歯列矯正 子供

歯列矯正を早くはじめるべき子供の歯並びと歯科医院を選ぶ3つのポイント

「子供の歯並びがよくない気がする」「でも歯列矯正をするほどなのかしら」

おそらく小さな子供のいる親御さんの中には、このようなお悩みをお持ちの方もいるのではないでしょうか。

歯列矯正は多額の費用がかかったり、長い期間矯正器具をつけてなければならなかったりするイメージもあります。本当に治療が必要なのかわからず、なかなか歯科医院へ足が向かないという親御さんも多いため、いつしか歯並びを気にしていたことなど忘れてしまったというケースも。

不正咬合という状態は、乳児から小学生くらいの乳歯期から確認できます。永久歯に生え変わると改善されるケースもありますが、この時期に異常が確認された場合は生え変わっても不正咬合になる可能性が高いです。幼少期の早い時期から治療をはじめた方がよい歯並びもありますので、早めに歯科医院へ相談するべきなのです。

この記事では、歯列矯正を早くはじめるべき子供の歯並びと、歯科医院を選ぶときの3つのポイント、子供の歯列矯正に関するQ&Aをご紹介します。

歯列矯正を早くはじめるべき子供の歯並びとは?

歯列矯正 子供

子供の歯列矯正には、乳歯が生えそろった頃からはじめる第1期治療と、永久歯が生えそろってから行う第2期治療があるのをご存知ですか?第1期治療では、主に顎の成長を促して正しい位置に誘導したり、永久歯が生えるすき間を作る治療を行います。

子供が将来綺麗な歯並びを手に入れるためには、第1期から治療をはじめた方がよいケースもいくつかありますので、下記でご紹介していきます。

反対咬合

反対咬合とは、いわゆる受け口のことで上の前歯よりも下の前歯が前にある噛み合わせのことです。放っておくと、上の前歯による押さえがないため、成長とともに症状がひどくなるケースも多いです。

子供が反対咬合になる原因には、以下のようなことが挙げられます。

  • 上顎が小さい
  • 上の前歯が内側に傾いている
  • 親からの遺伝
  • 食生活
  • 普段の寝かた
  • 舌の癖

顎の大きさについては遺伝的な部分が大きく、大人になってから治療しようとすると顎を切って治す外科的手術が必要になる場合もあります。そうならないためにも、第1期から歯列矯正をして負担を少なくすることが大切なのです。

交叉咬合

交叉咬合とは、上下の歯の噛み合わせが横にずれて交叉している状態のことです。すれ違い咬合やクロスバイトとも呼ばれる歯列で、食べ物を噛む際に顎をずらして噛む癖がついてしまうこともあるため、顔が歪んだり、顎関節症になる危険性があります。

以下は、交叉咬合の原因です。

  • 左右非対称な顎の成長
  • 指しゃぶり
  • 舌の癖
  • 口呼吸
  • ほお杖

交叉咬合は、主に後天的な原因で起こります。放置してしまうと、成長するにつれて、さらに下顎の偏位(上顎の真ん中と下顎の真ん中が合っていない状態)が大きくなる可能性もあるので、早いうちから治療をはじめるのが好ましいです。

萌出不全

萌出不全とは、後に生える永久歯がなく、乳歯がいつまでも抜けない(先天性欠如歯)、あるいは永久歯があるのに適切な時期を過ぎても生えてこない(萌出遅延)、なにかしらの原因によって永久歯が生えてこられない(埋伏歯)状態のことです。

以下は、萌出不全の原因の例です。

  • 遺伝性歯牙形成不全、骨系統疾患、くる病などの全身疾患
  • 生まれつき永久歯がない
  • 永久歯があっても生えてくるスペースがない
  • 過剰歯や癒合歯がある
  • 乳歯の早期損失

ただ遅いだけであれば心配することはありませんが、なんらかの原因によって生え変わりがうまくいかない場合はその後の歯並びや歯、顎の健康に大きく影響するため、早いうちから歯列矯正を行った方がよいでしょう。

子供の歯列矯正で歯科医院を選ぶときの3つのポイント

歯列矯正 子供

近年、不適切な矯正歯科治療が問題となっており、治療の失敗などでトラブルになっている例もあります。

安易に治療を開始してしまうと、必要以上に治療期間がかかったり、治療する必要のない歯まで歯列矯正を行ったりするケースもあるため、親御さん自身が正しい知識をもって歯科医院を選ぶことが大切です。

ここでは、子供の歯列矯正で歯科医院を選ぶときの3つのポイントについてご紹介します。

矯正歯科学会の認定医が在籍している

矯正治療には、高度な治療技術と専門知識が必要です。子供の歯列矯正の場合は、小児歯科専門の歯科医院でも矯正治療を受けられることが多いです。

ただし、矯正歯科専門と小児歯科専門のどちらであっても矯正歯科学会の認定医、専門医であることが歯科医院を選ぶうえで非常に重要な要素となります。

実は歯科医師であれば誰でも診療科目を標榜できるため、診療科目に歯列矯正が入っていたとしても専門医でない場合もあります。

一方、矯正歯科学会の認定医や専門医は定められた基準を満たし、試験に合格した医師だけに与えらえる資格です。認定医や専門医であるかは、ホームページなどで確認するか、実際に歯科医院へ足を運び、カウンセリングで質問してみることをおすすめします。

資料にもとづいて丁寧に説明してくれる

子供の矯正治療を行う際、適切な精密検査も行わずに治療をはじめることはあり得ません。一般的には、以下のような事前検査を行ってから治療をはじめます。

  • 口腔内診査
  • レントゲン撮影(頭部、口腔内)
  • 口腔内写真、顔面写真などの写真撮影
  • 歯の型取り
  • 咬合採得

治療前にこれらの検査で必要な資料を揃え、結果に基づいた検査や分析、診断を行ったうえで治療方針について丁寧に説明してくれる歯科医院は信頼性が高いでしょう。

しかし、歯列矯正の治療を受けるかどうかは、費用などの面から考えても簡単に決められることではありません。まずは、事前カウンセリングで診療システムや抜歯の可能性、治療にかかる期間や費用など、検査をしなくてもわかる範囲で説明してくれる歯科医院を選ぶことが大切です。

無理に治療を勧めない

上述したように、歯列矯正には費用と時間が必要です。また、矯正治療は子供と親が協力して行わなくてはいけませんので、子供自身のやる気もとても重要になってきます。

そのため、歯列矯正の開始をすぐに決断できない場合も、無理やり治療を勧めず、寄り添って話を聞いたり、他の治療法はないか一緒に考えてくれたりするような歯科医院で治療を受けるべきです。

子供に合った歯科医院を見つけるのは非常に大変なことですが、子供の将来のためにもいくつかの歯科医院でカウンセリングを受けてみるとよいでしょう。

子供の歯列矯正に関するQ&A

歯列矯正 子供

親御さんはいつでも子供の健やかな成長を願っているものです。歯列矯正も子供の健康に関係する重要な問題ですが、矯正治療をしなければと思いつつ、なかなかはじめにくいという親御さんもいらっしゃいます。

そこでここでは、子供の歯列矯正に関するQ&Aをご紹介します。

Q:以前、矯正治療をするのはまだ早いといわれたのですがいつはじめればよいですか?

日本は先進国の中でもデンタルIQが低い国として有名です。ヨーロッパをはじめとする欧米諸国では、子供の頃に歯列矯正を行うのが当たり前で、その有効性も確立されています。

日本ではいまだに小児矯正の有効性や診断基準が浸透しておらず、なかなか一般化していないのが現状です。

もちろん、第1期から治療をはじめるべき場合とそうでない場合がありますので、心配な場合は信頼できる歯科医院で相談してみましょう。

Q:矯正治療中は虫歯になりやすくなりませんか?

矯正治療では、歯に装置をつけて歯並びを治していきます。装置をつけることによって食べカスや歯垢が溜まりやすくなり、歯磨きもしにくくなるため、通常の状態より虫歯になるリスクが高まる可能性もあります。

しかし近年、マウスピースを装着するだけで歯並びを整えられる矯正方法が登場しており、虫歯のリスクが少ない歯列矯正も可能です。

マウスピース矯正は、食事や歯磨きの際は自分で着脱できるので、通常と同じように歯磨きができます。虫歯のリスクが心配な方は、マウスピース矯正を検討されてはいかがでしょうか。

Q:できれば矯正治療を受けたくないのですが、自然に治ることはありますか?

矯正治療は子供への負担も少なくないため、できれば受けさせたくないという親御さんもいらっしゃいます。

歯と歯に隙間が空いている場合などは、乳歯から永久歯へと生え変わるときに治るケースも多いです。しかし、受け口や歯の生えるスペースが足りない場合などは自然に治ることはほとんどありませんし、放置してしまうと重症化、複雑化してしまう可能性もあります。

不正咬合が自然に治ることは可能性としてはありますが、症状や年齢にもよりますので、歯科医師とよく相談するようにしましょう。

まとめ

歯列矯正を早くはじめるべき子供の歯並びと、歯科医院を選ぶときの3つのポイント、子供の歯列矯正に関するQ&Aをご紹介しました。

子供の歯列矯正の基本的な考え方は、大人の場合とは少し異なります。大人になって歯並びで悩まないために、子供の時期にしかできないこともありますので、
子供の歯並びが気になる場合は早めに歯科医院へ相談するようにしましょう。

「末広町矯正歯科」では、日本矯正歯科学会の認定医が在籍し、大切なお子様の歯に最適な歯列矯正を行います。明るく清潔な治療環境をご用意しておりますので、お子様もリラックスして治療を受けていただけるはずです。

治療の事前説明を重視し、親御さんがきちんと納得されてから治療を開始しますので、お子様の歯列矯正を検討されている方は、「末広町矯正歯科」の無料カウンセリングを受けられてはいかがでしょうか。

  • HOME
  • お知らせ
  • 歯列矯正を早くはじめるべき子供の歯並びと歯科医院を選ぶ3つのポイント