マウスピース矯正

マウスピース矯正にデメリットはある?メリットとあわせて紹介

歯科矯正といえば、従来はワイヤー矯正が主流で、歯にワイヤー固定して歯を動かしていく方法だったため、矯正していることが周りにわかってしまったり、歯磨きが難しくなる煩わしさから、歯科矯正を諦めていたという方も多いのではないでしょうか?

ところが、近年ワイヤー矯正にかわる新たな歯科矯正方法として、目立ちにくいマウスピース矯正という、マウスピースを装着するだけの歯科矯正の方法が注目されています。

この記事では、マウスピース矯正のデメリットとメリットをご紹介します。

マウスピース矯正に興味がある方、デメリットを心配してマウスピース矯正を躊躇している方は、ぜひご参考にしてみてください。

マウスピース矯正のデメリット

マウスピース矯正 デメリット

マウスピース矯正を検討している方は、まずデメリットを理解し日常生活にどの程度の制限があるのかなどを知っておく必要があります。

まずは、マウスピース矯正のデメリットをご紹介します。

1日20時間以上は装着している必要がある

マウスピース矯正と従来のワイヤー矯正の大きな違いは、患者さまご自身で矯正器具を取り外すことができるという点です。

そのため、装着していることに煩わしさを感じて1日のうちに外している時間が長くなってしまうと、治療効果に大きな遅れが出てしまいます。

マウスピース矯正は、20時間以上装着している必要があるため、寝ているときだけではなく日中もマウスピースを装着している必要があります。

しかし、最初はマウスピースを装着していることに違和感を覚えることもありますが、何日か装着していれば自然と慣れてくるため、それほど心配することはないでしょう。

マウスピース矯正は、ワイヤー矯正と違いセルフコントロールが必要となる歯科矯正の方法です。自己管理によって、歯科医に指定された時間通り装着し、治療期間を延ばさないようにしましょう。

飲食の制限がある

マウスピース矯正を装着している間は、基本的に水以外の飲食はNGとなります。

お茶やコーヒーなども装置に茶渋がついてしまう原因となるため、避けたほうがよいとされています。

食事の都度マウスピースを外す必要があるため、間食が多い方、甘い飲み物を好んで飲む方は制限が多いと感じてしまうかもしれません。

しかし、マウスピースを外すことでこれらの飲食の制限はなくなるため、面倒でも食事の都度マウスピースを外して対応するようにしましょう。

食後の歯磨きが必ず必要

マウスピース矯正は、前述のとおり食事の都度マウスピースを外します。

そのため、食後に口内と装置のケアを正しく行う必要があるのです。

食べカスが歯についている状態でマウスピースを装着してしまうと、そこから虫歯が発生する原因にもなってしまいます。

とくに外出時の昼食後など、食後に歯磨きをする習慣がなかった方は面倒に感じてしまうかもしれませんが、本来は歯科矯正器具の有無にかかわらず食後は歯磨きをすることが必要です。

そのため、食後に歯磨きをする習慣が身につくことで、マウスピース矯正が終わってからも虫歯になりにくい口内環境を整えることにつながっていきます。

適用外の症例もある

マウスピース矯正は、歯を平行に動かすことが難しいとされています。そのため、以下のような症例は治療が難しいケースもあります。

  • 歯がデコボコしていて重なり度合いが重度の状態
  • 左右に顎がずれている状態
  • 上下の顎の骨の位置に、前後、左右のずれが生じている状態

通常このようなケースでは、抜歯をして空いた隙間を利用し、歯を移動させることで歯科矯正を行っていきますが、マウスピース矯正はそのような移動が難しく、ときにはワイヤー矯正と併用して歯科矯正を行う必要があります。

マウスピース矯正とワイヤー矯正を併用して治療を行うことで、上記のような例でも治療可能になる場合もあるため、歯科医師とよく相談して治療方法を選ぶようにしましょう。

マウスピース矯正のメリット

マウスピース矯正 メリット

マウスピース矯正のデメリットをご紹介してきましたが、デメリットとメリット両方を知り、日常生活にマウスピース矯正を取り入れることが可能かを考えてみましょう。

ここからは、マウスピース矯正のメリットをご紹介します。

透明で目立ちにくい

マウスピース矯正に使用するマウスピースは、透明なプラスチック製です。

そのため、ワイヤー矯正のように笑ったときに矯正器具が見えてしまうという心配がないことが特徴です。

ワイヤー矯正は、とくに笑ったときに矯正器具が見えてしまうことを嫌がり、写真に写るのを躊躇ってしまうような方も多数いらっしゃいます。

マウスピース矯正はそのような心配がなく、装着していてもわかりづらいため、中学生、高校生の多感な時期や接客業で常に笑顔が求められる方も安心して装着することができます。
芸能人でもマウスピース矯正を行っている方が増えています。

自由に取り外せる

従来のワイヤー矯正は自分で取り外すことは不可能なので、食事のあとの歯磨きが難しいというデメリットがありました。

しかし、マウスピース矯正は自由に取り外すことが可能で、食事による虫歯、歯磨きや咀嚼による器具の破損を心配する必要がありません。

ほかにも、企業の面接、結婚式などのイベントといった、どうしても外したいと思った際には手軽に取り外せるのが大きなメリットといえます。

その分1日20時間以上装着する必要があるという制限がありますが、必要なときに取り外せることで日々のマウスピース装着もストレスなく行うことができるでしょう。

通院頻度が少ない

ワイヤー矯正の場合は、1ヵ月に1度は通院してワイヤーの調整やゴムの交換などを行う必要がありますが、マウスピース矯正は1ヵ月~3ヵ月と通院頻度は大きく異なります。

マウスピース矯正は、患者さんご自身でマウスピースを付け替えていくため、ワイヤー矯正に比べて歯科医院でのメンテナンスの回数は減るのです。

さらに、症状によってはワイヤー矯正よりも短期間で治療が終わるケースもあります。

具体的な治療期間は症状によって異なりますが、3Dシミュレーションによって効率的に歯を動かすことができることもメリットとなります。

口内トラブルが少ない

ワイヤー矯正に比べると、マウスピース矯正は口内のお手入れが非常に楽で、虫歯になりにくい歯科矯正の方法であるといえます。

ワイヤー矯正は、歯にしっかり固定されている器具とワイヤーによって、どうしても食べカスが挟まりやすく、食事の都度鏡を見ながら歯間ブラシなどを使用して、口内を綺麗にする必要があります。

さらに、それでも足りない場合は、通院の都度歯のクリーニングを行うことも必要となってきます。

しかし、マウスピース矯正は食事の際に取り外す必要があるため、いつも通りの口内ケアを行うことができ、口内トラブルを予防することにつながります。

マウスピース自体も洗浄することが可能なので、常に口内を清潔な状態に保つことができ、従来問題視されていたような虫歯のリスクは非常に低くなっているといえます。

金属アレルギーの心配がない

マウスピース矯正は、金属不使用となっているため、金属アレルギーの方でも安心して装着可能です。

金属アレルギーへの不安から、歯科矯正治療をはじめられないと考えている方は非常に多く、口内に金属を装着するワイヤー矯正は金属アレルギーの方にとって、選択できない治療方法でした。

しかし、マウスピース矯正のマウスピースは医療用プラスチックを使用しているため体に安全で、今まで金属アレルギーによって治療を諦めていたという方も、治療をはじめることが可能です。

さらに、口腔内に装置を固定することで起こる問題として、口腔内の粘膜に装置が当たることで常に口内炎がある状態というのも、ワイヤー矯正をしている方にとっては悩みの種でした。

マウスピース矯正は薄いプラスチックを使用しているため、従来の器具のような口内炎や粘膜が痛むといったデメリットを解消できているのもおすすめできるポイントとなります。

まとめ

マウスピース矯正のデメリットとメリットをご紹介しましたが、参考になりましたか?

マウスピース矯正のデメリットを心配している方も多いのですが、デメリットを上回るメリットが存在することがおわかりいただけたのではないでしょうか。

マウスピース矯正は、周りに気づかれることなく歯を美しくすることができる方法です。

「誠実に、一生懸命に」をモットーにする「末広町矯正歯科」では、虫歯治療まで行えるワンストップ予約可のクリニックとして、矯正治療とともに虫歯治療も行っています。

治療の前には事前説明をしっかり行い、患者さまが納得できるような説明を心掛けています。

治療をはじめる前に治療計画を立て、患者さまが納得されたうえで治療をはじめるため、治療がスムーズになります。

マウスピース矯正をご希望の方へは、丁寧に診療を行い事前の検査や診断をもとに治療を提案させていただきます。

マウスピース矯正に興味があるという方は、ぜひ一度「末広町矯正歯科」までご相談ください。

  • HOME
  • お知らせ
  • マウスピース矯正にデメリットはある?メリットとあわせて紹介