マウスピース矯正 重度

マウスピース矯正は重度の叢生を治せない?適応しないケースと3つの対処法

今話題のマウスピース矯正は、マウスピース型の装置を装着することで歯並びを整えられる治療法です。透明なマウスピースを用いるので、痛みが少ないなどメリットも多く人気です。

従来のワイヤー矯正とは違い見た目にわかりにくいことから、これまで歯列矯正を諦めていた方などがマウスピース矯正を希望するケースも増えています。

マウスピース矯正は日ごとに技術が向上しており、メーカーによってはかなり多くの症例に対応しています。しかし歯並びには個人差があるため、残念ながら適応しないケースがあるのも事実です。

患者さんの歯や顎の骨、口の中の状態によっては、他の治療法が適している場合もありますので、マウスピース矯正にこだわらず最適な方法を選ぶようにしましょう。

この記事では、マウスピース矯正が適応しないケースと3つの対処法についてご紹介します。自分はマウスピース矯正が可能なのか気になる方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

マウスピース矯正が適応しないケース

マウスピース矯正 重度

マウスピース矯正は、患者さんの歯型やなりたい歯並びに合わせ、1本1本の歯に適切な力が掛かるように作られたマウスピースをを数日ごとに交換していくことで、正しい位置に歯を移動させていきます。

食事や歯磨きの際には自分で簡単に取り外せるので、近年希望する方も増えていますが、マウスピース矯正のみでは治せないケースもあります。

ここではマウスピース矯正が適応しないケースをご紹介しますが、歯並びは人それぞれ大きく違うものであるため、絶対に不可能だとは言い切れません。あくまでも一般的な例として参考になさってください。

重度の叢生(そうせい)

叢生とは乱杭歯とも呼ばれる歯並びで、歯列が綺麗に並んでおらず、ガタガタに生えている状態のことです。ほとんどの場合、顎が小さく永久歯の生えるスペース足りないことで起こります。

近年、叢生の方が増えているのは、やわらかい食事が増えたことにより咬む回数が減ったために顎の発達が未熟な日本人も増えているからです。そもそも日本人は顔が小さく、叢生になりやすい方が多いです。

マウスピース矯正は、軽度の叢生に適用されます。しかし、歯を抜かなければいけないなど、重度の場合は、ワイヤー矯正の方が治療がスムーズな可能性があります。

重度の受け口や出っ歯

重度の受け口や出っ歯の方も、マウスピース矯正では歯並びを整えられない場合もあります。

受け口は専門用語で「下顎前突」と呼ばれ、しゃくれていると表現されることもある症状です。重度になると、見た目が悪いだけでなく、サ行や英語の発音がしにくいなどの発音障害や咀嚼機能の低下、咬み合わせの悪さが原因で体に不具合が起こることもあります。

出っ歯は、専門用語で「上顎前突」と呼ばれる症状です。受け口と同様に、重度になると見た目がコンプレックスになるだけでなく、口が閉じにくいためにドライマウスになってしまいます。

受け口も出っ歯も、軽度であればマウスピース矯正での治療が可能です。しかし、重度の場合は骨格に問題があるケースも多く、外科的手術が必要になるとワイヤー矯正が選択される可能性があります。

重度の歯周病

マウスピース矯正に限らず、矯正治療を受けるには顎の骨が正常な状態であることが条件です。

歯周病は歯茎の腫れや出血を引き起こす病気であり、重度になると歯を支えている歯槽骨や顎の骨にまで炎症が広がり、歯がぐらついたり自然に抜け落ちたりする可能性もあります。

歯列矯正は、歯槽骨に埋まっている歯に人為的な力を加えることで移動させる治療です。進行した歯周病で歯槽骨や顎の骨が弱っている状態だと、移動させた先で歯が定着できません。そのため、重度の歯周病の方は、マウスピースに限らず矯正前に相談が必要です。

欠損歯の数が多い

生まれつき永久歯が欠損している方や、なんらかの原因で歯を失った方でも、基本的にはマウスピース矯正が適応されます。

しかし、欠損している歯や抜歯した歯の本数が多いと、マウスピース矯正では綺麗な歯並びにできません。

その理由は、マウスピース矯正は歯を外側や内側に動かすケースには向いていますが、長い距離を前後に移動させる処置には向いていないからです。歯の欠損が多ければ多いほど、歯を動かす距離が増えるため、治療にかかる期間が非常に長くなります。

インプラントが入っている

インプラントは、歯が欠損した部分にチタンやチタン合金の人工歯根を埋め込み、人工歯を取り付けたものです。動かす予定ではない箇所にインプラントが入っている場合はよいですが、歯列全体を動かしたり、インプラントが入っている歯自体を動かしたりすることは、矯正治療の性質上できません。

なぜならば、歯列矯正は歯が埋まっている周辺にある歯根膜という膜を収縮させて歯を移動させるからです。マウスピース矯正では、天然歯の歯根であることが非常に重要です。インプラントは歯根膜を取り除き、そこに人工歯根を埋め込んでいますので、マウスピースでは歯列を変えることはできないでしょう。

歯ぎしりがひどい

マウスピース矯正は、マウスピースをはめているときに少し歯ぎしりをする程度では簡単に壊れません。しかし、眠っているとき必ず歯ぎしりをする方や、普段から歯ぎしりが癖になっている方は、マウスピース矯正よりワイヤー矯正の方が向いている可能性もあります。

人間が歯を食いしばる力は思っている以上に強いため、頻繁に歯ぎしりをしているとマウスピースが耐えきれず、破損してしまうことがあります。

マウスピースが破損してしまうと新たに作り直さなければいけないのですが、海外で作成しているものや型取りからやりなおす必要のあるものもありますので、治療が途中でストップし、思ったように治療が進みません。

マウスピース矯正が適応しない場合の3つの対処法

マウスピース矯正 重度

歯列矯正をしたいけれど、マウスピース矯正が適応しないとショックを受けている方もおられるでしょう。他にも矯正治療の方法はたくさんありますので、安心してください。

ここでは、マウスピース矯正が適応しない場合の3つの対処法についてご紹介します。

他の種類の矯正器具を使う

一般的に、マウスピース矯正で治療できない場合は、ワイヤー矯正を選択することが多いです。最近では、ワイヤー矯正でも目立たないものが登場しており、以前のようにギラギラと口の中で装置が輝くようなことは少なくなってきました。

以下は、目立たない矯正治療の例です。

  • ホワイトワイヤーと審美ブラケットによるワイヤー矯正
  • 舌側矯正、リンガル矯正などの裏側矯正

ホワイトワイヤーによる矯正は、矯正治療をしていることは見てわかりますが、従来のものと比べてかなり目立ちにくくなっています。

また、裏側矯正は、歯の表側からは矯正していることがまったくわからないので、接客業などで人前に立つ仕事をされている方におすすめです。

抜歯治療が得意なマウスピースメーカーを選ぶ

マウスピース矯正は、できる限り非抜歯で治療を行いますが、歯が並ぶためのスペースを確保する場合に、抜歯をしてから歯列矯正を行うケースもあります。

その場合は抜歯治療が得意なマウスピースのメーカーを選びましょう。インビザラインは抜歯治療でも安定した結果が出るといわれています。

マウスピース矯正前にワイヤー矯正を行う

歯並び全体を変えていく必要がある場合など、マウスピース矯正のみでの治療が難しい場合は、マウスピース矯正前にしっかりとワイヤー矯正を行い、ある程度全体の歯を動かしてからマウスピースに切り替えて理想の歯並びに近づけていきます。

この方法で歯列矯正を行えば、ワイヤー矯正をする期間が短くて済みますし、マウスピース単独で治療するよりも期間を短くできます。

まとめ

マウスピース矯正が適応しないケースと3つの対処法についてご紹介しました。

上記のようなケースでも、歯科医師の技術や経験によってはマウスピース矯正が適応になる場合がありますので、まずは経験豊富で信頼できる歯科医院に相談するようにしましょう。

「末広町矯正歯科」では、日本矯正歯科学会の認定医が診療を行うため、マウスピース矯正が適応するか不安な患者様でも安心して受診していただけます。

マウスピース矯正は、日常生活での不快感や不自由感が少ない歯列矯正の方法です。多くの患者様が快適な矯正治療を受けられるように、一人ひとりに最適なプランをご提案いたします。

マウスピース矯正を検討している方は、ぜひ一度「末広町矯正歯科」までご相談ください。

  • HOME
  • お知らせ
  • マウスピース矯正は重度の叢生を治せない?適応しないケースと3つの対処法