千代田区秋葉原の矯正歯科・末広町矯正歯科のコラム

平日 11:00〜19:00(土日は18:00まで)
月・木・祝休

03-5834-3690 初診予約はこちら LINE無料相談はこちら

美容歯列矯正で歯並びを整えるメリットデメリットと保険診療について紹介

美容歯列矯正 矯正歯科

近年、見た目の美しさなど美容面でのメリットを求め、大人になってから歯列矯正を行う方が増えているのをご存知ですか?

以前までの歯列矯正は、銀色の矯正装置を何年も装着するイメージが強く、大人になってから治療を行うことに抵抗がある方も多くいました。しかし歯並びを治すことの重要性が徐々に一般的になってきたこともあり、多くの方が歯列矯正に興味を持っています。

歯列矯正の治療は、矯正歯科専門医院だけでなく一般歯科や審美歯科、美容歯科などさまざまな診療科で行っています。とくに最近では、審美歯科や美容歯科などで治療期間の短い美容歯列矯正を受ける方も増えてきており、ますます歯列矯正が身近になってきているようです。

しかし、現在日本の健康保険制度では一部のケースを除き、基本的に保険が適用されないため、その治療費に驚かれる方も少なくありません。

とくに美容歯列矯正は、美容面すなわち審美性を改善し歯並びを美しく見せることが第一目的となっているため、保険適用にはならないでしょう。

この記事では、美容歯列矯正で歯並びを整えるメリットデメリットと、美容歯列矯正の保険適用についてご紹介します。美容歯列矯正に興味のある方や、治療を受ける診療科にお悩みの方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

美容歯列矯正で歯並びを整えるメリットデメリット

美容歯列矯正

美しい歯並びは、笑顔を魅力的に見せるだけでなく自信を持って人と話せるなど、さまざまなメリットがあります。

冒頭でもご紹介したように、歯並びを整える歯列矯正は矯正歯科専門医院や一般歯科、審美歯科、美容歯科で受けられます。どの診療科でも治療が完了すれば綺麗な歯並びを手に入れられますが、より見た目の美しさを重視する方の中には、審美歯科や美容歯科での美容歯列矯正を検討している方もいることでしょう。

ここではまず、美容歯列矯正の具体的なメリットとデメリットについてご紹介します。

メリット

以下は、美容歯列矯正を受けるメリットをまとめたものです。

  • 治療期間が比較的短い
  • 患者さんが希望する歯の色や形にしやすい
  • 目立つ矯正器具を装着する必要がない

美容整形外科に併設されている美容歯科クリニックで治療を受けると、歯並びだけでなくほうれい線や口元のたるみ、顎など口元周辺のお悩みも同時に解消し、顔全体の美しさを手に入れられるでしょう。
また、審美歯科で治療を受ける場合は歯の形態や歯茎の見え方を調整することも可能です。歯並びで気になる部分を、もともとの歯の形も含めて改善したい方は、審美歯科での美容歯列矯正が向いているでしょう。

どちらの診療科でも上記のメリットを得られますが、自分の目指す歯の美しさによって選ぶと納得のいく治療を受けられます。

デメリット

患者さんの希望をできるだけ叶えてくれるのが魅力の美容歯列矯正。しかしその治療は、抜歯をしたり歯を削ったりした部分に人工の歯を用いて補綴するセラミック矯正、いわゆるクイック矯正と呼ばれる方法で行われることがほとんどです。

そのため、一般的な歯列矯正では何年もかかるところを短期間で完了できる反面、健康な歯を削ったり神経を抜いたりしなければいけないケースも多くあります。歯は一度削ってしまうと元に戻ることはありません。本当に健康な歯を削ってまで美容歯列矯正を受けるべきなのか、十分に検討することをおすすめします。

以下は、美容歯列矯正を受けるデメリットをまとめたものです。

  • ほとんどの場合、健康な歯や神経を抜く必要がある
  • 人工歯が壊れたり取れたりする可能性がある
  • 咬み合わせが考慮されていない場合も多い
  • 時間が経過すると人工歯と歯の間に段差ができる可能性もある
  • 人工歯は一生涯持たない
  • 天然歯ではないことがバレる可能性もある
  • 強い知覚過敏の症状が出る可能性がある

一般的な歯列矯正でも、抜歯が必要なケースはあります。しかしそれは顎の大きさに対して歯が大きいケースや、上顎と下顎のズレが大きいケースなど限定されていますし、できるだけ健康な歯を抜かずに治療ができるように配慮します。

一方、見た目の美しさを重視する美容歯列矯正の場合は、ほとんどのケースで抜歯を行うため、将来的に全身からみた健康を損なう可能性が高いです。人工歯も一生品質を保てるものではないので、定期的にメンテナンスを行い、必要に応じて補修や交換を行う必要があります。

一般的に、人工歯は10年間持てばいいといわれています。その都度交換費用がかかることも知っておかないと、後で費用の捻出が困難になってしまうこともあるでしょう。
残せるのなら自分の天然の歯を残すに越したことはないのです。

美容歯列矯正は保険診療になる?

美容歯列矯正

美容歯列矯正は、気になる部分の歯を抜いたり削ったりしてセラミックなどの人工歯を被せることで、歯並びを美しく整える治療です。

治療を受けるにあたり、仕上がりの美しさや治療の痛み、期間などさまざまなことが気になりますが、やはり治療費についても非常に不安に感じる方が多いものです。

たしかに、歯列矯正の費用は高額になるというイメージがあり、保険適用外であることをご存知かもしれませんが、そもそもなぜ歯列矯正は保険診療にならないのでしょうか。

ここでは、歯列矯正が保険適用外の理由と美容歯列矯正の費用相場、歯列矯正で保険適用になるケースについてご紹介します。

歯列矯正は基本的に保険適用外

矯正歯科専門医院などの歯列矯正は、歯並びを整えるだけでなく咬み合わせのズレや必要に応じて顎の歪みまで治療を行うため、一部のケースでは保険診療になる可能性もあります。

しかし、顎のゆがみを手術で治したり特定の先天疾患がある場合を除き、一般的な歯列矯正は保険適用外となるケースがほとんどです。

なぜなら、医療費の財源には限りがあるため、健康を損なうような疾患や緊急性の高い治療などに充てられるからです。そのため、見た目の改善が目的である歯列矯正の場合は、保険適用外という扱いになります。

美容歯列矯正の費用相場

まずは、一般的な歯列矯正の費用相場をご紹介します。

一般的な歯列矯正には、ワイヤー矯正やマウスピース矯正などの治療方法があり、それぞれワイヤー矯正がおよそ70万円から100万円、マウスピース矯正でおよそ40万円から90万円です。2つとも1年間から数年間かけて徐々に歯並びを整えていくため、治療期間が長くその分費用も高額になります。

一方、美容歯列矯正で使用する素材にもさまざまな種類があり、それぞれで費用相場が違ってきます。以下は、美容歯列矯正でよく使用される人工歯の1本あたりの費用相場です。

  • ジルコニアセラミック:8〜10万円前後
  • ハイブリッドセラミック:4〜12万円前後
  • オールセラミック:10〜12万円前後
  • メタルボンド:8〜15万円前後
  • ラミネートベニア:5〜15万円前後

美容歯列矯正では、1本あたりの費用で説明を受けることがほとんどです。

治療にあたっては、上記の人工歯の費用とは別に通院ごとにかかる自費再診料や仮歯代、症例によって加算される抜歯代や抜髄代、本歯のオーダーメイド代などが別でかかります。保険適用外の自由診療であるため、クリニックによって費用が異なる点にも注意しなければいけません。

美容歯列矯正を検討している際は、治療を受けたいクリニックの総額費用を事前に調べておくとよいでしょう。

歯列矯正で保険適用になるケース

上述したように、歯列矯正は基本的に自由診療となりますが、国が認めた疾患など一部のケースに保険が適用されます。また、そのようなケースでも国に申請をしている歯科医院でなければ自由診療になってしまうため、事前に確認することをおすすめします。

以下は、歯列矯正で保険適用になるケースです。

  • 生まれつきみられる先天性の異常で国が指定した59の疾患に当てはまるケース
  • 顎の大きさや形、位置などに著しい異常がみられる顎変形症と診断されたケース
  • 前歯の永久歯が3本以上萌出不全で咬み合わせ異常が起きているケース(埋伏歯開窓の手術が必要)

上記の条件を満たしていると歯科医師が判断した場合に限り、保険適用内での歯列矯正を受けられます。

保険適用内で治療を受けられるケースはあまり多くありませんが、可能性はゼロではありません。自分は当てはまるかもしれないという方は、ぜひ一度矯正歯科専門医院で相談してみてください。

まとめ

美容歯列矯正で歯並びを整えるメリットデメリットと、美容歯列矯正の保険適用についてご紹介しました。

美容歯列矯正は、短期間で美しい歯や歯並びを整えられる治療です。
しかしその分健康な歯を削ったり抜いたりしなければいけないので、メリットだけでなくデメリットについてもよく考慮する必要があります。

見た目の美しさを優先するのか機能面の回復を優先するのかなど、自分の希望が叶うところで治療を受けましょう。

「末広町矯正歯科」では、患者様にとって最良の治療を受けられるように、さまざまな治療法をご用意して診療を行っております。

矯正器具の見た目が気になる患者様のために、今話題のマウスピース矯正も取り扱っております。歯並びが気になる方や美しく整えたい方はぜひ一度「末広町矯正歯科」までご相談ください。