マウスピース矯正 ローン

マウスピース矯正にかかる費用とは?ローンと分割払いの種類も紹介

マウスピース矯正は、矯正治療の中でも主流になってきている方法です。従来のワイヤー矯正と比べて圧倒的に目立たずに歯並びを治せるので、矯正装置の見た目が気になる方に向いています。

マウスピース矯正を行うかどうかお悩みの方が、決断できない理由として挙げられるものの中でもっとも大きいのは治療にかかる費用です。

以前は高額な矯正治療とされていたマウスピース矯正も、現在ではワイヤー矯正とあまり変わらない費用で治療を受けられるようになってきました。

とはいえ、矯正治療の費用が高額になることに変わりはないため、「矯正したくても高くて払えない」という方も多いのが現状です。

そこでこの記事では、マウスピース矯正にかかる費用と、負担を軽くするローンと分割払いの種類についてご紹介します。

マウスピース矯正の費用を払いきれるか心配な方は、ぜひ最後まで読んでみてください。

マウスピース矯正にかかる費用とは

マウスピース矯正 ローン
マウスピース矯正は、歯を移動させるための適切な力がかかるようにオーダーメイドで作成されたマウスピースを装着し、徐々に歯並びを治していく矯正方法です。

動かしたい歯に合わせて、何度もマウスピースを交換しながら理想の歯並びになるまで矯正を続けます。

一般的にマウスピース矯正は治療期間が長く、費用も高額になります。保険が適応されない自由診療になってしまうからこそ、費用がどのくらいかかるのか気になるものです。

ここでは、マウスピース矯正が比較的高額な理由と治療費に含まれる費用についてご紹介します。

マウスピース矯正が比較的高額な理由

マウスピース矯正は、基本的に審美的な理由で治療を受ける方が多いです。傷病名がついている場合を除き自由診療となり、全額自己負担となってしまうため費用が高額になります。

以下は、マウスピース矯正で保険適用となるケースの例です。

  • 唇顎口蓋裂
  • ダウン症候群
  • 筋ジストロフィー
  • その他「厚生労働大臣が定める疾患」に起因した咬合異常

歯科矯正治療が高額になりがちな理由は、そもそも歯を動かすという行為自体が審美的な目的が強いことや、診療の自由度の高さ、高い技術と高価な機器を使用するからです。

マウスピース矯正治療費に含まれる費用

マウスピース矯正にかかる費用は、ピンからキリまでありますし、自由診療ですので治療を受ける歯科医院によっても異なります。部分矯正の安いもので10万円台後半から全顎矯正で100万円を超えるものまでさまざまです。

しかも、これは矯正装置のみの費用で、治療前から治療終了までにはさらに費用がかかります。以下は、マウスピース矯正治療費に含まれるすべての費用相場です。

  • 治療前の診断料:虫歯チェック、唾液検査、レントゲン撮影、歯科用CT、口腔内と歯並びの撮影、顔の骨格撮影
  • 実際の矯正にかかる費用:マウスピース矯正の場合は全顎矯正で約80万円から100万円が一般的で、このほかに1回の通院で調整料や処置台として5千円から1万円かかる
  • 矯正治療中の治療費:抜歯、矯正器具の補助装置を追加、歯のクリーニング、矯正中にできた虫歯や歯周病治療
  • メンテナンス費用:1回の通院で5千円から1万円と、クリニックによっては保定装置の代金が約5千円から6千円かかる

高額な矯正治療の多くを占めるのは、矯正装置料です。ただし、マウスピース矯正は事前のシミュレーションで治療期間が明確になっており、事前に仕上がりを確認できるため、最初に提示された金額に追加で費用が発生することはあまりありません。

かかる費用や支払うタイミングについては、クリニックによって違いがありますので、事前のカウンセリングでしっかりと確認しておく必要があります。

マウスピース矯正の負担を軽くするローンと分割払いの種類

マウスピース矯正 ローン
マウスピース矯正は、数十万円から100万円を超える治療費がかかります。100万円とまではいかない場合でも、数十万円の治療費を一括で支払える方は少ないのではないでしょうか。

矯正治療の支払い方法には、治療に必要な費用をすべて最初に支払う総額制と、都度支払いの処置別支払い制、そしてローンなどを利用する分割払い制があります。

心置きなく治療に専念するためにも、事前にまとまったお金を用意できる場合は総額制にした方がよいでしょう。

一括でお金を用意するのは難しいという方のために、分割払いという支払い方法が用意されているクリニックもありますので、カウンセリングの際にどのような選択肢があるのか聞いてみることをおすすめします。

ここでは、マウスピース矯正の負担を軽くするローンと分割払いの種類についてご紹介します。

デンタルローン

デンタルローンとは、歯科医院がローン会社と提携しており、歯科医院を通してローンを組むものです。利用目的が歯科治療費に限定されており、金利が安いのが特徴です。

デンタルローンを提供しているローン会社は、マウスピース矯正にかかる治療費を患者さんの代わりに立て替え、患者さんは治療費に手数料がプラスされた金額を分割して支払う契約を結びます。

一般的に、返済回数は6回から84回までとなっており、患者さんの都合に合わせて選択できるようになっています。

以下は、デンタルローンを利用するメリットとデメリットです。

メリット

  • 矯正治療などの高額な治療を諦めなくてよい
  • 返済回数を多く設定できるので月々の支払いに余裕ができる
  • 低金利に設定されている場合が多い
  • 歯科医院を通して申し込めるので手続きが楽
  • 借入額を自分で決められる
  • 医療費控除を申請することで費用の負担を抑えられる

デメリット

  • 通常のローンと同様に審査を通らなければ借り入れできない
  • 返済回数を多くするほど手数料も増える場合がある
  • 主婦や年金受給者は連帯保証人を立てなければいけない場合がある

デンタルローンの金利は平均して約8.5%程度です。ローン会社によって金利手数料が異なりますので、申請を行う前にしっかりと確認し検討したうえで申し込みましょう。

また、かかろうとしている歯科医院が、デンタルローンを導入していない場合もありますので、その点も事前に確認する必要があります。

クレジットカード

自分が持っているクレジットカードを利用して、分割払いにする方法です。すでに持っているカードを利用する場合は審査が必要ありませんし、利用限度額内であれば、その場で決済できます。

ただし、歯科医院によってはクレジットカードの利用ができないところや、手持ちのカード会社に対応していない場合もあるため、事前に確認しておくとよいでしょう。

クレジットカードが利用できる場合、手数料は一般的に歯科医院で持ってくれるケースが多いです。金利はやや高めで、平均して約14%から18%です。

支払い回数を選択できたり、ボーナス払いやリボ払いも選択できたりするうえに、クレジットカードのポイントも通常通りたまります。

多目的ローン

多目的ローンとは、デンタルローン以外で銀行や信用金庫などの金融機関で利用できるローンのことです。使い道は借りる方次第で、どのような使い方もできるのが特徴です。

歯科医院から提出された見積もりや資料などを、利用したい銀行や信用金庫などに提出し、自分で手続きを行ってローンを契約します。

金利は平均して約5%から14%ですが、金融機関によってかなり差があります。しかし、審査が通らない場合もあることを知っておきましょう。

院内分割払い

院内分割払いは、ローン会社や金融機関を介さず歯科医院と直接分割払いの契約をする支払い方法です。歯科医院によって支払いの回数や期限、手数料は異なるものの、毎月2万円から3万円など設定してもらえます。

院内分割払いの場合、ある程度の回数までは無利子で対応してくれるところもあるので、余分な費用を払わなくて済みます。

まとめ

マウスピース矯正にかかる費用と、負担を軽くするローンと分割払いの種類についてご紹介しました。

マウスピース矯正をはじめとする歯列矯正治療は、健康保険が適用されないため、治療費の相場は100万円前後と非常に高額になります。誰もが一括で気軽に払える金額ではないからこそ、計画的に支払えるローンや分割払いが用意されているのです。

矯正治療の治療期間は、平均すると2年程度だといわれています。ローンや分割払いにする場合は、治療と支払いを同時に完了するのが望ましいです。それが難しい場合でも、保定期間が終わる4年から5年以内で支払いを終えられるように、事前にしっかりと計算しておくことが大切です。

費用が不安だからと、格安の歯科医院を選ぶよりも、ローンや分割払いなど負担の少ない支払い方法でしっかりとした治療が受けられるところを選ぶようにしましょう。

東京都外神田にある「末広町矯正歯科」では、デンタルローンや各種クレジットカードなど豊富な支払い方法をご用意して、患者様が安心して治療を受けられるように努めています。

初回のカウンセリングは無料で行っておりますので、マウスピース矯正を検討している方や、費用に不安を感じている方は、ぜひ一度「末広町矯正歯科」までご相談ください。

  • HOME
  • お知らせ
  • マウスピース矯正にかかる費用とは?ローンと分割払いの種類も紹介