婚活

歯列矯正中に婚活をするメリットや注意点を紹介

歯列矯正をしている方でこれから婚活しようとしている方、もしくは、婚活をしていてこれから歯列矯正をしたいと考えている方は「矯正をしていても婚活ができるだろうか…」と不安ですよね。

歯列矯正と婚活のどっちを優先させるべきかというお悩みも多いのですが、歯列矯正中でも婚活に対する影響はほぼないと考えてよいでしょう。

しかし、矯正期間中の婚活には注意点も存在するため、事前に確認しておく必要があります。

この記事では、歯列矯正中に婚活をするメリットや注意点をご紹介します。

歯並びも気になるけれど婚活もしたいとお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

歯列矯正の種類

婚活

歯並びが悪いことで起こる、トラブルやコンプレックスを解決するために行う歯列矯正には、以下のような種類があります。

症例や希望によって種類を選択することができますが、それぞれどのような特徴があるのかを知っておきましょう。

  • ワイヤー矯正
  • 裏側矯正
  • マウスピース矯正

ワイヤー矯正は、ブラケットと呼ばれる装置を歯の表面に取り付け、ワイヤーを通して力をかけることで歯を移動させる方法です。適応範囲が広くさまざまな症例を治療することができますが、装置が目立ちやすく取り外しができないことが特徴です。

裏側矯正は、歯の裏側にブラケットを取り付けてワイヤーを通し、歯を動かす方法です。表面にブラケットを取り付けないので、笑っても外から見て矯正をしていることがわからないというメリットがある反面、口内を傷つける可能性や食事制限などがあることがデメリットです。

マウスピース矯正は、取り外しのできるマウスピースを治療段階に合わせて新しい装置に交換していくことで歯を動かします。取り外しが可能なので、食事の制限もなく痛みも少ない反面、装着する時間を守らないと治療の効果が出ないという特徴があります。

マウスピース矯正のメリットについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください

マウスピース矯正にデメリットはある?メリットとあわせて紹介

歯列矯正中に婚活をするメリット

婚活

歯列矯正中に婚活をするのをためらってしまう方もいらっしゃいますが、実はメリットも多くあることを覚えておきましょう。

ここからは、歯列矯正中に婚活をするメリットをご紹介します。

美意識が高いと思われる

マウスピース矯正という矯正方法が一般的に知られるようになり、大人になってから歯列矯正をする方も増えています。

コロナ禍でマスクをする生活が続いていますが、実はオンラインでのコミュニケーションで口元を気にしてしまうという方は意外に多く「キレイライン矯正調べ」によると、3人に1人が「普段より相手の顔に注目してしまう・相手の視線が気になる」と回答しています。

オンラインでのやりとりも増えていることから、婚活中にマスクを外す機会も多々あることでしょう。

そのため、婚活中に歯列矯正をしていると「美意識が高い人なんだな」と思ってもらえる可能性が高く、反対に歯列矯正をせずに歯並びが悪い状態だと「自分の歯並びを気にしない人なんだな」という印象を与えてしまうでしょう。

清潔感があるように思われる

全国の20~60代の男女1030人に向けて行われた「日本臨床 矯正歯科医会」による「矯正歯科治療に関する意識調査」の結果、歯並びが美しい人から受ける印象の「清潔感がある」という項目が78.7%を占めています。

歯列矯正をしているということは、歯並びに気を使っているのだという印象を与えることができ、清潔感があると思ってもらえるでしょう。

また、歯列矯正中は食事のたびに歯を磨くなどのケアも必要となるため、そのような行為からも、清潔にすることを心掛けているという印象を持ってもらえます。

経済力があるという印象を与えられる

歯列矯正には費用がかかるという印象をもっている方が多いと思いますが、実際に以下のような費用が必要となります。

  • ワイヤー矯正…約60~100万円
  • 裏側矯正…約100~150万円
  • マウスピース矯正…約80~100万円

このように、歯列矯正は高額な医療となるため、自分の歯並びを矯正するためにこれだけの費用をかけることができることに、経済力があるのだという印象を与えられます。

婚活において相手の経済力は非常に重要な要素となるため、経済力があるという印象を与えられることはメリットとなります。

歯列矯正中に婚活をする際の注意点

婚活

メリットの多い歯列矯正中の婚活にも、注意すべき点があるため事前に把握しておきましょう。

ここからは、歯列矯正中に婚活をする際の注意点をご紹介します。

食事の際のマナーに気を付ける

食事の際はワイヤー矯正とマウスピース矯正で注意すべき点が異なるため、それぞれ確認しておきましょう。

【ワイヤー矯正】

  • 前歯で咬むものは矯正器具に挟まる可能性がある
  • 人前で口に詰まったものを出さない

【マウスピース矯正】

  • 人前でマウスピースを外さない
  • 食事のあとに歯磨きと装置の再装着をする必要がある

どちらにも共通していえることは、相手に不快な思いをさせる行動は避けるということです。口の中から食べ物や矯正器具が出てくるところを見せられたら、誰でも不快な思いをしてしまいますよね。

口内の清潔を保つために歯磨きや口をゆすぐこと、マウスピースを外すなどの行為は、相手を思いやりながら行うようにしましょう。

相手に歯列矯正中と理解してもらう

歯列矯正をしていると、食事の制限があったり歯を磨く回数が増えたりします。そのため、事前に婚活相手に「矯正中だから〇〇は食べられない」「歯磨きで席を外す回数が増える」ということを伝えておきましょう。

その際、矯正期間も伝えておくと「〇年後には綺麗な歯並びになるのか」というイメージを持ってもらいやすくなります。

二人で食事に行く際に矯正期間中だということを知らせずに、相手主導で食べるものを決められてしまうと、食事に苦労する可能性があるため注意が必要です。

相手とのキスをためらわない

とくにワイヤー矯正をしていると「キスをして相手の唇を傷つけてしまわないか」と不安になることから、相手からのキスを拒んでしまわないよう気をつけましょう。

相手には「キスを拒まれた」という事実だけが伝わってしまい、歯列矯正をしているからだということまで考えが及ばない可能性もあります。

キスを拒んだことによって婚活が失敗してしまう可能性もあるため、前述したように相手に歯列矯正中だということをしっかり理解してもらい、お互いに気をつけてキスをすれば相手の唇を傷つけてしまうことはありません。

婚活中はマウスピース矯正がおすすめ!

婚活

婚活中の歯列矯正がどうしても心配という方は、ワイヤー矯正ではなくマウスピース矯正を選ぶようにしましょう。

マウスピース矯正なら、食事や大事なときに取り外しが可能なので、最初は歯列矯正をしていることを話したくないなどの事情がある方も、安心して婚活中に治療ができます。

また、装置が目立たないため、写真などを撮っても笑ったときに矯正器具が見えないこともポイントです。

通院頻度もワイヤー矯正に比べて少なくて済むため、婚活の予定を立てやすくなります。

しかし、マウスピース矯正は取り外しが可能とはいえ、1日の装着時間が20時間以上と決まっているため、あまり長時間外さないよう気をつけましょう。

マウスピース矯正にもさまざまな種類があるため、上記のようなメリットを婚活で発揮できる器具を選ぶようにしましょう。

マウスピース矯正の種類について詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

マウスピース矯正の種類とインビザラインをおすすめする理由

まとめ

歯列矯正中に婚活をするメリットや注意点をご紹介しましたが、参考になりましたか?

婚活中の歯列矯正は、美意識が高い、清潔感がある、経済力があるという印象を与えられるため、婚活と歯列矯正どちらを先にするべきかとお悩みの方は、一緒に始めてみても良いでしょう。

しかし、食事に気をつけなければならないことや、相手に歯列矯正中と理解してもらうということは覚えておく必要があります。

また、歯列矯正と婚活を同時にお考えの方には、マウスピース矯正がおすすめです。

目立たず取り外しが可能なマウスピース矯正をすることで、婚活もスムーズに進めることができます。

土日も診療を行っている「末広町矯正歯科」では、無料でカウンセリングを実施しております。

ワイヤー矯正にもマウスピース矯正にも対応しているため、患者さまのご希望と症状に合わせて適切な治療を提案させていただきます。

患者さまに合わせ、治療期間を短くしたい、通院頻度を減らしたい、などのご希望等にも対応可能ですので、歯列矯正をお考えの方はぜひ一度「末広町矯正歯科」にご相談ください。

  • HOME
  • お知らせ
  • 歯列矯正中に婚活をするメリットや注意点を紹介