マウスピース矯正

マウスピース矯正の種類と矯正歯科の選び方を紹介

従来のワイヤー矯正に比べて、目立たない、自分で取り外し可能ということで1999年にアメリカで誕生したマウスピース矯正(インビザライン)が、近年注目されています。

しかし、マウスピース矯正にはさまざまな種類が存在し、インビザライン以外にもいくつもの器具があるため、どのように選んだらよいか迷ってしまいます。

さらに、矯正歯科も現代では多数存在するため、歯を動かすという大事な治療を任せる矯正歯科の選び方も重要となってきます。

この記事では、マウスピース矯正の種類と矯正歯科の選び方をご紹介します。

マウスピース矯正に興味があり、検討しているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

マウスピース矯正の種類

マウスピース矯正

マウスピース矯正には、アライナーというマウスピース型矯正器具を用いることになりますが、さまざまな種類が存在するため、選択に迷ってしまうという方も多いのが現状です。

まずは、マウスピース矯正の種類をご紹介します。それぞれのメリットやデメリットを把握し、ご自身に合ったマウスピース矯正選びの参考にしてみてください。

インビザライン

インビザラインは、1999年にアメリカのアライン・テクノロジー社が提供しはじめたマウスピース矯正で、世界で最も普及している装置です。

治療の前に歯型をとり、歯の移動をコンピューターによって3Dシミュレーションをすることで治療計画を立てます。

さまざまなタイプの不正歯列に対応していますが、マウスピースの製作はアメリカで行われるため、治療開始までに約1ヵ月かかります。

最初に全てのマウスピースを製作する方法なので、途中で歯の形が変わるような虫歯治療が行われたり、規定時間の20時間以上装着しなかったりした場合はマウスピースが合わなくなり、製作しなおさなければいけないケースもあります。

アソアライナー

アソアライナーは、韓国で製作されていたクリアアライナーをもとに、日本で開発されたマウスピース矯正器具です。

アソアライナーは1ヵ月おきに新しいマウスピースを製作します。歯型をとってから約10日間で出来上がるため、早期に治療を開始することが可能です。

ただし、複雑な歯の動きには対応できないため、症例によっては治療方法として選べないケースもあります。

インビザラインのように特殊な分析ソフトや3Dシミュレーションを必要としないため、歯の移動量が少なくてすむのであれば、アソアライナーを使用することで費用を抑えることにも繋がります。

イークライナー

イークライナーは、韓国のクリアライナーを改良して製作されたもので、インビザラインとアソアライナーの中間に位置するようなマウスピースです。

インビザラインと同様に、最初に歯型をとりコンピューターシミュレーションによって、治療終了までのマウスピースを作製します。

ただし、軽度~中程度の不正歯列向きのマウスピースなので、症例によっては適応できないケースもあります。

厚みの違う3種類のマウスピースを1週間ごとに使用することで、段階的に歯に力を加えていくため、強い痛みを伴う可能性が低いのが特徴です。

アクアシステム

アクアシステムは、アメリカ、ハーバード大学歯学部の日本人教授によって2002年に開発されたマウスピースです。

歯型とりは4~6週間ごとに行います。症例によっては通院間隔を長くとることもできるのが特徴で、他のマウスピースに比べると通院回数を減らすこともできます。

重度の歯列不正には不向きですが、症状が軽い方や矯正の後戻り防止などによく使用される装置となります。

他の矯正方法に比べると、マウスピースの数が少ないため費用面でもリーズナブルな価格で矯正治療が行えるのも特徴です。

矯正歯科の選び方

マウスピース矯正

全国で矯正治療を行っている歯科医院は2万件以上あるといわれています。

そのため、数多くの歯科医院の中から失敗のないよう選ぶためには、いくつかのポイントをおさえる必要があります。

ここからは、矯正歯科の選び方をご紹介します。

料金が明確で適正価格である

決して安くはない矯正治療において、治療開始前にどれだけ丁寧に料金の説明をしてくれるかは重要です。

当初説明された料金よりも高額になることが判明しても、途中で治療をキャンセルするのは簡単ではありません。

矯正料金のほかにも、調整料金、保定装置代、通院費など、明確な金額を提示してくれる矯正歯科を選ぶようにしましょう。

また、治療費が安いことはよいことのように捉えがちですが、よりよい治療を提供するためにはそれなりのコストがかかります。

相場価格よりも10万円単位で値引きされている治療費には注意が必要です。

治療のメリットもデメリットも説明してくれる

矯正治療には、マウスピース治療だけでもご紹介したようにいくつもの治療方法が存在します。

さらに、抜歯の必要、治療期間について、幅があること、起こりうるリスクなど、矯正歯科を選ぶ際には、治療のメリットだけではなく、どのようなデメリットがあるのかをしっかり説明してくれる医院を選ぶようにしましょう。

メリットだけしかない治療法は存在しないため、デメリットも説明を受けたうえで治療を受けるかどうかを考慮する必要があります。

いくつかの治療方法を提案してくれる

矯正治療には、マウスピース矯正だけでもいくつもの治療方法がありますが、他にもワイヤー矯正には表側矯正、裏側矯正が存在し、さらにはマウスピース矯正とワイヤー矯正を併用する方法もあります。

症例によって選択できる治療法は変わってきますが、いくつかの治療方法を提案してくれて、そのなかから選択できるように促してくれるような矯正歯科がおすすめです。

治療方法の提案には、レントゲン検査などの検査を実施する必要がありますが、臨床経験を積んでいる医師の場合は、口内を診ただけである程度治療計画を立案することができます。

患者さまの歯の状況に合わせて、部分的な矯正や全体的な矯正、抜歯の有無などを的確に提案してくれる医師を選ぶことをおすすめします。

通いやすい立地

矯正治療は長期間、定期的に矯正歯科に通う必要のある治療です。治療期間になんらかのトラブルが起こり、すぐに受診したいときも相談しやすく、アクセスのよい場所にある矯正歯科を選ぶようにしましょう。

立地の悪さから通う頻度が少なくなってしまうと、全体的な矯正期間が長くなってしまう可能性もあります。

そのため、ご自身が通いやすい場所にある矯正歯科であることは、選ぶ際に重要視する必要があります。

また、立地条件とともに大事にしたいのは、歯科医師に相談しやすいかという点です。

円滑にコミュニケーションをとることは、よい治療結果を得ることにも繋がります。細かい部分まで治療を行き届かせるために、相談しやすい歯科医師のいる矯正歯科を選ぶようにしましょう。

まとめ

マウスピース矯正の種類と矯正歯科の選び方をご紹介しましたが、参考になりましたか?

マウスピース矯正にはいくつか種類があり、それぞれメリットやデメリットがあるため、それらを理解して自分に合った種類のマウスピース矯正を選ぶようにしましょう。

また、矯正歯科を選ぶ際にもいくつかのポイントがあるため、矯正治療を失敗しないためにも、矯正歯科選びは慎重に行うようにしましょう。

銀座線末広町駅から歩いて数分の場所にある「末広町矯正歯科」では、患者さま一人ひとりとのコミュニケーションを大切にした治療を行っています。

トラブルが発生した際にはLINEでのサポートも行っているため、次の健診日まで不安なまま過ごすようなことはありません。

また、治療の事前説明を重視しており、患者さまが納得されてから治療を行うため、不明点や不安な点があれば、事前にお申し付けください。

マウスピース矯正を検討している方は「末広町矯正歯科」まで、お気軽にご相談ください。

  • HOME
  • お知らせ
  • マウスピース矯正の種類と矯正歯科の選び方を紹介