埋伏歯 親知らず 違い

埋伏歯と親知らずの違いとは?それぞれの治療法についても紹介

「埋伏歯」という言葉は、普段の生活の中ではあまり聞き慣れない言葉です。

埋伏歯とは、歯茎からうまく生えてこられない歯のことで、その多くが親知らずです。現代人は顎が小さくなっているため、乳歯から永久歯へと生え変わる過程で歯同士が密な状態になり、新しい歯が生えるスペースがないことによって歯の埋伏が起こります。

親知らずが斜めに生えているために、抜歯をしたことのある方もいるのではないでしょうか。

埋伏歯は、そのまま放置しても問題ない場合もありますが、他の歯にまで悪影響を及ぼす可能性が考えられる場合もあるので、後者の場合には適切な治療を受ける必要があります。

この記事では、埋伏歯と親知らずは同じものではないかと疑問に思っている方のために、埋伏歯と親知らずの違いと、それぞれの治療法の違いについてご紹介します。

埋伏歯と親知らずの違いとは?

埋伏歯 親知らず 違い

「埋伏歯と親知らずってどこが違うの?」

埋伏歯のことを知った方の中には、このような疑問をもつ方もいるでしょう。たしかに、冒頭でもご紹介した通り、埋伏歯の多くは親知らずです。親知らずは埋伏歯になる可能性が高く、歯茎に埋もれたままになってしまうケースも多いことから、抜歯という処置をとることも少なくありません。

では実際のところ、埋伏歯と親知らずは同じものなのでしょうか。ここでは、埋伏歯と親知らずのそれぞれの特徴をご紹介し、その違いを明らかにしていきます。

埋伏歯とは

埋伏歯は、乳歯から永久歯へと生え変わるはずの歯が、歯茎や顎の骨の中に埋もれて自力で萌出できない状態です。基本的に痛みが生じることは少なく、歯茎の浅い部分に埋伏歯がある場合には、舌や指で歯茎に触れると硬く感じます。

以下は、埋伏歯の原因の例です。

  • 歯が生えるスペースが足りない
  • 歯が上にまっすぐ生えていない
  • 歯と骨が癒着している
  • 乳歯がいつまでも抜けない

埋伏歯は、顎が小さかったり永久歯が大きかったりして歯が生えるスペースが足りない、歯が斜めや横に生えているなど、歯が生える方向に問題がある場合などに起こると考えられます。

とくに埋伏歯になりやすいのは、糸切り歯(犬歯)と、親知らず(智歯)です。

糸切り歯と親知らずは、永久歯の中でも最後の方に生えてくる部分の歯であるため、正しい位置に生えてこられず、埋伏歯になりやすくなります。

歯の本数が足りないことに気づくなど、自分で埋伏歯を認識することもありますが、歯科検診や治療の際にレントゲンを撮影して偶然わかることも多いです。

親知らずとは

親知らずとは、永久歯の奥歯(大臼歯)の中でもっとも奥に位置する歯で、「智歯」とも呼ばれています。第三大臼歯が親知らずの正式名称ですが、聞き慣れない方がほとんどではないでしょうか。

親知らずは、前歯から数えて8番目に位置し、永久歯の中で最後に萌出します。通常、永久歯は6〜7歳から15歳前後までにほとんどが生え揃います。しかし親知らずは、すべての永久歯が生え揃った後の10代後半から20代前半頃に生えることも多く、親が知らぬ間に生えてくることから、親知らずと呼ばれるようになったようです。

そのため、親知らずが生えてくるスペースが足りず埋伏してしまったり、生える方向が傾いてしまったりという現象が多くみられます。

一般的に親知らずは、上顎に2本と下顎に2本の計4本ありますが、もともと親知らずが存在しない方や、本数が少ない方もいるなど個人差が大きいことも特徴です。

口の中のもっとも奥に位置することから、歯ブラシが届きにくく、虫歯や歯茎の細菌感染の原因にもなりやすい歯でもあります。

きれいに生えており咬み合わせなどにも問題がない場合は、抜歯をする必要はありません。しかし斜めに生えていたり、歯茎から半分出ていて細菌感染のリスクが高かったりする場合などは、抜歯の処置を行うことになるでしょう。

ただし、完全に埋伏している場合には、抜歯を行わなくて済む可能性も高くなります。

親知らずは埋伏歯になる可能性が高い

上記のことから、親知らずにはさまざまな生え方があり、その中には埋伏歯になってしまうものも多いということがおわかりいただけたでしょうか。

埋伏歯とは、歯茎の中に埋もれている歯のことで、どれか一種類の歯を指すものではありません。また、親知らずとは第3大臼歯という歯のことで、永久歯の中でもっとも遅く萌出することから、埋伏歯になりやすいのです。

埋伏歯を放置してしまうと、他の健康な永久歯にまで悪影響を及ぼしたり、咬み合わせが悪くなったりと、トラブルが生じる可能性も高まります。そのため、埋伏歯の可能性がある場合や親知らずが生えてきた場合には、一度歯科医院に相談してみるとよいでしょう。

埋伏歯と親知らずの治療法の違い

埋伏歯 親知らず 違い

親知らずは、抜歯をするものだというイメージをお持ちの方も多く、実際に親知らずを抜いたという話もよく聞きます。中には、4本すべての親知らずを抜いたという方もおり、「もう抜歯はこりごりだ」と思われている方もいるかもしれません。

では、他の歯が埋伏歯の場合、親知らずのように抜いてしまわなければいけないのでしょうか。ここでは、埋伏歯と親知らずの治療法の違いについてご紹介します。

埋伏歯の治療法

埋伏歯は、骨の中に完全に埋まっている場合と、歯茎に埋まっている場合では治療法が異なります。また、痛みなどの症状の有無や周りの歯への影響なども含めて、まずは治療の可能性があるかどうかの判断が必要です。

レントゲン撮影を行い、埋伏歯の存在が確認された場合、以下の治療法から最適なものを選択することになります。

  • 経過観察
  • 残っている乳歯の抜歯
  • 開窓術
  • 牽引
  • 抜歯

乳歯の抜歯や開窓術を行っても、永久歯が自然に萌出しない場合には、その歯を正しい位置に並べるために「牽引」という矯正治療を行うのが一般的です。

とくに糸切り歯など、咬み合わせに重要な役割を果たす歯が埋伏している場合は牽引を行い、本来あるべき位置に埋伏している歯を引っ張り出します。

牽引を行うためには、埋伏した歯の歯冠が歯茎から出ていなければいけません。そのため、歯茎のすぐ下に埋もれている場合には、開窓術を行って歯茎を切開し歯冠を露出させてから、牽引を行います。

埋伏歯で抜歯を行うのは、埋伏過剰歯という正常よりも歯の数が多い場合と、水平埋伏歯と呼ばれる親知らずが横に向かって生えている場合です。

どちらも他の歯や歯茎、口の中全体に悪影響を及ぼす恐れがあるため、多くの場合抜歯という処置を行うことになるでしょう。

親知らずの治療法

親知らずは、咬み合わせに問題がなく虫歯の治療も通常と同じように行える場合や、歯茎の奥深くに埋まっていて問題がみられない場合には、治療せずそのまま経過を観察します。

しかし、歯茎の中に完全に埋まっている場合でも、稀に親知らずが原因で骨が溶けたり腫瘍になったりすることもあるため、歯科医師の判断により抜いてしまう可能性もあります。

また、歯茎が頻繁に腫れたり今後トラブルが起きたりする可能性もある場合、矯正治療を考えている場合にも、抜歯の処置を行うことが多いです。

一般的に、親知らずは歯ブラシが届きにくく虫歯になりやすいといわれています。そのため、今のところ問題がなくても定期的にレントゲン撮影を行い、問題が起こる前に早めに対処するようにしましょう。

埋伏歯の可能性がある場合は矯正歯科専門医院へ

埋伏歯 親知らず 違い

親知らず以外の埋伏歯は、抜歯をせずに牽引という矯正治療を行うことで、歯を正しい位置まで引っ張り出し、正常な状態にできる可能性があります。

乳歯が抜けてから長期間経っても永久歯が生えてこない、歯茎に隙間があって触ると硬いものに触れるなどの場合には、埋伏歯の可能性があるので、一度矯正歯科専門医院へ相談に行ってみることをおすすめします。

矯正歯科専門医院とは、歯科矯正治療を専門的に扱う歯科医院です。矯正の専門医が在籍しているところも多く、矯正治療の実績が豊富である可能性も高くなります。

矯正歯科専門医院では、牽引によって埋伏歯を正しい位置に戻すだけではありません。歯列全体のバランスを考慮した治療が受けられる上に、矯正治療に必要な設備も整っているため、スムーズに治療を進められるでしょう。

まとめ

埋伏歯と親知らずの違いと、それぞれの治療法の違いについてご紹介しました。

永久歯は、乳歯と比べて萌出の際に異常が起こるケースも多くあり、埋伏歯もその一つです。とくに親知らずは埋伏歯になる可能性が高く、抜歯を余儀なくされることもしばしばあります。

また、埋伏歯はまっすぐに生えず斜めや水平に生えてしまうことも多く、そのような場合は周りの歯や歯茎にまで悪影響が及ぶ可能性もあります。

親知らず以外の埋伏歯は、抜歯ではなく牽引という矯正治療により本来生えるべき位置に戻すことができる可能性もあるため、埋伏歯が疑われるときは早めに矯正歯科専門医院へ相談に行きましょう。

「末広町矯正歯科」は、日本矯正歯科学会の認定医が多数在籍する矯正歯科専門医院です。

治療を向上させる機器を導入し、患者様一人ひとりに最良の治療をご提供できるよう努めております。無料カウンセリングや歯並びシミュレーションも行っておりますので、埋伏歯の可能性がある方は、ぜひお気軽に「末広町矯正歯科」までご相談ください。

  • HOME
  • お知らせ
  • 埋伏歯と親知らずの違いとは?それぞれの治療法についても紹介