マウスピース矯正 子供

マウスピース矯正で子供の歯並びは治る?失敗しないコツとメーカーの種類を紹介

子供の歯が永久歯に生え変わりはじめた頃、ふと歯並びが気になる親御さんは多いです。

「このまま歯並びがガタガタになってしまう前に、矯正をした方がいいのでは」と思う反面、「まだ乳歯が残っているのに、矯正治療をする意味はあるの?」と子供のうちから治療をはじめる必要があるのかお悩みになるでしょう。

矯正治療は永久歯がすべて生え揃ってからでも十分可能ですが、実は子供の頃から行うことでさまざまなメリットがあります。

歯並びや噛み合わせを整える矯正治療には、いくつか種類があります。

「子供の頃から矯正器具をつけているとからかわれたり、器具が当たって痛かったりするのではないか」と不安に感じる親御さんにおすすめなのが、マウスピースを装着するだけで歯並びが治せるマウスピース矯正です。

マウスピース矯正は、従来のワイヤー矯正などに比べて目立たずに治療ができるため、矯正治療をしていることがほとんどわかりません。しかも、自分で簡単に着脱が可能で食事や歯磨きなどの日常生活に支障が出ないため、親御さんも子供もストレスが少ない点もおすすめできるポイントです。

この記事では、子供のマウスピース矯正の詳細とマウスピース矯正で失敗しないコツ、マウスピース矯正メーカーの種類についてご紹介します。

子供のマウスピース矯正とは

マウスピース矯正 子供

マウスピース矯正は、マウスピースをはめたときにかかる力によって、徐々に歯並びを整えていく治療法です。大人の矯正治療では、近年かなり浸透してきており、ほとんど主流になりつつあるといってもよいくらいです。

では、子供でもマウスピース矯正が適応されるのでしょうか。ここでは、子供のマウスピース矯正について、治療時期ごとにご紹介します。

第1期治療について

子供のマウスピース矯正は、年齢によってその目的が大きく異なります。

第1期治療の対象となるのは、3歳頃から小学校高学年頃までです。乳歯のみ、もしくは乳歯と永久歯が混在している状態からスタートします。

成長期を利用して顎の形や大きさを整えるような、骨格の矯正がほとんどです。永久歯を正しい位置に導くための治療や、スペースの不足などが起こらないように土台を改善していく治療が多く、咬み合わせのバランスを整える目的でも行われます。

以下は、第1期治療で期待できる効果です。

  • 第1期治療のみで歯並びが整う
  • 第2期治療を行う必要がなくなる
  • 第2期治療の期間や費用、痛みなどの負担が軽減する
  • 第2期治療で抜歯をする可能性が低くなる

第1期治療は早期発見、早期治療が非常に大切です。子供の歯並びで気になるところがある場合は、できるだけ早く歯科医院に相談するようにしましょう。

第2期治療について

第2期治療の対象となるのは、すべての永久歯が生え揃った中学生や高校生です。

一般的に上顎骨は9歳から10歳頃、下顎骨は身長が伸びなくなる頃に完成するため、成長に適した装置を使用して歯並びを整えていきます。

マウスピース矯正の方法も、大人とほとんど同じです。マウスピースは透明で目立たないので、多感な思春期の子供でも矯正治療が受けやすいのではないでしょうか。

以下は、第2期治療で期待できる効果です。

  • 歯並びが整い、虫歯のリスクが低減する
  • 歯並びが美しくなり、笑顔に自信が持てる
  • 食べ物をしっかりと噛める

マウスピース矯正は、一人ひとりに合わせて作ったマウスピースを装着して、徐々に歯並びを治していきます。

歯並びは、歯だけでなく口周りの筋肉や舌の動き、日常生活の癖などにも影響されるものです。マウスピース矯正をすることで正しい舌の位置がわかるので、その周辺の筋肉が鍛えられ、顎や首、フェイスラインがシャープになる効果もあります。

子供のマウスピース矯正で失敗しないコツ

マウスピース矯正 子供

マウスピース矯正は、正しく使用することで非常に有効な小児矯正器具になります。子供の将来のためにせっかく治療を受けさせるのですから、失敗しないで済むようにしたいものです。

ここでは、子供のマウスピース矯正で失敗しないコツを3つご紹介します。

マウスピースを口に入れられるか見極める

子供のマウスピース矯正は、マウスピースを口に入れられることが前提です。まずは子供がマウスピースを口の中に入れられるのかを見極める必要があります。

現在の小児用マウスピースは厚めに作られているため、はじめて装着するときに辛そうな顔をする子も多いです。1度口の中に物を入れてえずいてしまうと、その経験がトラウマ的になって嘔吐反射が起きてしまうこともあります。

マウスピースに限らず、物が口の中に入るとえずいてしまう場合は、無理をせずワイヤー矯正などにするのもひとつの方法です。

子供がマウスピースを口の中に入れられるようになるには、親御さんの応援が必要です。マウスピースを口の中に入れることが嫌いになってしまわないよう、ポジティブな言葉で応援してあげてください。

マウスピースをきちんと付けられるようにする

マウスピース矯正は、きちんと正しく装着することで効果を発揮します。つまり、ただ付けているだけでは、ほとんど効果を感じられないということです。マウスピースがすぐに破けたり壊れたりするのも、使い方が間違っているために起こります。

マウスピース矯正を進めるには、きちんと装着しなければいけませんので、子供が上手にできたときには、親御さんが褒めて盛り上げてあげましょう。

きちんと付けられるようになるまでは、少ない回数からはじめて徐々に慣れさせていくのもよい方法です。

装着時間を守る

マウスピース矯正は、自分で取り外しが可能なため、次第に装着するのが面倒になってくることがあります。とくに子供は口の中の異物を嫌がることが多いので、親御さんが装着時間を守るように促すことが非常に大切です。

マウスピース矯正の装着時間は、使用するマウスピースメーカーの種類によって異なります。装着時間を守れないと、治療の効果が得られないこともあります。歯科医師に指示された装着時間をしっかりと守るようにしましょう。

子供の歯列矯正で使用するマウスピースメーカーの種類

マウスピース矯正 子供

上記でもご紹介したように、子供の第1期治療は歯並びを整えるというよりも、成長期を利用して骨格や舌の位置などを整える治療が中心です。

ここでは、子供の第1期治療でよく使用されるマウスピース矯正メーカーをご紹介します。

インビザラインファースト

インビザラインファーストは、マウスピース矯正でもっとも有名なインビザラインの混合歯列期用の矯正装置です。これまで主に第2期治療で使用されていたインビザラインですが、技術の進歩によって乳歯と永久歯が混在する第1期治療にも使用できるようになりました。

以下は、インビザラインファーストの特徴です。

  • コンプライアンス・インジケータで装着時間に応じて色が変化
  • 萌出タブ、萌出スペースで将来的に永久歯が萌出する予定の場所に空間を作れる
  • 通院回数が少ない
  • クリンチェックで治療の道筋を事前に確認できる

インビザラインと同様に、1日20時間以上の装着が必要です。顎の成長をコントロールする装置と歯並びを整える装置を別々に使用する必要がないため、従来の矯正装置よりも早く綺麗に歯列を整えられます。

ムーシールド

ムーシールドは、主に乳歯列期の反対咬合を治す装置です。

以下は、ムーシールドの特徴です。

  • 舌の正しい位置への誘導
  • 口の周りの筋肉を訓練してバランスを調整
  • 装着は日中1〜2時間と就寝時、1日合計10時間くらい

歯を直接動かすのではなく、間接的に歯並びを悪くしている原因にアプローチしていきます。

症状に応じて幾つかのサイズがあるため、一人ひとりに適した治療が可能です。取り外し式なので、子供も親御さんも無理なくはじめられます。

T4K(ティーフォーケイ)

T4Kは、TRAINER FOR KIDSの頭文字をとったもので、6歳から12歳頃までの混合歯列期に使用する矯正装置です。マウスピース型の装置を装着し、口腔筋のトレーニングをします。

以下は、T4Kの特徴です。

  • 叢生、上顎前突、交差咬合などさまざまな歯並びに対応
  • 装着時間は1日10時間以上
  • ワイヤー矯正の約10分の1の費用で矯正治療ができる

継続してトレーニングを行うことで、正しい歯と顎の位置付けが可能です。また、間違った舌の位置や口呼吸の改善ができるため、正しい舌の使い方や食べ方、飲み方ができるようになります。

まとめ

子供のマウスピース矯正の詳細とマウスピース矯正で失敗しないコツ、マウスピース矯正メーカーの種類についてご紹介しました。

子供の歯並びが悪いと感じたら、早めに矯正治療を行うのがおすすめです。とはいえ、費用面や治療法などについて不安を感じる親御さんもおられるでしょうから、まずは歯科医院で歯列矯正についてよく相談し、納得のいく治療を受けるようにしましょう。

「末広町矯正歯科」ではマウスピース矯正をはじめ、さまざまな矯正装置をご用意しており、最適な方法でお子様の歯並びや噛み合わせの治療を行います。明るく清潔な治療環境をご用意し、患者様にまた来たいと思っていただけるように心がけております。

土日も診療を行っており、忙しい親御さんも休みの日にお子様とお出かけついでに来院していただけますので、お子様のマウスピース矯正治療を検討されている方は、お気軽に「末広町矯正歯科」までご相談ください。

  • HOME
  • お知らせ
  • マウスピース矯正で子供の歯並びは治る?失敗しないコツとメーカーの種類を紹介