから矯正治療をはじめるなら、本当に抜歯が必要なケースなのかをしっかりと見極めてくれる信頼できる歯科医院で治療を受けましょう。

歯並びを全体的に広げる方法

八重歯を矯正するために、奥歯を後ろに動かすか、歯列の幅を広げてスペースを確保するのもひとつの方法です。

歯列を広げるためには、広げる部分に顎の骨がなければいけません。そのため、矯正専用のレントゲンで側面から確認してから矯正を行っていきます。

歯を全体的に後ろに動かすことで、犬歯を並べるスペースが確保れば、抜歯をせずに八重歯を治すことが可能になります。

歯の横幅を小さくする方法

八重歯の程度があまりひどくない場合は、抜歯をする必要はありません。

この場合は、歯が動くスペースを確保するために、歯のエナメル質を削るIPR(ディスキング)という処置を行っていきます。

歯を削ると聞くと、滲みたりなんらかのデメリットがあったりするのではないかと不安になる方も多いでしょう。しかし、削るといっても約2mmある歯の表面のエナメル質のうち、0.2mm〜0.5mm程度を削るだけなので、滲みたり痛みを感じたりすることはありません。

このIPRという処置を歯の動きに合わせて行い、歯並びが整うようにサポートしてあげます。

さまざまな論文において、一定の範囲内であればエナメル質を削ってもリスクはないことがわかっています。歯科医院ではリスクのない範囲内でエナメル質を削りますので、安心して治療を受けてください。

まとめ

八重歯の詳細とマウスピース矯正で八重歯を治す3つの治療法についてご紹介しました。

八重歯はマウスピース矯正によって綺麗に治せることをおわかりいただけたでしょうか。現在では、これまでワイヤー矯正しか対応できなかったような症例にも対応できるようになっているため、矯正を敬遠していた方も気軽に八重歯を治せるようになっています。

しかし、矯正は専門性の高い分野であるため、どの歯科医院でも必ず綺麗に治療できるわけではありません。

「末広町矯正歯科」では患者様が安心して治療を受けられるように、治療の事前説明を重視し、困ったときはLINEでのご相談を受け付けるなど、さまざまな取り組みを行っております。

平日はお忙しい方でも負担なく来院していただけるように土日も診療を行うなどの配慮もしておりますので、お気軽にご来院ください。

また、「末広町矯正歯科」には、日本矯正歯科学会の認定医が在籍しておりますので、マウスピース矯正についても、経験豊富なドクターが患者様一人ひとりに応じた最適な治療プランをご提案いたします。無料カウンセリングも行っておりますので、気になることがあればなんでもご相談ください。

  • HOME
  • お知らせ
  • マウスピース矯正で八重歯を治すメリットと3つの治療法