千代田区秋葉原の矯正歯科・末広町矯正歯科のコラム

平日 11:00〜19:00(土日は18:00まで)
月・木・祝休

03-5834-3690 初診予約はこちら LINE予約相談はこちら
矯正歯科

歯科矯正の値段はどのくらい?治療法による違いや支払い方法をご紹介

矯正歯科

歯に矯正用の器具を付けている方を見かけたことはよくあるかと思います。

しかしあの治療が、歯の治療でよく見かけるような額ではないことをご存じですか?

歯の矯正治療の相場は10万~150万円と、一般的にちょっと払いにくい程高額です。

では、何故高額なのか、その理由や実際の治療内容、支払い方法など、これから歯科矯正を検討したい方にもよく分かるようにご紹介します。

歯科矯正はどうして高額なのか

虫歯や歯周病など、病気として治療が必要な場合は、健康保険が適用になります。

しかし、病気を引き起こすとは言えない程度の歯並びを綺麗に揃えるという場合は審美歯科にあたり、基本的に医療保険の対象外になるので、費用は実費扱いになります。

同じく生命保険などの民間の医療保険も、歯科矯正では対象になりません。

加えて、矯正は患者様毎の口腔内の事情に合わせての治療になるので、オーダーメイド並みのコストがかかるのも高額になる理由といえます。

歯科矯正に必ず含まれる料金

虫歯が痛くて歯医者を受診するとレントゲン撮影をするように、矯正をする場合も、口腔内の状態を把握したり、治療計画を立てる為の情報を確認したりする必要があります。

治療のメインになる矯正装置料金と毎月の調整料金などの他、いわゆる問診や撮影、検査などの料金が発生します。

矯正治療前には、

    • カウンセリング(相談)料…無料~約1万円

診断(撮影などを含む)…2万~7万円

などが必要になります。

カウンセリングでは治療の他にも、料金の支払い方法を相談したい方が必ずいらっしゃると思いますが、ここについては無料で行ってくれる医院も少なくありません。

そして治療後は

    • 保定(リテーナー)装置費用…無料~約6万円

保定観察料(1回)…無料~約5千円

が必要になります。

リテーナーとは、歯が移動して矯正を終えた後、そのまま放置すると元の場所に歯が戻ってしまう可能性があるので、その戻りを防ぐ装置です。

治療完了後、約1年程度はこのリテーナーを装着し、経過を観察する必要があるのですが、ここの料金も、治療に含めることで実質無料としている医院があります。

治療そのものの他に料金が発生する項目については以上ですが、矯正を検討している場合、この辺りが実際どの程度の負担になるのか、カウンセリング時にきちんと確認しましょう。

歯科矯正の値段は治療法や期間で変わる

ほんの少しのズレが気になる、目立ってズレているから恥ずかしいなど、歯の矯正を希望される患者様は、それぞれに違う悩みを抱えています。

その悩みを解消するべく治療方法を選択することになりますが、例えば歯を大きく移動させたい場合、無理な力をかけて急激に歯を移動させることは困難なので、それなりに時間をかけます。

揃えたいのが前歯のみなのか、奥歯が含まれるのか等、移動する歯やその本数によっても、かかる時間が変わってきます。

その他にも、治療中に矯正器具が目立たないものは、やはり高額になります。

そして、矯正は日々移動する歯の位置を、定期的に確認し、必要であれば装置を調整しますが、それについても料金が発生します。

歯科矯正の具体的な治療方法とその料金の相場を、見やすい一覧表にしましたので、参考にしてください。

治療方法装置料金調整料金治療期間メリット・備考
ラビアル矯正(表側)シルバーワイヤー

約60万〜150万円

毎月

5千~6千円

2〜3年最もスタンダードな方法

全ての症例に対応できる

ホワイトワイヤー

約70万~160万円

毎月

7千円前後

舌側(裏側)矯正ハーフリンガル

約80万~130万円

※装置が既製品かオーダーメイドかでも金額に違いがある

毎月

シルバーワイヤー

9千円前後

ホワイトワイヤー

約1万1千円

2年半上は裏側

下は表側

※下は下唇に隠れて目立たない

フルリンガル

約100万~150万円

毎月

1万1千円

2〜3年上下とも裏側
インプラント矯正1本につき

1万~5万円

毎月

5千円前後

半年~1年外科的手術が必要
マウスピースクリアアライナー

20万~70万円

※歯が動くたび型取りして再作成

2週間~1ヶ月に1回

約1万円

2~3年透明なマウスピース
インビザライン

約90万円

1~3ヶ月に1回

3千~5千円

3D撮影によるデータ採取で、型取りは最初の1度だけ
小児矯正ラビアル矯正

Ⅰ期につき約30万円

毎月3千~5千円一般的には乳歯時期と永久歯時期の2回行う

治療期間についてはⅠ期のみで終えられる等、成長や状態により方法も変わるので一概には言えない

Ⅱ期終了時には保定料も発生

裏側矯正

Ⅰ期につき70万~90万円

毎月5千~1万円
マウスピース矯正

60万~80万円

毎月5千円前後

歯科矯正は自由診療であり、各料金の設定額や取り扱っている支払方法、そして歯科医院によっても、それぞれ違います。

表内の数字は一般的な例ですので、相談の際にしっかり確認しましょう。

歯科矯正の料金制度について

歯科矯正は高額になりますので、いわゆるセット割が支払い易かったり、装置や処置毎に料金が発生する方が分かり易かったりなど、メリットデメリットがそれぞれあります。

医院によっても料金体系に違いがありますので、治療をご希望の医院に前もって確認しましょう。

総額制(トータルフィー制)

総額制は、治療にかかる料金を事前に計算して全額を支払う、いわゆるセット料金制で、もし治療が長引いても、後で追加料金を支払う心配がありません。

治療中に虫歯になったり抜糸が必要になった場合、その部分は保険適用になりますので別途料金が必要になります。

ローン支払いがあるとはいえ、ひとまとめに支払うので大変ですが、追加がなく、前もって総額が明瞭に分かるところが安心です。

ちなみに、セット料金だからといってどの治療も一律同額ではなく、難易度や本数などの治療内容によって金額に違いがありますので、注意しましょう。

処置別支払い制

上述したような、各治療経過によって発生する処置毎の料金がそれぞれ設定されていて、必要な処置をする度に料金を支払うシステムが、処置別支払い制です。

処置毎の支払なので一気に高額に支払うことはありませんが、治療が長引いた場合、思ったより総額が高額になる可能性が出てきます。

歯科矯正の料金の支払い方

高額になる歯科矯正ですが、治療を続けやすいように、支払方法も様々な方法が用意されています。

医院によっては取扱いのない支払方法もあり、大事なポイントになりますので、料金体系と共にカウンセリング時に詳しく確認しておきましょう。

一括払い

現金払いやクレジットカードなど、支払い方法はそれぞれですが、治療前に一括で支払う方法です。

デンタルローン

民間の信販会社が取り扱っている医療ローンで、一般のローンに比べれば金利が低めですが、審査があります。

治療を受けている医院が提携しているローンもあれば、取扱いの無い場合は自分でローン会社を利用することも可能です。

クレジットカード

通常のクレジットカードの利用になりますが、年10~15%と。金利が高めになります。

ご自身が持っているカードではどのような支払が可能か、その医院で取扱いが可能か、検討してみる必要があります。

院内分割払い

院内分割払いを取り扱っている医院の場合、金利や手数料、そして一般的には審査もないのでどなたでもご利用頂くことができるメリットがあります。

支払える期間が治療中に限られるため、支払回数がローンと比べると少ないところがデメリットです。

銀行や信用金庫の自由ローン

年4.3%〜年6%程度と、金利が割と低くなっている銀行や信用金庫の自由ローンを利用する手もあります。

しかし、申込に関しては書類をご自身で揃えたり、審査があったり、また実際に窓口に出向かなければならないなど、少し面倒なイメージです。

歯科矯正料金の負担を軽くする方法

審美目的のみの歯科矯正は実費のみになりますが、健康を害する可能性がある場合や、指定された症状の場合など、自己負担が軽減できるケースがあります。

医療費控除

その治療があった年の、1月から12月までの患者を含む世帯の医療費合計が、(世帯の総収入によって変わるが)足きり額の10万を超える場合、確定申告すると、10万を越えた金額にその世帯の税率をかけた分が還付されるという制度です。

収めた税金が一部免除されて還付されるという解釈であり、10万円を超えた医療費部分がそっくりそのまま戻ってくるわけではないので、思ったより低い金額の還付になるイメージになります。

成長過程のお子様の咬み合わせが悪い(不正咬合)など、健康を害する可能性などがある場合に利用できる制度であり、その矯正が審美目的のみで合った場合は対象になりません。

健康保険適用

生まれつき噛み合わせが悪く、明らかに健康を害する歯並びを矯正するということであれば、健康保険が適用されます。

    • 指定されている59の疾患

著しく異常である顎変形症

前歯の永久歯が3本以上生えてこないことが原因で起きる噛み合わせの異常

歯科医師の診断により、以上の3つの場合には保険適用の対象です。

まとめ

歯科矯正は、最適な治療方法、料金の計算方法や、治療の進め方・進み具合など、様々な要因で金額が変わってきますし、治療前の相談の時点でも料金が発生する医院もあります。

当院は、LINEでの無料相談や、多様な支払方法、導入医院の少ない最先端のデジタルスキャナーなど、患者様のニーズに合わせた治療が可能となっております。

高額な支払いを負っての治療ですので、しっかりと相談し、納得のいく治療ができる矯正歯科をお探しであれば、ぜひお気軽に「千代田区の矯正歯科専門・末広町矯正歯科」までご相談ください。

初診相談無料!
まずはお気軽にご連絡ください

平日 11:00〜19:00(土日は18:00まで)月・木・祝休 03-5834-3690
診療予約はこちら LINE無料相談はこちら