千代田区秋葉原の矯正歯科・末広町矯正歯科のコラム

平日 11:00〜19:00(土日は18:00まで)
月・木・祝休

03-5834-3690 初診予約はこちら LINE無料相談はこちら

埋伏歯をそのままにしておくリスクとは?矯正が可能か見極める条件と早期発見するための対策法

埋伏歯 そのまま 矯正 矯正歯科

埋伏歯という言葉を聞いたことはありますか?

埋伏歯とは、その歯が本来生えてくる時期を過ぎているにもかかわらず、歯茎や顎の骨の中に埋まったまま生えてこない歯のことです。

歯の一部分が歯茎から顔を出している場合もありますが、完全に埋まっていてまったく見えない場合もあるため、歯科医院でレントゲンを撮ってはじめて気づく方も多いようです。

埋伏歯は、普段の生活の中で痛みが生じないケースも多いですが、歯の埋もれている向きや状態によっては、痛みや腫れが強く出る可能性もあります。

また、痛みや腫れ以外にも、埋伏歯をそのままにしておくとさまざまなリスクが生じるため、早めに適切な処置を受けることが重要です。

この記事では、埋伏歯をそのままにしておくリスク、埋伏歯の矯正が可能か見極める条件と早期発見するための対策法についてご紹介します。

埋伏歯とは

埋伏歯 そのまま 矯正

埋伏歯は、歯茎もしくは骨の中に埋まっている歯のことです。

埋伏歯になる原因は、埋伏している歯の異常や、歯の萌出を阻む因子の存在、顎の骨の疾患などです。歯の萌出を阻む因子とは、具体的には乳歯の早期脱落や歯の生えるスペースが足りないこと、粘膜の肥厚や局所的な骨硬化などがそれにあたります。

埋伏歯の原因としてとくに多いのは、歯の生えるスペースが足りないことによるもので、親知らずがその代表です。

埋伏歯には大きく分けると2種類あり、完全に埋まっているものを「完全埋伏歯」、埋伏歯の一部が露出しているものを「不完全埋伏歯」といいます。さらに、埋伏歯はまっすぐな状態で生えてこないケースも多く、その中でもとくに、真横に生えているものが「水平埋伏歯」です。

埋伏歯が存在しても、問題が生じる可能性がなければそのまま様子をみるケースもありますが、ほとんどの場合は埋伏歯がきちんと生えてくるように誘導する治療や、埋伏歯を牽引して矯正する治療を行います。

親知らずが埋伏しているケースでは、ほとんどの場合抜歯の処置が行われるため、早めに歯科医院へ相談に行くことをおすすめします。

埋伏歯をそのままにしておくリスク

埋伏歯 そのまま 矯正

埋伏歯はそのまま放置してしまうと、本来歯が生えるべきところに生えてこないという問題だけでなく、周りの健康な永久歯にまで悪影響を及ぼしたり、顎の骨とくっついたりとさまざまな問題を引き起こすリスクがあります。

実際のところ、すべての埋伏歯がトラブルの原因になるとは限りません。しかし、口の中の健康を守り、年齢を重ねても自分の歯で食事をするためにも、埋伏歯をそのままにしておくリスクを知っておいた方がよいでしょう。

ここでは、埋伏歯をそのままにしておくリスクを、埋伏歯の種類ごとにご紹介します。

完全埋伏歯

完全埋伏歯は、埋伏歯の中でも自覚症状がほとんど現れないといわれており、痛みなどもありません。

完全埋伏歯の中でも真上を向いているものについては、あまりトラブルの原因になることはなく、斜めや横を向いていても、深い位置にある場合は周りの歯に悪影響が及ばない場合もあります。しかし、親知らず以外の歯の場合は、両隣の歯が傾くなどして歯並びに悪影響をもたらす可能性も高いです。

さらに、長期的にみると完全埋伏歯を放置することによって、稀に骨が溶けたり袋状の嚢胞ができたりする恐れもあるため、注意しなければいけません。

不完全埋伏歯

不完全埋伏歯とは、歯冠の一部が歯茎から出ていたり、隣の歯と接触したりしている状態の歯です。

不完全埋伏歯の場合は、周りの歯と比べて歯茎から出ている部分が少ないため、歯磨きがしにくくその周辺に汚れがたまりやすくなります。

そのため、虫歯や歯周病などのリスクが高まり、高い確率で口の中のトラブルを引き起こす原因になってしまうのです。歯茎にまで細菌が侵入することもあり、とくに親知らずの周りが炎症を起こした状態を「智歯周囲炎」と呼びます。

炎症が強くなると、飲み込む際に強い痛みを感じる「嚥下痛」が発生するなど、生活に支障が出てしまいます。

また、斜めに生えている不完全埋伏歯をそのまま放置すると他の歯を押してしまい、歯列全体にまで影響が及んでしまう可能性も高いので、早めに歯科医院へ相談するようにしましょう。

水平埋伏歯

水平埋伏歯とは、歯茎や骨の下に完全に横向きの状態で埋まっている歯のことです。

歯茎の奥深くに埋もれている状態であれば、トラブルの原因にならないことも多いですが、歯茎の浅い位置で水平に埋伏している場合は、隣り合っている歯に悪影響が及んでしまう恐れもあります。

その理由は、歯は自分が向いている方向へ生えようとする性質があるからです。

横向きになっている水平埋伏歯は、横に向かって移動しようとします。その結果、隣り合っている歯の根っこを圧迫し、圧迫された側の歯の根っこは溶けてなくなってしまうのです。

この現象は、「歯根吸収」と呼ばれるもので、歯の根っこが短くなってしまった歯は、必然的に寿命が短くなります。

また、歯の根っこだけでなく隣り合う歯全体を圧迫しているケースでは、隣り合っている歯は徐々に移動していき、さらに隣の歯を圧迫する連鎖が起こります。そのため、歯列全体にまで悪影響が及んでしまうことになるのです。

埋伏歯の矯正が可能か見極める条件と早期発見するための対策法

埋伏歯 そのまま 矯正

埋伏歯は、骨の中に埋まっている場合と歯茎に埋まっている場合とで処置の内容が異なりますが、犬歯の埋伏歯など咬み合わせに重要な役割を担う歯が埋伏している場合には、矯正装置で正しい位置に並べる治療を行うのが一般的です。

埋伏歯の矯正では、歯茎を切開して埋もれている歯を露出させ、矯正装置やゴムのチェーンを装着して適切な位置まで引っ張り出す「牽引」という治療を行います。

その方法で改善が難しい場合には抜歯になることもありますが、口の中の健康を守るためにもできるだけ歯を残したいものです。

では、埋伏歯の矯正はどのような場合に可能なのでしょうか。ここでは、埋伏歯の矯正が可能か見極める条件と早期発見するための対策法についてご紹介します。

埋伏歯の矯正が可能か見極める条件

埋伏歯は埋まっている場所や患者さんの年齢、歯の部位、形などが人によって異なるため、埋まり方も千差万別といえます。通常の歯の数よりも多い「過剰歯」や親知らずの場合には抜歯するケースも多いですが、できれば正しい位置に誘導してきちんと配列したいものです。

埋伏歯を矯正する牽引は、矯正歯科専門医院で受けるのがおすすめです。矯正歯科専門医院では、埋伏歯の矯正が可能か見極める条件として、以下のことに着目します。

  • 埋伏している歯の傾斜や深さ
  • 埋伏歯周辺の状態(過剰歯や嚢胞、歯牙腫などの有無)
  • 歯根の完成度

矯正歯科専門医院では、まずはレントゲンを撮って埋伏歯の位置をできるだけ正確に確かめたあと、埋伏歯の矯正が可能かどうか検討します。

埋伏している位置があまりにも深い場合や、歯列よりも遠い位置にある場合は牽引が不可能なこともあるため、そのような場合は口腔外科などと連携して処置方針を決定することになるでしょう。

埋伏歯を早期発見するための対策法

埋伏歯の治療法は、上記でご紹介したように歯茎を切開する開窓をして歯冠を露出させ、矯正装置で引っ張り出す牽引が一般的です。埋伏歯は、早期に発見すればするほど、隣り合った歯や歯列全体に影響を及ぼすことなく歯列内への誘導がスムーズにいきます。

しかし、できればそのような治療を行う前に対応できるのが、患者さんにとっては一番よいことでしょう。

そこで重要なのが、埋伏歯になってしまう可能性のある歯を早期に発見することです。

乳歯の段階では歯並びが気にならなかった子どもでも、今後埋伏歯になる可能性のある歯があるかどうかを見極めるために、7歳までに矯正の専門医による診察を受けることをおすすめします。

なぜ7歳かというと、7歳前後は上下の前歯が生え変わる時期だからです。

一般的に上下の前歯が生えかわったあとに側方の歯が生え変わっていきますが、この段階できちんと検査をしておくことで、埋伏歯の可能性や将来的に起こりうる問題などを予測できるため、リスクに対する対策を早めに行えるのです。

定期的に永久歯の生え変わりを確認することが、埋伏歯の早期発見につながります。歯の生え変わり時期には、矯正歯科専門医院で定期検診を受けるようにしましょう。

大人の場合でも、上述したように埋伏歯を放置することでさまざまなリスクが高まりますので、ぜひ定期検診を受けてみてください。

まとめ

埋伏歯をそのままにしておくリスク、埋伏歯の矯正が可能か見極める条件と早期発見するための対策法についてご紹介しました。

埋伏歯は、痛みや腫れがないとそのままにしてしまいがちですが、実は埋伏歯が原因で口の中にトラブルが起こっている可能性もあります。

埋伏歯は矯正治療によって正しい位置に戻すことが可能な場合もありますが、埋伏している歯の状態によっては難しい場合もありますので、埋伏歯が疑われる方や以前指摘されたことのある方は、早めに歯科医院へ相談に行くようにしましょう。

「末広町矯正歯科」では、埋伏歯の矯正治療をはじめ、幅広い治療法をご用意して患者様をお待ちしております。

治療を向上させる機器も導入している上に、日本矯正歯科学会の認定医が多数在籍しておりますので、仕上がりは美しく、できるだけ時間や期間を短縮した治療がご提供できます。

埋伏歯の矯正治療をお考えの方は、ぜひ一度「末広町矯正歯科」までお気軽にご相談ください。